君の名は。のハリウッド版の実写化決定!原作との違いなど

Share on:

日本時間2月25日に君の名は。のハリウッド版実写化が決定した。 厳密には元から決まっていたのだが、監督や脚本、大まかなストーリーなどが決まり、いよいよ現実となりそうだ。

監督はマーク・ウェブ

マークウェブという人はすごい人であり、過去には名作恋愛映画の500日のサマーやアメコミ映画のアメイジング・スパイダーマンの監督もしている。 恋愛もアクションもいける監督ということで、若干の恋愛要素と不思議な世界観を持つ「君の名は。」の実写化にふさわしい監督ではないだろうか。 紹介SF名作映画5選〜洋画編〜

制作会社は東宝とJ・J・エイブラムス

制作会社は日本からは東宝、アメリカからはパラマウント・ピクチャーズとJ・Jエイブラムスの製作会社バッド・ロボットが共同で進める。 J・Jエイブラムスは「スタートレック」や「スターウォーズ フォースの覚醒」などを手がけたSFプロデューサーである。 ということはSF色が強い作品になるのだろうか。

ストーリー

田舎の少女とシカゴの少年の体が入れ替わり、災害から救うために動き出す、という原作に沿った内容である。 ただ、時間の前後に関しては言及されていないため、どこまで原作に忠実に再現するのかはまだわからない。 日本の伝統のような口噛み酒や黄昏といった文化的な違いもどのように表現するのか楽しみである。

気になるキャストや公開日は未定

制作のスケジュールや公開日、キャストについてはまだ未定とのこと。 CMが打ち出されるのは1年前くらいからすると予想すると、これから公開日を決めたとして、2020年以降の公開日になるだろう。 さらには日本で同時上映されるかどうかもわからないため、少し遅れて2020年の夏頃の公開ではないだろうか。 いずれにしてもまだ情報が全て出ていないので、楽しみにゆっくり待とう。