プログラミングを独学する時の本の読み方【おすすめ本】

Share on:

プログラミングを独学するときには、本を読むべきです。
Progate などの学習サービスはありますが、本なら体系的に学ぶことができます。

全体像を把握したり、辞書的に使うのに本は最適なので、入門書の 1 冊だけでも買っておきましょう。

プログラミングを独学するのに最適な本の選び方は、最新の本を選ぶことです。

最新の本を選ぶべき理由

プログラミングは変化が激しいので、すぐに情報が古くなってしまいます。
いきなり大きく変化するものではないのですが、少しの差を知っておかないとエラーに苦しむことになりますし、仕事の生産性にも影響してきます。

過去の書籍の情報は古くなっていく

主要なプログラミング言語であれば、毎月のように本が発売されています。

プログラミングを独学するときに最新の 1 冊を選びましょう。

バージョンアップすると、過去の情報は古くなってしまいますので、2〜3 年前の書籍はほとんど役に立たなくなってしまいます。

1 つの本を 2〜3 年も使うことはあまりないので、本を買うときは常に最新版を買いましょう。

プログラミング初心者におすすめの本 3 選

クオリティがどんどん上がっていくから

基本的には、最新版のほうがクオリティが高くなります。

例えば、一番最初に出版された本はどのように学べばいいのかが確立されていません。

口コミや批判などを受けて、徐々にプログラミングの学び方をアップデートさせているので、最新版のほうが学びやすくなっていくはずです。

学び方によっては最新版でなくてもいい

ここまでお伝えしてきたのは、プログラミング言語を学ぶための本の選び方です。

コードの書き方や WEB の基礎知識など、時間がたっても変化が少ない技術に関しては、多少古くても人気の本を選んだ方がいい場合もあります。

コードの書き方はリーダブルコード

コードの書き方を学ぶなら、「リーダブルコード」がおすすめです。
2012 年に発売された本ですが、未だに新人プログラマーが必ず読むべき本として売れています。

2012 年に発売されたプログラミング言語の本は、全く使い物にならないので注意しましょう。