元講師が教えるプログラミング講師になる方法

Share on:

現在ベンチャー企業で会社員をしていますが、過去には副業でプログラミング講師をしていた時期もありました。

最近はもうやっていないのですが、一応在籍はしているので、会社をクビになってもプログラミング講師として何とか収入は確保できる状態にあります。

プログラミング講師は、比較的経験の浅い初心者プログラマーでも教えられるので、最初の副業としておすすめです。

ただ、教えるだけなので、実践的なスキルが身につかなかったり、時間を決めるシフト制なので、時間の自由が奪われるなどのデメリットもあります。

プログラミング講師をやってきた経験から、プログラミング講師になる方法をお伝えします。

プログラミング講師になる方法

「プログラミングを教えることなんてできるのか不安」と思う人もいるかもしれませんが、プログラミング経験が半年以上あれば問題ないと思います。

プログラミング講師に応募する際に簡単なテストがあるし、面接もあるので、スキルが足りないならそこで落とされます。気になったらまずは応募してみることをおすすめします。

プログラミングスクールを選ぶ

僕はプログラミングスクールを受けたことがないですし、講師をしていたのも1社なので、確実な情報を教えることはできません。

もし初心者プログラマー時代にオンラインスクールを受けたことがある人は、仕組みがわかっていると思うので、自分が受けたスクールに応募してみることをおすすめします。

僕がプログラミングスクールを選んだ基準は、大きな会社かどうかです。スタートアップのスクールも増えていますが、教材の内容が偏っていたり、受講生が少なくてシフトを入れても教える人がいない可能性があるからです。

受講生が多い、大手のプログラミングスクールに応募しましょう。

教えられそうなスキルを選んで応募する

スクールが決まったら、教えられそうなスキルを選びます。だいたい Ruby、PHP、Javascript あたりなので、これらができれば問題ないと思います。

C 言語などの若干古い言語はカリキュラムにない可能性もあるので、簡単でモダンな言語を抑えておくといいですね。

テストと面接をする

応募すると、WEB テストの案内が送られてきます。Google フォームに答えを書いて送信するだけの簡単なテストでした。

内容は基本的なものでしたし、ググってもいいので、調べながら回答していけば難しくはありません。

テストに通れば、面接の案内があります。スクールの担当者と WEB 面接をするはずです。面接の内容は、

  • 仕事内容
  • スキルがどのくらいあるか
  • なぜ講師になろうと思ったか
  • シフトはどれくらい入れるか

など基本的なものです。

合格後、ツールなどの設定

合格の通知が来たら、管理画面を案内されます。マニュアルがあるので、それに従ってツールをダウンロードしたり、教材の確認をします。

ツールは、例えば Zoom や Slack、Github などオンライン講義で使う一般的なものです。

教材は、僕の時代は Twitter 風のアプリを作ってみようという教材だったと思いますが、今はメルカリ風が流行っているみたいですね。何となく目を通しておけば大丈夫です。

シフトを提出し、講義をする

管理画面から、シフトを提出します。

シフトの条件は、1 ヶ月前までには出すとか、欠席時は他に変わって貰える人を探すなどがありました。

1 ヶ月後のシフトを決めたら、基本は変更できないというのが面倒でしたね。。アルバイト時代を思い出しました

シフトの時間になったら、Github を確認して、Slack で質問に答えたり、Zoom でオンライン講義をします。講義といっても 1 から教えるわけではなく、質問に答える形式が基本になります。

まとめ

プログラミング講師になるのは、結構簡単です。自分で副業案件を見つけてきて、契約が切られる心配をしながらせっせと働くよりは、アルバイトっぽいです。

教える内容は初歩的なものなので、すぐに慣れてしまって飽きてしまうかもしれません。

それでも、まとまった副収入にはなりますし、教えられるスキルが増えるほど時給も上がっていきます。副業案件に比べると時給は安いですが、自宅でまったりできると考えれば、それもありだと思います。

プログラミングスクールのおすすめも【元講師が推薦】プログラミングスクールのおすすめ 3 選で紹介しているので、参考にしてみてください。