引っ越しをするベストタイミングについて考える

年末年始は引っ越しで忙しいという人もいるかもしれません。
年明けから異動だったり、年末年始に合わせて退職をして有給消化をしている人が多くなりますからね。

僕も、2年前の年末に大手IT企業を退職し、独身寮から普通の賃貸へ引っ越しをしました。

異動による引っ越しはほぼ強制的に起こるイベントなので避けることができませんが、おそらく引っ越し手当が出るので、少々お金がかかっても問題ないと思います。

異動以外の理由で引っ越しをする人にとっては、引っ越しはお金のかかる大イベントになるはずです。
なので今回は、引っ越しをするベストタイミングについて考えてみました。

引っ越しをするベストな時期

引っ越しをするべき時期は、閑散期です。
閑散期は、5月〜7月、10月〜11月あたりでしょうか。

新たな生活がスタートする3月、4月はハイシーズンですし、長期休暇がある8月、9月、12月、1月あたりもハイシーズンになるでしょう。

引っ越しと旅行のハイシーズンはほぼ被ってるので、航空券が高い時期を避けるようにしておけば、引っ越しのハイシーズンも避けられるでしょう。

理由別で考える引っ越し時期

やむを得ず引っ越しをすることになる人もいると思うので、理由別に引っ越し時期を考えます。

転職

例えば、東京から福岡に転職するから引っ越すという場合ですね。

この場合は、ハイシーズンを避けるべきではあるのですが、退職をする時期から逆算するべきでしょう。

多くの企業では7月と12月にボーナスがもらえるので、ボーナスをもらった直後に退職をして、そのまま閑散期に引っ越しをするのがベストタイミングといえます。

そう考えると、辞める時期としては、7月にボーナスをもらった直後がベストです。
7月にボーナスをもらい、有給消化をしながら引っ越しを済ませ、7月末で退職をしましょう。

8月のお盆の時期に入ってしまうと引越し業者が高くなったり、その時期に合わせて引っ越しをする人も増えてきますので、7月中には引っ越しを済ませられるように準備しておきましょう。

同棲や別れ

同棲をスタートするから引っ越す人や、同棲していた、もしくは結婚していたけど別れるから引っ越す人。

こういった人たちも時期を決められないかもしれませんが、ある程度はコントロールできるはずです。

いきなり別れを告げられないようにがんばりながら、最適な時期に引っ越しましょう。

もし転職もしたいという人は、転職と同じく7月に同棲を開始しましょう。

別れたい場合は、4月に他の出会いを見つけて5月にするか、クリスマスに向けて次の出会いを探すために11月にしましょう。

タイミングは人それぞれなのですが、3月に別れて次の家を探すというのは高く付くので、あと2ヶ月くらい我慢して、5月以降に別れた方がいいです。

気分転換

気分転換くらいなら閑散期に合わせるのは絶対です。

無理にハイシーズンに引っ越しはしないように。

引っ越しをするにあたっては、毎日のように新着物件を調べて、埋まらないうちに問い合わせを入れる必要があるので、前もって準備をしておきましょう。

7月になってから準備を始めたのでは、すぐに8月、9月に巻き込まれてしまいますので、1,2ヶ月前くらいから物件検索をしておくといいでしょう。

まとめ

引っ越しのベストタイミングは以下です。

  • 5月〜7月
  • 10月〜11月

場合によっては、1月〜2月も行けると思います。
家賃相場を見比べながら判断しましょう。