【転職方法】エンジニアに転職をして高収入を目指す方法

エンジニアに転職したい理由は様々だと思いますが、その理由の1つとして、年収を上げることはみなさんあると思います。

他にも、自由な働き方がしたいとか、将来食いっぱぐれない職業につきたいといった理由もあるはずです。

その中で、今回は、エンジニアに転職をして高収入を目指す方法について解説します。

IT業界は比較的年収が高いです。 良いポジションにつけば、年収1000万円も狙えますし、スキルで評価してくれる会社なら若いうちに高収入を手にすることもできます。

そんなIT業界で、どのようにして高収入をゲットするか。

結論から言うと、年収の上限が高い会社を選んで、高収入な人材を目指すことです。

これはどの業界にも通用するありきたりな意見ですが、もう少し具体的に説明します。

上限が低いとどれだけ優秀でも高い年収はもらえない

みなさんは会社が提示している年収の上限を知っていますか?

新卒で入社した会社は一律初任給ですが、転職となると、会社によって年収の幅が決まっています。

例えば、「プログラマーなら400万〜800万」みたいな感じですね。

そうなると、よほどの例外的評価をアピールしない限り、年収800万円以上にはなりません。

もし年収1000万円がほしいなら、この年収上限が1000万円以上の会社を狙いましょう。

IT業界なら、上限1200万円や1500万円の会社もありますので、年収を調べるためにまずは転職サイトに登録をしましょう。

おすすめ ベンチャー転職に使うべきおすすめの転職サイト

どんな人材になればいいかがわからないと、年収交渉もできないから

高収入な人材のイメージがつかないと、高収入を得ることはできません。

IT業界は年功序列の風潮が薄く、成果主義の風潮が強いです。 なので、同じ会社に長く勤め続ければ年収が上がるとは考えられません。

成果主義なのであれば、どんな成果をあげればいいのか、その成果をあげるにはどんなスキルが必要なのかをイメージしましょう。

例えば、役員になれば年収1000万円がもらえるベンチャー企業があるとします。

プログラマーとして役員を目指すなら、CTOがベストであることがわかります。

CTOになるには、以下の3つの方法があります

  • 転職活動をしてCTO採用される

  • ヘッドハンティングされて、CTOになる

  • 誰かと共同創業をして最初からCTO

こんな感じですね。

それぞれCTOになる方法が違うので、なるために必要なことも違います。

プログラミングスキルやマネジメントスキル、個人としての知名度、経営スキルなど、どのスキルをつけて、どの道を進んでいくかを決めましょう。

おすすめ 【初心者向け】プログラミングを独学するためのおすすめサイト5選

いきなり倍の年収にアップさせるのは難しい

年収500万円の人がいきなり年収1000万円の評価を受けるのは基本的にできません。
前職の年収が考慮されるからです。

年収を上げたいなら段階的に上げるべきで、長期的な計画が必要です。

例えば、来年転職をして年収600万円になる。 その会社で2年働き、年収700万円になったら年収1000万円に調整してみる。
みたいな感じです。

3年計画で例えを出しましたが、現実的に可能な範囲で計画を立てましょう。

年収と年齢の幅を調べる

現実的に可能な範囲といっても、10年もかかってしまっては変化が大きすぎて計画通りにいかないかもしれません。

どのくらいまでにいくらを目指せばいいかの基準は、「その会社の年収と年齢の幅」を調べることである程度わかります。

例えば、あなたが30歳だとして、年収1000万円を目指しているとします。

ある会社の30際〜35際の5%が年収1000万円を超えていて、 35歳〜40際の人の30%が年収1000万円を超えています。

そしたら、あと5年以内にその会社で年収1000万円になるのは現実的ではありません。

しかし、5年から10年以内には年収1000万円も目指せそうだということがわかります。

こうした年収と年齢の幅は、GREENというサイトで調べることができます。(ベンチャーに限る)

ベンチャー企業の収入はどのくらいなのか【GREENを使えばわかります】

大企業なら、就職四季報をみれば、平均年齢と平均年収が載っているので、それである程度イメージできるはずです。