Webサービスは最低5年スパンで考える

Share on:

今、音楽メディアを作っています。

アフィリエイトブログではないので、キーワード選定はほとんどしないですし、文字数制限もありません。とにかく有益な情報を大量にアップすることが目的です。

いずれは、多くの人に読まれる人気メディアになり、アーティストにインタビューをしたり、スポンサーを依頼されるようになりたいと思っています。

Webメディアは時間がかかる

Webメディアはスマホアプリと違って、革新的なサービスにすることは基本不可能です。すごい技術を使って、リリースしてすぐに話題になり、バカ売れするというのは、一部のアプリだけです。

Webメディアは情報が商品になるので、長期間に蓄積が重要になります。つまり、最低でも5年間は必死に運用して、ようやく認知されるメディアになれると思っています。

巷では、1ヶ月で20万を売り上げるブログの作り方みたいな情報もありますが、ブログ全盛期を除いて、そんなうまくいく商売はないと思います。あったとしても、長続きしないはずです。

時間をかけて大きくしていくことで、信頼がたまりますし、SEOだけに頼らず、口コミやシェアによって広がっていくことも期待できるので、安定して多くの人に読んでもらえるメディアになるはずです。

とりあえず公開はできました

今日、なんとか公開はできました。ただ、ドメインはまだ反映していないですし、情報も3件くらいしか入れていないので、共有できる状態ではありません。デザインもHTMLを書いただけです。

これから、有益な情報をアップして、デザインをおしゃれにして、ドメインを反映させて、みなさんに共有できるようになるかと思います。

モダンな技術を使っています

このWebメディアの最大の特徴は、モダンな技術を使っていることです。技術より、コンテンツが大事なのですが、APIなどを多用しているため、検索機能の質が高く、情報量がすでに確保できています。

Wordpressで作られているサイトに比べるとセキュリティも担保できていますし、ページ速度も早いです。

プログラマーの方が見たら、働きたくなるんじゃないでしょうか。笑

じっくり大きくしていきます

毎日音楽ニュースやためになる情報をアップしたり、使いやすいレイアウトに変えていきながら、じっくりと伸ばしていきます。

10月中には、URLの共有ができると思いますので、がんばります!