インデックス投資から配当金投資に変えていきます!

Share on:

突然ですが、高配当投資を始めることにしました。

以前、高配当ETF投資はやっぱり辞めました。で、高配当投資はやらないと言いました。それからは、インデックス投資一本で来て、ちゃんと含み益も出せています。

ただ、多くの高配当株投資家がこのように言っていました。

「インデックス投資は長期的にできる人のみやるべし。精神的に耐えられない可能性もある。」

実際、数ヶ月インデックス投資を運用してみてわかったことは、利益になっていると感じられないということでした。

インデックス投資が王道であり、確実に資産を増やす方法なのはわかっているのですが、僕が配当金投資へと移行した理由についていくつか述べたいと思います。

投資をしている実感がない

インデックス投資は配当がもらえるわけではないので、実感としては貯金と同じです。毎月一定額を積み立てるというだけ。

・積立貯金をしている人 「毎月お金が増えていくのが嬉しい!」

・積立投資信託をしている人 「毎月お金が増えてるし、数%の利益もついてる!」

これだけの差です。生活が豊かになるわけではありませんし、投資信託を買い進めてアーリーリタイアを目指すとなると、生活を困窮させるレベルで投資しないといけません。

積立貯金ができていた人であれば、積立先を投資信託に変えるだけなので簡単かもしれませんが、すぐに成果がほしいという人には向いていません。

キャッシュフローが重要である

アーリーリタイアをする上で大切なことは、生活ができるだけのキャッシュフローがあることです。

以下の本に、ビジネスにおいて大事なのは、キャッシュフローだ。と書いてありました。

キャッシュフローとは、仕入れや原価、経費よりも売上が多くなる状態を作ることです。株式投資の場合、それは、配当金となります。

インデックス投資はキャッシュフローが無く、配当金投資はキャッシュフローを重視する投資方法となります。

下げ相場におけるリスクヘッジになる

歴史的に見ると、配当金投資よりも、インデックス投資のほうが良い成績を上げています。それでも配当金投資を選ぶ理由は、配当金が下げ相場でのリスクを軽減してくれるからです。

インデックス投資は、株価がすべてであるので、コロナショックのような大暴落が起きれば、もちろん資産価値は下がります。

一方、高配当株は、資産価値が落ちても配当金は出るので、マイナスを抑えることができます。株価の変動と配当利回りの変動という2つのファクターで管理するので、いくらか分散投資的になるというわけです。

使ってもいいし、再投資してもいい

インデックス投資も配当金は出ているのですが、それを強制的に再投資しているので、実際には配当が出ません。配当金の再投資というのは複利の効果を生むので投資手法としては素晴らしいのですが、手元に資金が入ってこないので、冒頭にも書いたように精神的に美味しくないわけです。

配当金投資の場合、再投資に回してもいいし、使ってもいいわけです。使ってしまうと単利での投資になってしまうので資産を増やすスピードは遅くなりますが、例えば家庭を持つことになり、毎月の支出が増えたなんてことになれば、配当金に頼らないといけなくなるかもしれません。

配当金を再投資に回すのは一度課税されてしまうのでデメリットもありますが、一度手元に入ってきて、それを自由に使えるというのが僕にとってメリットと感じました。

配当金のデメリットについては、高配当ETF投資はやっぱり辞めました。でも述べています。

まとめ

投資手法は様々ですから、どれが正解というわけではありません。デイトレードだって立派な手法の1つです。

**インデックス投資が絶対!**とか、アーリーリタイアするなら高配当投資一択という決めつけはいけません。あらゆる投資手法を勉強し、自分に当てはめてみた結果、選択をするべきです。

僕はアーリーリタイアを目指しているので、アーリーリタイア向けの投資手法をしています。もし、アーリーリタイアについて勉強してみたいという方がいれば、【FIRE本】早期リタイアしたい人におすすめの本を参考にしていただければと。