【FIRE本】早期リタイアしたい人におすすめの本

ここ最近、FIRE(早期リタイア)についての本を読み漁っていたので、一旦ここで、おすすめのFIRE本をまとめます。

FIREを目指している人にとっては、必ず得るものがあるはずです。

FIREおすすめ本

  • FIRE 最強の早期リタイア術
  • FIRE 最速で経済的自立を実現する方法
  • 33歳で手取り22万の僕が1億円貯められた理由
  • なるべく働きたくない人のためのお金の話

FIRE 最強の早期リタイア術

この本は、2020年3月に発売された本なので、FIRE本の中では新しいです。

なので、今の時代をどう生きるべきかについて知りたい人は、「FIRE 最強の早期リタイア術」を読んでみるといいでしょう。

インデックス投資を軸にしながらも、高配当投資がメインの内容です。

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法

こちらは、FIRE本の中では最も古いとされている本です。この著者がFIREのパイオニア的存在であり、ここからFIREが流行りだしました。

古いとはいっても、2017年の本なので、2020年現在でも有効な方法がたくさん載っています。

「FIRE 最強の早期リタイア術」に比べると、副業や不動産投資の内容が少し多くなっています。

33歳で手取り22万の僕が1億円貯められた理由

タイトルに惹かれて読んでみたのですが、FIREを目指す人にとっては非常に参考になります。

内容は主に、投資信託と不動産投資がメインですが、本当に手取りが22万円で資産を積み上げているようです。

収入が上がらなくて困っている人にとっては、救いの1冊になるはずです。

なるべく働きたくない人のためのお金の話

著者はリタイアをしているわけではないのですが、週休5日というセミリタイアのような生活をしています。

投資信託や不動産投資、ビジネスの話は出てきません。
以下に節約して、少ない収入で生活するかという内容が書かれています。

FIREを達成するためには節約もかかせませんから、支出を減らす参考になると思います。

インデックス投資おすすめ本

FIRE本の中にも出てきますが、FIREを達成するためには、株式投資はかかせません。FIREを達成した人たちが必ず行っているのが、「インデックス投資」です。

なぜ、デイトレードやアクティブ投資ではなくインデックス投資なのか。
その理由については、以下のインデックス投資おすすめ本を読めば理解できるはずです。

  • 父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え
  • ウォール街のランダムウォーカー
  • 投資の大原則
  • インデックス投資は勝者のゲーム
  • 敗者のゲーム

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

理論的ではありつつも、教科書的な難しさはなく、30の項目にまとまっているので非常に読みやすいです。

これから株式投資を始めようと思っている人には最適な本です。

著者の年齢が高く、アメリカでの投資にフォーカスされているので、今の時代、投資する地域に読み替える必要があります。

ウォール街のランダムウォーカー

株式投資を始めるなら、必読の1冊です。

あらゆる投資方法、インデックス投資の優位性、年齢ごとの資産の選び方など、株式投資の基礎が詰まっています。

分量が多く、データを読むのになれていない人にとっては少し難しく感じるかもしれませんが、興味があるところだけを読んでも、非常にためになります。

投資の大原則

「ウォール街のランダムウォーカー」と内容は似ているのですが、もっとシンプルに書かれています。

株式投資の大枠だけを理解したいなら、まずこの本を読んでみましょう。

インデックス投資は勝者のゲーム

タイトルの通り、インデックス投資の優位性について書かれています。

敗者のゲーム

インデックス投資は勝者のゲームじゃなかったの?とツッコミたくなりますが、この本もインデックス投資についての本です。

投資に関する知識を持たない凡人(敗者)が勝てるゲームはインデックス投資に限るという意味です。

まとめ

これらの本を読むと、FIREの形は人それぞれだということがわかります。

FIREを達成するために一番大切なのは、どんなリタイアがしたいかという目標を立てることです。

誰もが1億円の資産を積み上げて、400万円ずつ切り崩す生活を求めているわけではありません。

現状を把握して、現実的な方法を見つけ出しましょう。

FIREを達成している人たちでも、株式投資、不動産投資、ビジネスと資産を増やす方法は様々です。

一切資産運用をせずに節約生活をするだけでも、セミリタイアは達成できます。

まずは1冊、手にとってみて、FIREの目標を立ててみてはいかがでしょうか。