kintoとレンタカーはどっちが安くなるのか徹底比較してみた

kinto-rental
  • URLをコピーしました!

こんにちは。ケンジです。

今回はお金の話というか、車の話をしていきます。

車に乗る方法といえば、

  • 新車購入
  • 中古車購入
  • リース利用
  • レンタカー利用
  • カーシェア利用

などが考えられますが、車のサブスクサービスであるKINTOというサービスがあるのをご存知でしょうか。

KINTOを使えば、月額定額で新車に乗り放題になるサービスです。

今回は、KINTOとはどんなサービスなのかに触れた後、KINTOとレンタカーのどちらがお得なのか比較してみました。

レンタカーを使っているけど、そろそろ車がほしいなと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

KINTOとは

KINTOはトヨタの新車を毎月一定金額で借りることができる「車のサブスクリプションサービス」です。

KINTOを使うメリット

  • 税金、保険、メンテナンスなどの維持費がかからない
  • 手続きはスマホやPCで完結する
  • 全額を経費にできる
  • 納期がちょっと早い

このようなメリットがあります。

細かいことを気にせず新車に乗れるので、すぐに車が欲しい人におすすめです。

維持費はガソリンや駐車場代だけで済むので、細かい維持費のことはほとんど考える必要がありません。

車を購入すると、本体価格だけでなくいろんな金額が上乗せされてきますし、定期的に税金や保険の支払いがあるので、車は「金食い虫」とまで言われています。

KINTOなら明瞭会計なので、家計のプランが立てやすく、急な出費を心配する必要もありません。

KINTOを使うデメリット

  • 売ることはできない
  • 所有欲を満たすことはできない
  • カスタマイズができない
  • 契約によっては解約時に解約金が発生する
  • セールスバリューを考えると購入より割高になる
  • 中古車よりは割高

KINTOはあくまで借りているだけなので、車を売ることはできませんし、「この車を持っているぞ」という所有欲を満たすこともできません。

大きなカスタマイズもできないので、いろいろ車をいじってやりたい人にはおすすめできません。

また、KINTOの契約は3年や5年などの期間を指定しているので、期間内での解約時は解約金がかかったり、逆に、5年以上乗りたくても手放さないといけなかったりします。

途中解約する可能性がある場合は、「解約金フリープラン」を検討しましょう。

車を売ることができないので、車を買って売った差額よりは割高になることが多いです。

車を300万円で買って、100万円で買ったら、200万円を支払ったことになります。

このような車をKINTOで借りると、200万円以上はするので、結果的にKINTOの方が割高になるのです。

「じゃあ新車の方がいいじゃん」と思うかもしれませんが、僕がKINTOをおすすめするのは個人事業主や法人で車を保有したい場合です。

新車にこだわらず、中古車でも充分な人は、中古車を購入するのが一番割安です。

ただ、2020年に発売されたヤリスクロスのように、まだ中古車が出回っていない車種もありますので、新しいクルマに乗りたい人は、新車とKINTOを比較することになります。

KINTOをおすすめする人

  • 個人事業主
  • 法人の社長
  • 面倒な手続きをしたくない人

個人事業主と法人でKINTOを契約した場合、全額を経費にすることができます。

もちろん、事業として車を使うことが前提ですから、個人利用のためにKINTOを契約しても経費にはできませんよ。

まあ、だいたい車は経費にできてしまうのですが、、気になる人は税理士と相談してみましょう。

車を購入する場合、本体価格を減価償却で経費を割り出す必要がありますし、税金や保険は経費にならないはずです。

なので、車を購入する費用は、

「本体価格+税金(車両)や保険-経費にして浮いた分の税金(一部)-売却価格」

となります。

KINTOで車を保有する費用は、

「毎月KINTOに支払う金額-経費にして浮いた分の税金」

のみです。

経費にして浮いた分の税金はKINTOの方が多くなるので、購入した方が割安なのかどうかは、所得に対して、車の支出分をどれだけ経費にできたかに関わってきます。

⭕  面倒な手続きをしたくない人はKINTO一択

車は購入時や購入した後もいろんな手続きやら支払いが続くので、めちゃくちゃ面倒です。

定期点検や車検で車を使えない期間もあります。(もちろん代車がありますよ)

こういった面倒な手続きをお金を払ってでも省略したい人は、KINTO一択です。

レンタカーとは

レンタカーについては説明する必要はないかもしれませんが、「ニッポンレンタカー」とか「トヨタレンタカー」などのレンタカー屋さんで時間単位で車を借りられるサービスです。

似たようなサービスにカーシェアもありますが、カーシェアとレンタカーでは料金形態が少し違います。

レンタカーのメリット

  • 車を使わなければ費用がかからない
  • いろんな車種に乗ることができる
  • 自宅に駐車場が無くても車を使える

当たり前なんですが、車をほとんど使わない人は、レンタカーを使わなければいいので支出はゼロです。

たまに旅行で使うくらいならレンタカーを使うのが最も割安になります。

また、車種のグレードを選ぶことができるので、「たまには高級車に乗りたい」とか「ホンダ車がいいな」など、その日の気分や用途に合わせて車種を変えることができます。

都心に住んでいる人やマンションの住んでいる人など、自宅に駐車場がない人でも車を使えるので、車を保有できないけど、車に乗りたい人にメリットがあります。

レンタカーのデメリット

  • 基本中古車になる
  • 細かい車種までは選べない
  • 時間制限がある
  • 補償のためにオプション料金がかかる
  • レンタカー屋さんまで行かないといけない

