【映画】ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

Share on:

ハングオーバー!ってどんな映画?

ハングオーバーを日本語訳すると、「二日酔い」という意味です。
花ムコが二日酔いで消えてしまうというタイトル通りのストーリーです。
ジャンルはもちろんコメディです。私は字幕で観たのですが、かなり危険な言葉遣いを連発しています。
コメディ映画って内容が薄っぺらかったりして、なかなか評価されづらい傾向にあります。しかしながら、この映画はストーリーもしっかりしていて、ハラハラドキドキします。

あらすじ

前章でタイトル通りの内容と言いましたが、もう少し詳しくあらすじを書きます。コメディ映画はネタバレしても問題ないからいいですよね。
さて、この映画は結婚前夜に花ムコの悪友たちが独身最後の思い出にラスベガスに旅行に行くというストーリーです。男4人でラスベガスに行ったらお酒を飲みまくって潰れてしまいますよね。
酔いつぶれて記憶をなくした4人、朝起きると1人が部屋からいなくなっています。その人物が結婚を2日後に控えた花ムコです。残りの3人はうろ覚えの記憶と周りの状況を頼りに花ムコを探しに行きます。
あらすじを簡単に説明するとこれだけなのですが、酒を飲んで記憶を無くしている時に何が起こっていたのかが徐々に明らかになってきます。
いくら酔っていてもここまでやるか?と思うほどとんでもないことをしでかしていた3人(4人?)たちの行動が見ていて爽快です。
パトカーを盗んでいたことに気づいた3人はそのままパトカーに乗って花ムコを探しに行きます。普通はそこで乗らないでしょ、と思いながらもうまく切り抜けて行きます。
命の危険がありながらも、友達を助けに行く3人に対して、男の友情を感じるところもあります。(もちろんコメディっぽく描いていますが)

感想

何も考えずにすっきりしたい、単純に笑いたいなど日頃の生活に疲れている人にオススメの映画です。私は普段、ミステリー映画やサスペンス映画などシリアスなものを観ることが多いので、たまには頭を空っぽにして映画を観たいと思ってこの映画を観ました。
コメディ映画といえど、こんなことして大丈夫なのか?と思うようなスリルも味わうことができるので、のんびり観るというわけにはいきませんが、このハングオーバーはラストをしっかりまとめてくれているので、ストーリー重視で映画を観たい人にもおすすめです。

まとめ

昔の映画を観て教養を深めたい、泣ける映画を観たい、など映画を観るスタンスは人それぞれだと思いますが、そういった映画に対するこだわりを全て捨てて観ることができるのが、コメディ映画だと思います。
このハングオーバーはシーズン3まで公開されている(まだ観てません)ようなので、根強い人気を誇るコメディ映画であることは間違いありません。
コメディというジャンルに手を出してみたい人におすすめの映画です。