ベンチャー企業の給料はどのくらいなのか【GREENを使えばわかります】

Share on:

大企業からベンチャーに転職を考えている人で、気になるのは給料がどれくらいもらえるのかという点だと思います。

ベンチャーは安い賃金でブラック労働のイメージが強いかもしれませんが、最近の優良なベンチャーは給料は平均的で残業時間は短くなってきています。

ベンチャーの主な給料を知るには、GREENを見てみるとわかると思います。

GREEN の使い方

GREEN に無料で登録をすると、企業情報や求人情報を見ることができるようになります。

求人情報には求めるスキルや想定年収など基本的な求人情報が掲載されています。

企業情報を見ると、全ての企業ではありませんが、年齢ごとの社員数や給料ごとの社員数を確認することもできます。

あまり信じすぎてもいけませんが、株式公開されておらず、会社四季報にも掲載されないベンチャー企業の給料を把握するには最適なサイトだと思います。

ベンチャー転職の求人サイトは数多くありますが、企業情報を調べるなら GREEN 一択かなと思っています。

もちろん転職にも使えますし、登録している企業数も多いので転職する際にもおすすめできるサイトの 1 つです。

スタートアップの場合、ストックオプションがもらえる可能性もある

できたばかりのスタートアップに入る場合、給料は低いけれど、ストックオプションがもらえる可能性があります。

ストックオプションは自社株のようなもので、その会社が EXIT(売却や上場)した時に売却をすることができます(EXIT していなくても売却可能なことも)。

その会社が社会的に役に立っているもので、将来性があると思うのであればストックオプションをもらうのもありだと思います。

その分給料が少なくなるかもしれませんが、当たれば億万長者になれる可能性もあります。

日本だと売却益はそこまで高くありませんが、シリコンバレーだと売却額のケタが違うので、こうしてシリコンバレーのエンジニアたちは億万長者を目指すというわけです。

というわけで、ベンチャーには給料だけでなくストックオプションという報酬もあるということは覚えておいた方がいいでしょう。

未経験の人は新卒レベル

未経験からエンジニアとしてベンチャーに入ろうとする場合、新卒レベルのお給料になると思われます。

だいたい月に 25 万ほどでボーナス 2 ヶ月くらいでしょうか。

年収にすると、300〜400 万円の間くらいです。

若い人ならまだやっていける給料かもしれませんが、30 代、40 代で家庭もある人は相当な覚悟が必要であることがわかります。

ベンチャーは良くも悪くもスキルが重視される業界なので、年齢に関係なく未経験だと新卒くらいになってしまうというわけです。

残業代がつくかどうかは会社次第ですが、最近は残業をさせない働き方をベンチャーでも取り入れているので、あまり期待はしない方がいいと思います。

少し経験がある人は前職の年収程度に落ち着く

大手の IT 企業から転職する人は、プログラミングの経験が浅いとはいえ、多少の IT 知識があるとみなされます。

なので、前職の年収くらいはもらえるのではないかと思います。

これも GREEN に掲載されている範囲の年収なので、大企業で年収 800 万円もらっていた人が、600 万円の求人を出しているベンチャーに行っても 800 万円はもらえません。

もし、面接時に希望年収を聞かれたら、前職と同じくらいがいいといえば、贅沢でもなく、今の生活を守るという理由ができるので当たり障りないのかなと思います。

ベンチャーに昇給はあるのか

大企業に比べると上がり幅は低いですが、多少はあると思います。

年齢や経験年数で判断するというよりは、日々の仕事のアピールや、交渉時にうまく伝えることができるかという点が重要になってくると思います。

徐々にスキルが身についてくると、「上げてくれないなら他に行く」と言って、強気の交渉をすることもできるかもしれません。

とはいえ、あまり会社での立場を悪くするのもよくないので、スキルを身につけて、何かしらの貢献をすることで昇給には応じてくれるでしょう。

大企業のように資金力があるわけではないので、売上に貢献して、その分上げてくれというのが昇給への近道だと思います。

平均年収だと大企業よりも低い

GREEN と四季報を見比べた限りだとやはりベンチャーの方が平均年収が低い傾向にあると思います。

平均年齢が低いので、若いうちは多くもらえるかもしれませんが、年齢を重ねてきたら、役員になるとか企業をして社長になるとか、新しい道を見つけていかないと大きく給料をあげるのは難しいと思います。

とはいえ、若いうちに多くの給料をもらえて、スキルも身につけることができれば将来的にもいろんな仕事ができると思うので、自由への道が開きやすいとも思います。