【漫画】クロカン

Share on:

クロカンという野球漫画を読みました。

作者は「ドラゴン桜」や「インベスター Z」でおなじみ、三田紀房さんです。彼の作品は教育系の物が多く、クロカンも野球監督が主人公という野球漫画にしては珍しい設定です。

野球で最も大切なのは精神力

クロカンは熱血で、データよりも、選手たちの精神力を重視します。周りの監督たちは野球の常識に当てはめてクロカンを倒しにきますが、最後の一歩が及ばず、クロカンが勝利することが多いです。

選手の周りでは様々な事件が起こり、試合をする雰囲気ではないことも多々あるのですが、それもクロカンは独自の理論で乗り越えていきます。

僕も高校までがっつり野球をやっていたので、理解できるのですが、野球は精神力が全てです。相手が甲子園常連校だと、試合をする前から負けています。たまに、強豪校がよくわからない高校に負けることがありますが、これは弱い高校側の選手たちが、精神力では負けていなかったからだと思います。

野球はボールを手放す瞬間、バットを振る瞬間など、ほんの一瞬のズレがミスにつながります。野球経験者でない人がキャッチボールをすると、相手の胸に届かせることがいかに難しいかがわかるでしょう。相手の胸に投げられないと、試合になりませんから、野球を成り立たせるためには、一瞬のミスも許されないのです。

監督はどっしりと構える

試合に負けているときなんかに、監督が慌ててしまうと、勝てません。監督は常にどっしりと構えて、冷静でいないといけません。

クロカンは、試合中常に相手の監督を見ていて、試合の動きを予測しています。

僕の経験でもあるのですが、選手は相手のベンチを見ることはあまりないですし、ましてや監督の表情まで見て、試合の流れを把握することはありません。もしここまでできる選手だったら、試合運びがもっと楽になったと思います。

野球の監督をした経験はないのですが、監督がどのように選手を育て、試合に臨むのか、これから子供の野球に付き合うことになり、監督をする機会があるかもしれないパパさんは必読です。

選手たちが決める

思えば、高校生の頃までは、監督の言うことが全てだと思っていて、反抗したことはありませんでした。今だったら、練習をする意味だとか、起用法を自分たちで考えようと思いますが、当時はそんな余裕はなかったんですね。

クロカンはどんなときでも選手自身に決めさせています。まず、練習をするためにはお金を払わないといけません。監督の教えはいくらの価値があるのかを自分たちで考えるのです。そうすることで、教えてもらったことには価値が生まれます。「こんなの意味ないや」と思って練習をするのとでは、大きな差が生まれるでしょう。

仕事でも、何でも、自分たちで決めるというのはとても大切だと思います。学校を普通に出た人は、先生の教えが絶対だと考え、仕事でも上司の言うことが絶対だと考えます。しかし、そこに疑問を持ち、常識って本当に正しいのか?と問うことが大事です。

僕も高校生の頃に、自分で考える人になれたらよかったのにを思っています。

まとめ

Kindel unlimited で全 27 巻読むことができます。1 ヶ月 980 円(キャンペーン中ならもっと安い)なので、お得です。