アカデミー賞で作品賞!「グリーンブック」ってどんな映画?

Share on:

先日行われた「アカデミー賞」・
日本でも大人気のヒット作となった「ボヘミアン・ラプソディ」は今年最多の4冠を手にしたものの、作品賞には及ばなかった。
作品賞を手にしたのは、3冠を手にした「グリーンブック」。
日本では3月1日に公開するということで、「グリーンブック」の内容について入手した情報を公開していく。(ネタバレなし)

グリーンブックのあらすじ

時は1962年。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、ガサツで無学だが、家族や周囲から愛されていた。

ある日、トニーは「神の域の技巧」を持ち、ケネディ大統領のためにホワイトハウスで演奏したこともある天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)のコンサートツアーの運転手として雇われる。まだまだ人種差別が根強く残る時代になぜか、黒人にとって制約と危険の多い南部を目指すシャーリー。

粗野で無教養なイタリア系用心棒と、インテリな天才黒人ピアニストという何もかも正反対な二人が、黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、ふたりはツアーへ旅立った──。

もう少し噛み砕いて説明していく。
主人公は愛されキャラのトニー。
ナイトクラブの用心棒もするくらい腕っ節の強いトニーが天才ピアニストの運転手として雇われる。
黒人ピアニストのシャーリーと運転手のトニーが旅に出るという友情物語である。

【注目】なぜアカデミー賞にノミネートされたのか

作品賞、助演男優賞、脚本賞を受賞していることから、まず作品としての総合力が高く評価されたことは間違いない。
助演男優賞を受賞したということだから、天才ピアニストのシャーリーの演技が素晴らしかったということだろう。
まず、シャーリーの演技には期待しよう。
脚本賞についてだが、グリーンブックは実話であり、黒人差別が描かれている。
友情作品として感動できるではなく、強いメッセージ性が込められており、脚本も素晴らしいということだろう。

映画公開に向けて

すでにアメリカでは公開済みであり、評価もされてからの日本上陸になる。
もちろん日本でも人気の作品となるだろうが、グリーンブックの脚本は日本にはない黒人差別を取り上げた物語である。
1960年代のアメリカの文化を知らない日本人に受け入れられるかは疑問だが、逆にこれを機に黒人がどのように扱われてきたのかを知ることができるだろう。
3月1日の公開を楽しみにしよう。