高性能なヘッドホンを使うと、QOLが爆上がりする

Share on:

リモートワーク中に音楽を聞きたいと思い、ヘッドホンを購入したのですが、QOL が爆上がりしたので、ご紹介したいと思います。

僕が買ったのは、「Bowers & Wilkins PX7」というヘッドホンです。

Bowers & Wilkins というメーカーのヘッドホンが好きなので、1 台目が壊れてしまってからしばらく使っていなかったということで、今回、2 台目を買いました。

価格は、約 5 万円です。。かなり高くて、少し迷いましたが買って損はしなかったです。

買ってよかった点を解説します。

音質が良い!!

普段はスピーカーやイヤホンで音楽を聞いているので、やはりヘッドホンは音質が良いです。

音質の差とかはわからないので、他のヘッドホンを比較してもよくわからないのですが、ヘッドホンというだけで、普段よりも良い音で音楽が聞けます

音質は求めるとキリがないので、僕が意識しているのは、耳が囲まれていることと、左右から別の音が聞こえてくることです。

耳に当てるタイプのヘッドホンもありますが、あれだと、音が漏れてしまうので、ヘッドホンの音質を楽しむことができません。せっかくヘッドホンを買うのであれば音質が良いものを選びたいので、耳が囲まれているタイプを選びました。

そして、イヤホンでもそうなのですが、右耳と左耳から別の音が聞こえてくる感じ(ステレオ感)があるものが好きです。スピーカーだと再現しづらい音なので、ヘッドホンならではの音楽を楽しむことができます。

ノイズキャンセリング付き

ヘッドホンをつけていれば基本的に周りの音は遮断されるのですが、もっと音の世界に入り込むために、ノイキャン付きのものを選びました。

しかも、このヘッドホンはノイキャンを「LOW」「HIGH」「AUTO」の 3 段階に分けて設定することができます。

基本的には家で聞くので、AUTO に設定していますが、電車で聞くときなんかは、HIGH に設定すると、周りの雑音を遮断してくれるはずです。

外すと自動で止まる

ヘッドホンを外すと、自動で音楽がストップします。付けると自動で再生が始まります。

いちいちボタンを押す必要がないのでかなり便利です。

スマホアプリと連携させると、外したときの反応レベルを変更することもできます。

例えば、耳がかゆくてヘッドホンをちょっと外しただけなのに音楽が止まってしまうのは不便ですよね?反応レベルと「LOW」にしておくと、ちょっと外しただけでは音楽が止まらなくなります。

微妙な設定もできるところが、さすが高機能ヘッドホンだなと思いました。

BlueTooth を複数デバイスに接続できる {#bluetooth を複数デバイスに接続できる}

ワイヤレスヘッドホンなのですが、スマホアプリを使うと、複数のデバイスに同時接続することができます。

例えば、スマホと PC に同時接続しておくことで、スマホで再生すればスマホの音楽が流れて、PC で再生すると、PC の音楽が流れます。

同時に再生することはできないので、後に再生した方が優先される仕組みです。

同時接続しておけば、切り替える手間が省けるので、とても便利です。

PC で Youtube を見ていたけど、休憩してスマホから音楽を流す、なんてことも可能です。

スマホに電話がかかってきたときも、すぐにスマホ接続に切り替えることができます。

有線接続も可能

ワイヤレスヘッドホンなのですが、有線接続もできます。付属のケーブルをヘッドホンにつなぐことで、有線ヘッドホンに変わります。

BlueTooth に一々つなぐのが面倒くさい端末(友達の端末を借りるときとか)は、有線接続にしてしまえば、接続の手間を省くことができます。

ちょっと残念なのが、有線接続のときも、電源を入れないと音が流れない点ですね。ノイキャン機能が付いていたりするので、仕方がないのですが、電源なしでも接続ができれば充電が切れたときにも使えるのになあと思いました。

リモートワーク中は音楽を楽しもう

リモートワークをしている人は、自由に音楽を聞くことができるでしょう。せっかく音楽を聞くなら、良い音で聞いたほうが新たな発見ができます。

聞こえなかったベース音やステレオサウンドを楽しむことで、聞く音楽も若干変わってきました。

音楽を聞くために仕事をするような気分になり、仕事をするのがちょっとワクワクします。

ヘッドホンはおしゃれにも使えるし、特に僕が買った Bowers & Wilkins は、デザインがとてもかっこいいです。

ちょっと値段は高いですが、数十万円もするようなプロ仕様のものに比べれば安いですし、一日中使ったりも