huluに登録するメリットは?アニメ・映画・ドラマの充実さならhulu

Share on:

手軽に使えて作品の充実さに定評があるhulu。 最近だとNetflixやU-NEXTといった大手のビデオオンデマンドサービスがあるが、huluの1番メリットは作品数の多さ。 総合的に見て、huluが優れている点について解説する。

huluとは

NBC、FOX、ABCといった大手企業による合弁事業である。 日本向けの事業に関しては、日本テレビに売却をしたため、日本テレビのドラマを独占放送したり、テレビドラマのエンディングやCMにはHuluにて配信中というテロップを出したりと日本テレビのVODサービスという認知が強い。 Huluはオリジナル番組や日テレとの共同制作番組も作っているが、基本的には過去に放送された映画やTV番組がラインナップを占めている。 月額課金制であり、全ての作品が見放題であり、課金する必要がないというサービスモデルである。

huluに登録するメリット

作品数の多さ

huluは50000本以上もの作品を観ることができる。 dTVやU-NEXTの方が本数的には多いが、dTVはミュージックビデオやバラエティ番組も1本としてカウントされているため、1本あたりのクオリティは高くない。U-NEXTはアダルト作品もあるため、映画、ドラマ、アニメといったメインカテゴリの作品のクオリティに限るとhuluはおすすめできる。 特に主要な海外ドラマが多く、huluでしか見られない作品があるため、人気作品からマイナー作品まで、できるだけ幅広い作品を観たいという人にはおすすめのサービスである。

料金が安い

現在933円(税込)である。 dTVやAmazonプライムビデオが500円くらいであるので、安いとは言えないかもしれないが、dTVやAmazonプライムビデオは有名作品を見放題ではなくレンタルや購入といった追加課金方式になっている。 一方、huluは全ての作品が見放題であるから、結果的に安くて良い作品を観ることができる。 VODサービスに詳しい人は知っているかもしれないが、Netflixは全作見放題で月額650円である。 これに関しては比較ポイントが多くあるから別記事でまとめようと思う。 追加の料金を気にしたくない人にとってはおすすめできる。

日テレの作品やオリジナル作品を観ることができる

huluは日本事業を日テレに売却したため、日テレの番組を独占放送することができている。 そのため、日テレの人気番組や見逃してしまったドラマなどを観ることができるのである。 さらにhuluではオリジナル作品も制作しているため、もちろんそれらも独占放映である。 作品数だけでなくクオリティも高いというのはhuluの大きな特徴である。

デメリット

超人気作品を観ることができない

例えばディズニーやジブリといった超人気作品に関してはどのVODサービスでも扱っていないことがある。 そうなるとhuluでは観ることができず、AmazonプライムビデオやTSUTAYAでのレンタルが必要になってくる。 ラインアップにない作品を観ることができないというのは見放題限定サービスのデメリットでもある。

クオリティを求めないなら高くなる

月額933円というのは他のサービスに比べると安いものではない。 その価格の差をクオリティや作品数でカバーしているのだが、クオリティにこだわらずある特定の番組さえ観ることができれば良いという人はもっと安いサービスの方がコスパが良いかもしれない。 さらに、NetFlixのように複数のプランがなく、どんな層の人でも同額のプランに入らないといけないという不自由さもある。

まとめ

どのサービスも絶対的王者がいるわけではなく、それぞれ特徴と妥協点のバランスを取りながら戦っている。 使う人はどんな目的でVODサービスを使いたいのかを考え、それにあったサービスを使うことで大きなメリットを享受できるはずである。