Kindleと楽天koboと紙書籍の使い分けについてまとめる

電子書籍と紙書籍のどちらが良いのかについては度々話題になるところですが、電子書籍にも主にkindleと楽天koboが存在しているので、これらをどのように使い分けるのが一番良いのかをまとめることにしました。

本記事の内容は以下の通りです。

  • 電子書籍と紙書籍の比較
  • kindleとkoboの比較

紙書籍と電子書籍について

まずは紙書籍と電子書籍のメリット・デメリットについて確認していきます。

紙書籍のメリット

紙書籍の一番のメリットは安く買い、売ることができるということです。ただ、僕としては書籍は読み返すこともあると思うので、メリットは安く買うことができるの一点だけです。

ちなみに画面より紙の方が読みやすいという意見もありますが、最近では電子書籍も背景を変えたり、フォントを変えたりと読みやすくなっていますし、読みやすさは個人的見解になるのでメリットには含めません。

紙書籍のデメリット

紙書籍のデメリットは、持ち運びに困る。他人に何を読んでるかバレることです。

分厚い本を複数持ち歩くのは大変だし、社内でビジネス本や漫画を読むのは恥ずかしいですよね。
会社の昼休みに好きな漫画を読むならスマホで読むのではないでしょうか。

電子書籍のメリット

電子書籍のメリットは持ち運びに便利。社内のPCでも読める。暗いところでも読めることです。持ち運びに便利なのは、紙書籍のデメリットの逆ですね。

僕はPC作業の仕事なので、社内のPCに電子書籍アプリをダウンロードすることで、ちょっとした隙間時間にも本を読むことができます。
さらに、夜、ベッドの上で暗い中、本を読むこともできます。(推奨はしません)

電子書籍のデメリット

電子書籍のメリットは、基本定価での販売。貸し借りができないことです。利便性があるのは確かですが、それだけコストもかかります。

僕は紙書籍も売却をするつもりはないので、売ることでコストダウンをさせることはありませんが、貸し借りができないというのはデメリットです。
漫画はよく貸し借りをすると思うので、紙で持っておきたいという人もいるでしょう。

Kindleとkoboについて

紙書籍と電子書籍の比較を簡単に済ませたところで、Kindleとkoboのメリット・デメリットについてもまとめていきます。

Kindleのメリット

Kindleのメリットは、若干安い。Kindle Unlimitedが使える。Kindle White Paperが使いやすい。Amazonギフト券が使えることです。 価格を比較すると、Kindleの方が若干安くなっていることがあるような気がします。

Kindleには、Kindle Unlimitedという月額課金制の読み放題サービスがあり、雑誌や漫画も読むことができるのでおすすめです。
さらにKindle White PaperというKindle専用端末が使いやすいです。
何かともらえるAmazonギフト券でも本を買うことができる点もメリットです。

Kindleのデメリット

Kindleのデメリットは、ポイント還元率が低めということくらいですかね。

Amazonクレジットカードを作れば還元率は高まる(2.5%)のですが、楽天ポイントが現在常時6.5%還元になっているので、それに比べると少し劣ります。

koboのメリット

koboのメリットは、ポイント還元率が高い。クーポンが使えることです。楽天カードや楽天銀行を使っていれば、ポイント還元率は常に6%以上を維持することができる。(僕は6.5%を維持)

koboにはクーポンが付与されることが多く、5000円以上で20%引きなどのクーポンが基本常にある。
koboで本を買う時は、5000円以上まとめ買いするのがおすすめです。20%オフクーポンが使えるので、Kindleより安くなります。

koboのデメリット

koboのデメリットは、Kindle Unlimitedのような読み放題サービスがない、出版されていない本がたまにあることでです。

私はKindle Umlimitedに登録しているため、kobo一択にすることができません。もしkoboでも読み放題サービスが充実してきたら、koboに乗り換えることも考えられるのですが。。

Kindleで本を検索して、その後koboで検索をすると、koboだけに無い本がたまにあります。Kindleの方が品揃えが良いので、koboだとお目当ての本が見つからない可能性があります。

3媒体の使い分け

ざっと3媒体のメリット・デメリットを整理してみたが、どれもメリットがあるため、一つに絞ることはできなさそうだ。ではどのように使い分ければ良いだろうか。

自宅では紙媒体

自宅で読むなら紙媒体の重さが気にならないので、できるだけコストを抑えることができる紙媒体を選びます。(図書館で借りるのもあり)

紙媒体の購入先はブックオフやメルカリでもいいし、Amazonや楽天でも中古で安く売っているものもあります。
電子書籍化されていない本もあるので、そういった本を優先的に紙で購入し、自宅読書用にすると良いかもしれません。

スマホやPCで読むならkobo

外で読むときは紙の書籍は持たないようにします。スマホかPCで読むことになりますが、その際はkoboを利用します。

できればまとめ買いをしてクーポンを使いましょう。ポイントも多く還元されるので、お得に電子書籍を購入することができる。

漫画や読み放題対象はKindleで

電車の中ではスマホを使って読むことになりますが、漫画や雑誌などを読むのは難しいです。
そこで、漫画や雑誌を読むときはKindle White Paperを使いましょう。少し画面が大きくなるし、スマホよりも光の反射が少なくなって読みやすいです。

Kindle Unlimitedで面白そうな本があればそれもKindle White Paperで読みましょう。基本的にKindleで買うのは漫画か、Unlimited対象書籍のみということになります。

まとめ

今までずっとKindle一択で読んできたのですが、最近マニアックな本を読むようになると、電子書籍化されていないものも多いです。なので、紙媒体も利用することがあります。

紙媒体は楽天で購入していたのですが、ポイント還元率が高いので、電子書籍もほぼ楽天で購入しています。

人によってはAmazonクレジットカードをメインで使っていたり、Kindle White Paperを持っていたりすると思うので、そこは人それぞれ自分にあった使い方を見つけていただきたいです。

本記事を以下にまとめます。

  • 基本は楽天koboで電子書籍を購入する(まとめ買い)
  • 電子書籍化されていないものは、楽天ブックスで紙書籍を購入する
  • Kindle Unlimite対象書籍はKindleで読む

以上です。参考にどうぞ。

Kindle Unlimitedお申し込みはこちら