禁欲の極意を伝授する

 リモートワークをしていると、ついYoutubeやツイッターを見てしまいます。僕もなかなかSNSを断ち切れずにサボってしまってます。  
 リモートワークが普及してきていますが、多くの人はインターネットという誘惑に耐えきれずにサボっていることでしょう。なので、僕が禁欲の極意を伝授します。禁欲に大切なのは強制力と妥協です。

SNSを閲覧できないようにする

 Chromeブラウザを使っている人は、site blockを使ってみましょう。このアプリじゃなくてもサイトブロックで検索すればいくつも出てくるので、きにいったもの、評価が高いものを使えばいいと思います。

 僕はこのサイトブロックアプリを使って、YoutubeとTwitterをブロックしています。これで仕事中にPCでYoutubeとTwitterができなくなります。

スマホのアプリを削除する

 リモートワーク中はずっと家にいるので、スマホはほとんど使わなくても生活できます。なので、スマホは電源を切ってしまうか、SNSアプリを削除してしまいましょう。僕もメインのスマホからはYoutubeとTwitterをアンインストールしました。  
 ブラウザからはアクセスできてしまうのですが、そこまでするのは面倒くさいので、いい感じに禁欲できています。

 前に使っていたスマホにはYoutubeもTwitterも入っているので、それを使えばアクセスできてしまうのですが、LINEが使えなくなるので、頻繁には使いません。

 メインのスマホではLINEしかできず、サブのスマホではYoutubeとTwitterしかできない状態にしてあるので、どちらを使うにも面倒くさいという状況を作り出しています。サブのスマホが無いという人は、アプリを消して、YoutubeとTwitterを使いたい時は、ブラウザから使うようにするだけでも面倒くささがアップします。

音楽やラジオで気を紛らわす

 リモートワーク中は音楽やラジオを自由に流せると思います。これらの音だけの娯楽なら仕事に支障が出にくいのでおすすめです。僕もこのブログを「サンボマスター」を聴きながら書いています。

 動画や文章だと仕事に使うべき視力を取られてしまうので、ついサボりたくなってしまう人は、音楽やラジオを垂れ流しにしておきましょう。歌いながらでも仕事はできるはずです。

成果主義に変える

 監視する人がいないので、サボってしまうと思うのですが、やはり何かしらの成果を残さないと、「こいつ、仕事してないな。」と思われてしまいます。そうならないためにも、成果主義の仕事だと思いこみましょう。

 午前中に今日やる仕事を終わらせてしまえば、あとは自由にしてていいんです。会社としては、それならと午後も仕事をやってほしいと思いますが、クビにならない程度に成果を残しましょう。リモートワーク中は出世のための仕事を頑張っても、ほとんどの会社では報われないと思います。頑張っている姿を見せることができないからです。

 それならば、現状維持ができる程度に仕事をやって、余った時間で禁欲から開放されてもいいと思います。一種の妥協です。

副業を頑張ってみる

 YoutubeやTwitterはほとんどの場合、生産的ではありません。どうせサボるなら生産的なことをしてみてはいかがでしょうか。  
 例えば、本を読むとか、副業をするなどです。先ほど、出世のために評価されるのは難しいと書きましたが、それなら、出世する分の給料を副業で稼いでしまいましょう。必要は知識を身につけてしまいましょう。

 家にいるので、料理を頑張ってもいいと思いますし、株式市場に張り付いてもいいと思います。仕事で最低限クビにならない程度の成果を残しつつ、余った時間でもうちょっとお金を稼いでしまいましょう。

完全に禁止するのは難しい

 僕は今、Youtubeなどのインターネット禁欲の他に、ダイエットのための糖質制限も行っています。正直、これらの禁欲を同時に100%行うのは無理です。どうしても、我慢ができなくなってしまいます。

 大半の人は僕みたいに欲に負けてしまうと思いますから、100%を目指すのではなく、70%くらいを目指して、のんびり禁欲を達成していけばいいと思います。