【エンジニア転職】40代未経験でプログラマーになる方法

Share on:

<div class="name">
</div>
もう40代だけど、今からエンジニアになりたい。WEB系企業は若い人しかいないし、スキルを身につけても採用してもらえないのではないかと不安です。

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、40 代からプログラマーになることは可能です。ただ、難易度は高いので覚悟が必要です。

20 代でも 40 代でも同じようにスキルを身につければ、年齢関係なく仕事をもらうことはできます。
ただ、20 代と 40 代で同じスキルだった場合、選ばれるのはおそらく 20 代でしょう。

ではなぜ、高齢になると採用されにくいのかについて解説します。

40代になるとプログラマー採用されにくくなる理由

40代になってくると、なぜプログラマーになるのが難しくなるのでしょうか。
以下で理由を解説します。

若い人の方が給料が安く、扱いやすいから

年功序列の文化が根付いている日本社会では、ベンチャー企業といえども年齢に応じて給料を決める会社も多いです。

さらには、年齢を重ねるごとに家庭を持ったりして、生活費が高くなります。
そうなると、40代の人には高い給料を払わないといけません。

だったら20代の人を安い給料で雇った方が会社としてはお得なわけです。

逆に、安い給料でもいいと言えば40代であっても採用される確率は高くなるでしょう。
給料をどこまで妥協することができるかは、自身の生活環境を考えて判断しましょう。

おすすめ単価・給料を上げるために必要なスキル

社長や役員が若いので、年上を雇いたくないから

ベンチャー企業は社長、役員、従業員がみな若い傾向にあります。

僕が勤めている会社も40代の人は1人もいません。
そうなると、40代の人は会社の人からすると年上ということになり、扱いづらくなってしまいます。

特に日本には年上を敬う文化がありますのが、社長が一番年上であり、立場が低くなるにつれて若くなる方が仕事を円滑に進めることができるのです。

柔軟に時代の変化について来れるかわからないから

高齢になると時代の変化についてこれないと思われてしまいます。

個人的には、頭の柔軟さは年齢に関係しないと思っているのですが、世間一般論で考えるとそうはいかないようです。

もし面接をすることになったら、自分がどれだけ頭が柔軟で、時代についていけるのかをアピールすると良いでしょう。

世界的には年齢や見た目での差別は禁止

求人票は年齢不問としながらも、年齢を理由に応募を断ったり、書類選考や面接で年齢を理由に採否を決定する行為は法の規定に反します。
[厚生労働省ホームページより][1]

厚生労働省から、年齢による差別は禁止であることが発表されています。

世界的には当たり前です

採用基準を年齢で制限することは、世界的に禁止されていますし、日本でもはっきりと禁止されています。

しかしながら、採用担当者は意識的に(もしくは無意識にでも)年齢で採用・不採用を分けてしまっています。

なぜ日本で年齢差別が広まっているかというと、新卒一括採用に原因があると考えています。

22歳の学生を一括で採用し、定年まで雇うという文化があるため、途中から入ってくる人を排除する動きになってしまうのです。

外国では履歴書に個人情報を書かない

日本では履歴書に写真と名前と性別を書くことが当たり前ですが、外国では書きません。 これは、見た目や性別で差別しないようにするためです。

おそらく日本では、経歴だけでなく、顔写真を見て清潔感があるか、若いかどうか、男か女かを見て判断しているはずです。

なぜ日本でこのような差別が許されているかというと、日本人は宗教や人種の違いが少ないからだと言われています。

もし日本に白人や黒人、カトリックやイスラム教の人がたくさんいたら、個人情報は掲載しないでしょう。

年齢差別されない国で働くのもあり

日本で年齢差別を受け続けているのであれば、海外で働くことも選択肢としてありでしょう。

外国でプログラマーになりたいのであれば、その国のカレッジで2年ほどコンピュータサイエンスを学んで、卒業資格を得た上で就職活動をするというルートが一般的です。

お金と時間はかかりますが、年齢による差別を受けないのであれば、経歴だけをみて判断してくれますから、一つの手段として考えてみてください。

日本でプログラマーになるためにするべきこと

外国でプログラマーになるのは簡単なことではありません。

IT業界は、スキル重視で年齢差別を受けにくい業界ではあるので、アピールポイントを作ることができれば採用してもらえるはずです。

どのようなアピールポイントを作るべきかを解説します。

プログラミング以外のスキルを生かす

40代でプログラミング未経験ということは、それまでの約20年の間に何かしら他の仕事をしていたと思います。

もし活かせるのであれば、過去に仕事で培ったプログラミング以外のスキルをアピールしましょう。

例えば、経理をやっていたのであれば、数字に強い=エンジニアの素質があるとアピールできますし、マネジメントをしていたのであれば、CTO候補として採用してもらえる場合もあります。

プログラマー=プログラミングができるだけではありません。

コミュニケーションや時間管理、立場によっては人の管理や経営スキルも必要になってきます。

過去の仕事の中で、エンジニアとして活かせるスキルがないか考えてみましょう。

おすすめ【初心者向け】プログラミングを独学するためのおすすめサイト5選

年齢層の高い大企業を目指す

IT業界といっても、大手の会社は比較的年齢層が高いです。

僕が新卒で入った大企業は、40代や50代の人も多く、平均年齢は他の業界とあまり変わりませんでした。 平均年齢を知りたいのであれば、就職四季報を読んでみましょう。

ただ、大企業の場合はプログラミングスキルよりも過去の経歴を見られますので、IT業界で活かせる経歴があることが前提となります。

仮に過去に営業をやっていた人であれば、クライアントへの提案や交渉が得意だとアピールできます。

おすすめ楽に生きるなら大企業に勤め続けるという選択肢もありです

スキル重視のフリーランスになる

フリーランスになれば、年齢差別をされることは少なくなります。

なぜなら、フリーランスに求めることは100%スキルなので、スキルさえあれば雇ってもらえるからです。

逆に、スキルがないとすぐに切られてしまうので、ある程度プログラミングスキルを身につけてからフリーランスになることをおすすめします。

独学で実践レベルのスキルを身につけることができれば問題ないですが、いきなりフリーランスになることは難易度が高いです。

おすすめフリーランスになるためのおすすめエージェントサイト3選

なぜ採用されるのかを考える

40代でエンジニアになろうとしている人は、なぜ自分を採用してもらえるのかを考えましょう。

  • 20代の人たちにはない何かを持っているのか

  • 安い給料でもいいからなのか

  • 会社を成長させることができるからなのか

20代であれば、これからの伸び代を考えてとりあえず採用してもらえることもありますが、40代となると、これからの伸び代ではなく、今何を持っているかを見られることは確実です。

自己分析をして、何を提供することができるのかをじっくり考えて見ましょう。