上記のようなデメリットもあります。

レンタカー屋で扱う車は基本的に中古車なので、新車に乗りたい人にはおすすめしません。

また、車種を選べるのはメーカーとグレードまでなので、例えばフィットに乗りたいと思っていても、アクアを渡されることがあります。

もし渋滞で決められた時間に返却できなかった場合、24時間やっているレンタカー屋さんなら延滞料金を支払えばいいだけですが、夜に閉まってしまう営業所だと、次の日まで借りたままになるので延滞料金がとんでもないことになります。

深夜に返却ができなかったりするのがちょっと大変ですね。

レンタカーには補償が付いているのですが、もっとちゃんとした補償を付けたい場合は、追加オプションが必要になります。

知っている土地なら付けないとか、知らない土地や雪道、山道を走るときは付けるなど柔軟にオプションを追加しましょう。

自宅から大きな荷物を車に積みたいときは、レンタカー屋さんで車を借りて、一度自宅まで戻ってきて再出発しないといけません。

自宅付近にレンタカー屋さんがあればいいのですが、遠い場合は毎回歩いて取りに行くのは大変です。

レンタカーをおすすめする人

  • 自宅に駐車場がない
  • ほとんど車に乗らない
  • いろんな車を試してみたい

自宅に駐車場がない人は、レンタカーやカーシェアしか選択肢が無くなります。

近くの月極駐車場を借りてまで車を保有する必要が無ければ、レンタカーがおすすめです。

駐車場のない家に住んでいる人なら車で通勤するようなことは無いはずですから、車に乗る頻度も低いと思います。

それなら車をわざわざ保有せずにレンタカーを使ったほうがいいでしょう。

また、車の車種にこだわりが無かったり、いろんな車に乗ってみてから欲しいクルマを決めたい人にもレンタカーがおすすめです。

ニッポンレンタカーなど、車メーカーではないレンタカー屋さんなら、車種だけでなくメーカーも取り揃っているので、近くにレンタカー屋さんがあるか調べてみましょう。

KINTOとレンタカーの比較

それでは、KINTOとレンタカーの比較をします。

前提条件を以下のように定めます。

  • KINTOは月額3万円
  • レンタカーは24時間7000円
  • 駐車場代は月1万円
  • ガソリン代は同じになるから比較しない
  • 車に乗る頻度別に比較していく

週に1回、24時間乗る場合

毎週末キャンプに行ったり、スノボや釣りなどで車を使うようなパターンです。

平日は電車で出勤をしているサラリーマンが想定されます。

KINTOは使用頻度に関わらず、月額3万円+駐車場1万円の合計で4万円です。

⭕  レンタカー代

7000円✕4=21000円

となり、明らかにレンタカー代の方が安いですね。

週に2回、48時間乗る場合

土日の両方とも車を使う場合や、平日に仕事などで2日くらいは車に乗る場合が想定されます。

⭕  レンタカー代

7000円✕8=56000円

となり、レンタカー代の方が高くなります。

結論: 週に1回以下ならレンタカーがお得

単純な計算しかしてませんが、週に1回乗るか乗らないか、、くらいならレンタカーで充分です。

ただ、レンタカーのデメリットである、

  • 基本中古車になる
  • 細かい車種までは選べない
  • 時間制限がある
  • 補償のためにオプション料金がかかる
  • レンタカー屋さんまで行かないといけない

を加味して、

  • 新車がいい
  • 毎回同じ車がいい
  • 時間を気にせず車に乗りたい
  • 荷物を楽に運びたい

といった要望も考えておきましょう。

まとめ: KINTOは使い方次第でメリットがある

KINTOを使うかどうかを考えるときに比較対象に挙げられるのが、新車の購入です。

しかし、レンタカーやカーシェア、中古車購入と比較している記事がほとんど無かったので、今回はKINTOとレンタカーの比較をしてみました。

何となく分かっていたことですが、KINTOの方が購入に近い分、乗る頻度が高ければ高いほどKINTOの方がお得になります。

1つ気をつけておくべきは、KINTOには月に1500kmしか乗れないという制限がある点です。

普通に乗る分には1500kmを超えることは無いと思いますが、本州横断旅行とか、頻繁に車旅行をするなら購入するか、レンタカーが良いと思います。

KINTOとリースの違いについても、他の記事で結構触れられていたので、そちらを参考にしながら、

  • 新車購入
  • 中古車購入
  • KINTO利用
  • リース利用
  • レンタカー利用
  • カーシェア利用

のどれが一番良いか、検討してみてください。

それでは!

⭕  KINTOとリースの違いについて

https://magazine.kinto-jp.com/column/201912-003.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次