LINEの通知をオフにするメリットについて

Share on:

みなさんはLINEの通知はオフにしているだろうか。
私はかれこれ1年くらいはずっとオフのままだ。
基本的にはこれで問題ない。
ということで突然だが、LINEの通知をオフにするメリットについて語っていこうと思う。

LINEの通知をオフにするメリット

  • 目障りにならない
  • すぐに返さないといけないというプレッシャーから解放される
  • 通知による浮気バレ防止

目障りにならない

LINEの通知が来ると、今やっている作業(勉強とか仕事とか)の集中力が削がれてしまう。
スマホを見ないようにしていても、ロック画面が緑色に光ればつい見てしまうものなのだ。
通知をオフにすることで、そうした集中力の分散を防ぐことができる。
仕事中にスマホを持ち出している人や勉強中にスマホで音楽を聴いている人はまずLINEの通知をオフにすることをおすすめする。
LINEの通知に気づかないと不安になるという声もあると思うが、その対処法や考え方については後述するつもりだ。

すぐに返さないといけないというプレッシャーから解放される

特に恋愛において、未読無視や既読無視というワードが非常に重要になってきている。
それほどLINEは重要なコミュニケーションツールになっているのだが、返信のタイミングというのは気になるところである。
あまり早く返しすぎてもガツガツしていると思われるし、遅すぎても他の人に取られてしまうかもしれない。
ここでは恋愛講座を開くつもりはないが、解決策の一つとして、メッセージが来たことに気づかないようにする。という方法があるのだ。
それが、このLINEの通知をオフにするということであり、たとえメッセージが来てもすぐには気づかない。
そしてこちらのタイミングでLINEを開き、メッセージが来ていたら返すのだ。
そうすることで、ちょうどよい返信タイミングになると思われる。
通知をオフにしておくことで、すぐに返さないといけないというプレッシャーから解放されるのだ。

通知による浮気バレ防止

LINEの通知というのは、無差別にロック画面に表示されるようになっている。
そうなると、当然浮気相手とメッセージをしているところを彼女や奥さんに見られるリスクがあるということだ。
メッセージの内容をオフにすることはできるし、「新着のメッセージが1件あります。」という表示にすることもできるが、怪しまれる可能性は高くなる。
LINEの通知をオフにしておけば、こちらのタイミング(彼女や奥さんがいないタイミング)でLINEを確認することができるので、バレる可能性は低くなる。
浮気が良い悪いは置いといて、他人にメッセージをしているところがバレてしまうというリスクを最小限に抑えるためにも、LINEの通知はオフにしておいた方がよいということだ。

LINEの通知に気づかないと不安になってしまう

LINEの通知をオフにしない理由として、通知に気づかないと不安になるということが上げられる。
この点に関しては全く問題ない。
なぜなら、本当に重要なメッセージは来ないからだ。
LINEに重要なメッセージは来ない。
これは1年間通知をオフにしてきた経験から言っているからほぼ合っている。
だが、まれに重要なメッセージが来ることもあるのも事実だ。
その対処方法についても紹介する。

重要なメッセージに対処する方法

重要なメッセージに対処する方法は他のサービスでメッセージを受け取ることである。
LINEで数日返信がないと思われたら、おそらくその人は焦るだろう。
そして他のサービス(FacebookやTwitter、SMSなど)で連絡をしてくるはずである。
LINEしか知らない?
その程度の関係の人からは重要なメッセージは来ないから安心していい。
つまり、LINEの通知はオフにしておき、FacebookやTwitterのDM、SMSなどの通知はオンにしておけば重要なメッセージだけは瞬時に受け取ることができるわけだ。
実際に中学校の同窓会の連絡がLINEに来ていたことがあり、全然気づかなかった際、Facebookからメッセージが来たことがある。
確かに同窓会の出欠確認は重要だし、連絡が途絶えていたら焦るだろう。
そしてやはりFacebook経由で連絡してきたのである。
LINEは日々の生活で一番使われるメッセージサービスだろう。
だからこそ重要でないメッセージも多くなってしまい、人々の集中力を奪う原因にもなっている。
そのLINEをオフにし、普段使わないようなサービスで重要なメッセージを受け取れるようにしておくことで、LINE通知のデメリットを解消することができるわけだ。
これはLINEだけに限らず、Gmailやよく使うアプリに関しても言えることである。
本当にすぐに確認しなければいけないことだけを通知にしておき、重要でない通知は可能な限りオフにしておく。
そうすることで、もっと有意義な時間の使い方ができるはずである。