ダイエットの間違ったやり方
            <strong>「ダイエットのやり方が多すぎてどれが正解かわからない」</strong>

「間違ったダイエットをして無駄な時間を過ごしたくない」
この記事はこのような方向けに書いています。
○○ダイエットというものがいろいろと出回っていて、どれが本当かわからないという人は本当に多いと思います。
正直私も正しいのかどうかわからないダイエット方法もあります。
ただ、これだけは間違っているというダイエットについては思い当たるところがあります。
なので、正しいダイエットではなく、やってはいけないダイエットをお伝えしていこうと思います。

軽い物を持ち上げても痩せない

ダイエットをする人は筋肉をつけないように軽い物を持ち上げましょうというダイエットは間違っています。
ダイエットの本質については何度か記事にしているのですが、筋肉をつけて基礎代謝をあげるというのがダイエットの本質です。
軽い物を持ち上げても筋肉はつかないですし、得られるものは少しのカロリー消費だけです。
軽い物を持ち上げるくらいなら、有酸素運動をひたすらやった方が良いと思っています。
一つ、軽い物を持ち上げるメリットとして、インナーマッスルを鍛えることができるという点にあります。
インナーマッスルは目立ちにくい筋肉ですし、もちろん鍛えれば基礎代謝は増えます。
ただ、軽い物を持ち上げるだけでなく、ゆっくり小さく動かすなど、しっかりしたやり方があります。
そこまで教えてくれているダイエット方法なら間違ってるとは言えないですね。

痩せたい部位を鍛えても痩せない

お腹を凹ませたいからといって、腹筋をやっても凹みません。
脂肪を燃焼させるためには、痩せたい部位の筋肉に刺激を与えることではなく、全体的なカロリー消費量を上げなければいけません。
なので、お腹だけを凹ませるというのは基本的に不可能です。
その証拠にお腹は痩せているけど、二の腕がだるんだるんな人は見たことがないはずです。
部分痩せというダイエットがありますが、全体的に痩せる身体になるという前提のもと成り立っていないとおかしいダイエット方法なのです。

走っても痩せる身体にはならない

これも軽い物を持っても痩せないのと同じ理屈です。
筋肉をつけるトレーニングをしないかぎり痩せる身体にはなりません。
もちろん毎日たくさん走っていれば、カロリーを消費するので痩せると思います。
ただ、走るのを辞めた途端に逆戻りしてしまうでしょう。
走るというのは痩せるというダイエットではありますが、痩せる身体になるダイエットではないということです。

糖質を制限しすぎると痩せない

痩せるためには糖質制限が欠かせないというのは間違っていないと思います。
ただ、糖質を制限しすぎるのも問題があります。
なぜなら、筋肉を生成するための糖分が足りなくなってしまうからです。
糖質は摂取しすぎると脂肪に変えてしまいますが、少なすぎてもエネルギー不足になってしまいます。
しっかりと筋肉をつかながら痩せたいのであれば、糖質のバランスを取ることが必要でしょう。

体重を減らすことがダイエットではない

そもそも体重を減らすことだけに焦点を向けるというのが間違っていると思います。
ダイエットをする目的は理想の身体になることであって、体重を減らすというのはそのための手段でしかありません。
もしあなたの体重が60キロで、憧れの女優さんの体重も60キロだとしたら、体重を減らす必要はないでしょう。
なりたいボディになる「ボディメイク」という考え方こそがダイエットの本質だと考えています。

まとめ

野菜ダイエットやお肉ダイエットみたいな○○ダイエットのどれが正しいかは正直わかりません。
ただ、この記事で取り上げた「間違ったダイエット方法」に当てはまってしまうダイエット方法は間違っているはずです。
今あなたがやろうとしているダイエットはどのような仕組みなのかを理解することが大切だと思います。
自分なりの正しいダイエット方法を確率することができれば、太らない身体、痩せやすい身体になることができるでしょう。