引きこもりの極意

 世界中の人々が引きこもりを余儀なくされていると思います。しかし、休日に外を見ると、なんと外に出ている人がいるではありませんか。なぜ外に出るなと言われているのに外に出るのか。家にいられないのはなぜなのか。。
 それは、引きこもり力が足りないからだと思います。みんな外を歩いていてもスマホを弄り倒しているにもかかわらず、自宅に引きこもってスマホをいじり続けることができないようです。
 そんな、引きこもり力が不足している人に対して、引きこもりの極意を伝授したいと思います。

ネット環境の整備が最優先

 僕は3年間、ポケットwifiを使っていました。Wimaxと呼ばれるwifiで、3日で10GBを超えるとたちまち速度が低下してしまいます。この回線遅延にイライラするのが嫌だったので、会社に行ったりカフェに行ったりしていました。

 コロナウイルスによりリモートワークが始まった2月下旬から、僕は自宅に置型wifiを設置しました。これからはリモートワーク&引きこもりの時代が来ると思ったからです。

 3月上旬からwifiが開通され、それ以降は自宅で引きこもる快適生活を送っています。

 現在、wifiが自宅にない人や、ポケットwifiを使っていない人は、置型wifiを申し込みましょう。

AmazonPrimeとFire stickTVは必須

 AmazonPrimeに申し込み、Fire stickTVを購入しましょう。スマホやパソコンより優先してください。AmazonPrimeは月額500円で映画ドラマ見放題ですし、Fire stickTVはテレビに接続するだけで、AmazonPrimeやYoutube、その他動画サービスを見ることができます。

 もちろんwifi環境は必須ですから、wifi設置の後でないと意味がありません。動画サービスをスマホで見るのは大変ですし、PCを立ち上げるのが大変という人もいると思います。Fire stickTVなら、テレビを見るのと同じ感覚で見れるので、引きこもり生活に必須アイテムです。

必須ではないけど便利なものを紹介

 引きこもるためには、スマホと、ネット環境、AmazonPrimeとFire stickTVがあれば十分です。映画やドラマ、アニメを見まくりましょう。  もっと引きこもり力を上げたい人におすすめのアイテムやサービスを紹介しておきます。

  • パソコン
  • タブレット
  • Netflix
  • Spotify
  • スクリーン
  • スピーカー

 これだけ揃えれば、もう外に出る必要はなくなります。音楽をかけながらkindleで本を読んだり、スクリーンでNetflixのドラマを見れば一日はあっという間に終わります。

自己研鑽に励むこと

 外出ができなくなると、堕落した生活を送りがちですが、こんなときこそ自己研鑽に励みましょう。  
 読書をしたり、自宅でトレーニングをしたり、ダイエットメニューを作ったりです。ブログを始めたり、プログラミングの勉強を始めてもいいでしょう。

 外でご飯が食べられなくなったからといって、家でカップラーメンばかり食べるのはやめましょう。僕は、引きこもりになってから糖質オフ生活をしています。炭水化物を一切食べず、野菜と魚と肉、卵で生活をしています。  
 毎食考えて作るのは大変ですし、小腹が空いてもビスケットではなくアーモンドか小魚しか食べられないのは大変ですが、自分ですべてをコントロールできるからこそです。

 みなさんも、引きこもりじゃないとできないことを見つけて、この機会に全力で取り組んでみてはいかがでしょうか。