知識こそが最強の資産になるんだ

Share on:

 コロナショックの影響で、金融資産が暴落しています。株や債権などを持っていた人はとても大変な思いをしているはずです。
 地震や洪水があったときは、不動産投資家が大変厳しい思いをしたのではないかと思われます。株や不動産は資産となり、投資家として生きていく道を与えてくれますが、不景気に耐えられるだけの盤石な資産を持っていないと、あっという間に転落してしまいます。

 どんな時でも変わらない資産こそが「知識」です。ユダヤ人もそう言っていて、教育に力を入れる文化があるそうです。僕は最近まで、知識をある程度身につけたら、物の資産を作ったほうがいいと思っていました。例えば、読書を10冊したら、それでブログを書いて収益化する、みたいな感じです。もちろん、知識をお金にするのは間違っていないと思いますが、もっとインプットの割合を高める必要があると思うのです。

 過去にどんなウイルスが流行り、その時人はどのような行動を取ったか、不景気に経営者はどうやって生き残ったか。すべて学ぶ必要があります。これは、リーマンショックあたりのことだけを学んでいても全く足りず、世界中の戦争や革命、飢饉といった不景気の時代を学び、そこで生まれた共通点こそが真の知識になります。

 歴史から学ぶだけでなく、科学やアート、文化などあらゆる教養から生き抜く力を学ぶことができます。そのためには、資産を作って収益化する前に、しながらでもインプットの習慣を欠かさないことが大切です。

読書で知識を身につける

 社会人になると勉強や読書をしなくなると言いますが、読書だけは続けるべきだと思います。本というのは、作者が必死に調べ、考え抜いた傑作です。それがたった2000円ほどで読むことができるのです。Youtubeなどで無料で学ぶこともできますが、Youtubeの動画作成時間はせいぜい3日ほどで、内容は薄っぺらくなってしまいます。
 
 渾身の力がこもっている良書を読むことで、資産となりうる知識が身につき、お金を稼ぐ以上に価値のあるものを得ることができ、不景気や運、環境に左右されない強い基礎を築くことができるようになります。

いろいろ無料になってます

 いろんな本が無料になってますが、僕のおすすめは三国志です。三国志の漫画が無料になっているので、僕も仕事そっちのけで読みまくっています。
 期間限定なのでお早めに。

https://ebookjapan.yahoo.co.jp/free/content/103753/