最小限の物だけで暮らす

Share on:

2020年11月に今の家に引っ越してきて、ちょっと部屋も広くなったので、ソファとかベッドとかを買ったのだが、物が多くなったと感じるようになった。

あれば便利だけど、無くても困らない物が結構ある。

どんどん捨てていきたい。

最小限必要な物

生活する上で、最小限必要は物は以下。

  • 衣服
  • リュック
  • コップ
  • お皿
  • 調味料
  • フライパン
  • テーブル
  • 布団
  • トイレットペーパー
  • 石鹸類

これ以外は不要だ。

不要な物

不要だと感じた物は以下。

  • モニター
  • キーボード
  • マウス
  • ギター
  • テレビ
  • ソファ
  • 食器類(必要以上分)
  • 衣服(必要以上分)
  • 椅子(必要以上分)

これらは今持っているし、使っているけど、無くても生活できる。

ホテル生活をしてみる

すぐに物を捨てるのは抵抗があるから、エアビーなどを使って、しばらく民泊をしてみるとする。

そうすれば、最小限の荷物で事足りるし、もし必要は物があれば、家に帰ればいい。

自宅の近くで民泊することで、ミニマルな生活を体験することができる。

ミニマルな生活をすれば、物を探したり、引っ越しにお金をかけたりすることなく、気持ちが楽になりそうだ。

流行りのミニマリストはやりすぎかも

ミニマリストが流行っているが、あれはやりすぎだと思う。

あそこまで物を減らしてしまうと、生活に不便が生じて、時間と労力を使うことになってしまう。

まあ、ビジネスミニマリストならそれでいいんだが、生活の便利さと快適さのバランスを取るなら、ほどよく物を減らして、スッキリとした空間を作るくらいで良いと思う。