black

ベンチャーというと、朝から晩まで働かされるブラック企業というイメージがあるかもしれません。

実際のところベンチャーはブラックなのでしょうか。

ベンチャーはブラックではない

結論からいうと、ベンチャーはブラックではないです。

その理由は3つあります。

  • むしろ働き方改革の最先端であるから
  • やりたくてやっているから
  • 将来の大きなリターンが期待できるから
  • むしろ働き方改革の最先端であるから

    働き方改革というと、残業時間を減らす、フレックスタイム制度、リモートワーク制度、高度プロフェッショナル制度などがありますが、これら全てを満たしているのは意外にもベンチャーだったりします。

    まず、残業時間については、人間関係がフラットであるため、上司に合わせて居残りをする必要がありません。

    また、成果主義なので、結果さえ出していれば残業をする必要はないところが多いです。

    逆に結果を出さないと大変かもしれませんが、スキルのない人がベンチャーに入るのは簡単ではないので、そこまでブラック労働をさせられることはないと思います。

    やりたくてやっているから

    ベンチャーで働く人の多くは、お金だけのためではなく、会社を成長させるためであったり、スキルを身につけるために仕事をしています。

    なので自ら残業をしている人もいますが、嫌々やっている人は少ないです。

    ベンチャーに入る時には、お金以外の目標を持っていると働きやすさを感じることができるでしょう。

    将来の大きなリターンが期待できるから

    ベンチャーは低賃金というイメージがありますが、ベンチャー企業の収入はどのくらいなのかでも書いたように、平均年齢の割には安くないと思います。

    また、ストックオプションという自社株のようなものを持たせてくれることもあり、会社が成長すればそれが大きな資産になります。

    ただ低賃金で働かされるのではなく、会社の成長と共に大きく収入が上がる可能性もあるので、長期的に見るとブラック労働ではないと思います。

    なぜベンチャー=ブラックというイメージがついたのか

    そもそもなぜベンチャーがブラックだと言われるようになったのでしょうか。

    理由は様々だと思いますが、だいたい以下の理由かなと思います。

  • やりたくてやっているのだが、労働時間は長い
  • 福利厚生が整っていない
  • ストックオプション制度が理解されていない
  • やりたくてやっているのだが、労働時間は長い

    スタートアップ期は特に労働時間が長い傾向にあるので、それがブラックだと思われる理由なのではないかと思います。

    ただおそらく働いている本人たちは、小学生の頃に一日中ゲームをやっていたような感覚で自ら働いていたのではないでしょうか。

    夢中になって働く人が多く、それで労働時間が長くなってしまったがために、側から見るとブラック労働に思えたのでしょう。

    福利厚生が整っていない

    ベンチャーには大企業のように住宅手当などの福利厚生が充実していません。

    この点については確かに大企業に比べると低賃金になってしまいます。

    ただ、会社の成長によっては大きく収入が上がりますし、福利厚生を捨ててでもやりたい事業だったということでしょう。

    今すぐに安定した収入といい暮らしを求めてベンチャーに入る人はいません。

    スキルアップや将来の目標のために働く人がほとんどですから、福利厚生がないのは仕方ないことかもしれません。

    ストックオプション制度が理解されていない

    ストックオプションというのは、多くの人にはなじみのない制度であるため、理解されていない現状があると思います。

    収入だけを見て判断をするため、ベンチャーは低賃金だと思うのでしょう。

    しかし、億万長者になる人は小さな会社を大きく成長させた人がほとんどですから、そこにはストックオプションという億万長者になれる可能性を秘めた制度があるということを知っておかないといけません。

    目先の賃金ではなく、将来の莫大な資産を目指している、ということが理解されないがためにベンチャーはブラックだと思われてしまうのかもしれません。

    ベンチャーは働きやすいです

    それなりのスキルを身につけた人なら、ベンチャーは働きやすいと思います。

    逆にスキルもなく、目標もない人にとってはただのブラック企業に見えてしまうと思います。

    なので、これからベンチャーでやっていきたいという人は、スキルを身につけ、将来の目標を持ちましょう。

    そうすれば働きやすい会社で働くことができ、将来的には億万長者になれるかもしれません。