エンジニアになるために資格は必要なのか【基本必要なし】

資格があればエンジニア就職に有利になるのでしょうか。

また、資格を取れば年収が上がるのではないかと思っています。

結論から言うと、資格は一切必要ありません

どれだけ勉強してどんな知識があるかよりも、何を作ることができるのかの方が重要です。

未経験の人が、実績をアピールするためにはポートフォリオを作るべきです。

なぜエンジニア転職において資格が必要ないのかについて解説していきます。

資格が不要である理由

資格が不要である理由は以下の通りです。

  • 転職時に資格について聞かれたことがないから

  • 見られるのは職務経歴とポートフォリオであるから

  • 資格の内容が明確ではないから

それでは、1つずつ解説していきます。

転職時に資格について聞かれたことがないから

これは僕の実体験なのですが、ベンチャー企業に転職をするときに資格について聞かれたことは1回もありません。

一応資格の欄には持っている資格を書いておいたのですが、そこには一切触れられませんでした。

新卒の就活と違って、志望動機や強み・弱みみたいなことについても聞かれません。
ベンチャーが求めているのは、WEBサービスを作れる人であるので、WEBサービスが作れることさえアピールできれば転職は成功するというわけです。

WEBサービスが作れることをアピールするにはポートフォリオを作るのが一番ですが、ポートフォリオの作り方がわからない人は、ポートフォリオとは?作り方についても解説しますを参考にしてみましょう。

見られるのは職務経歴とポートフォリオであるから

面接時に聞かれるのは、「職務経歴とポートフォリオのみ」です。

資格だって知識を身につけるのにあって困らないというのは、確かにそうなのですが、資格を取得するための勉強時間があまり効率的ではないです。

資格の勉強をする時間を、自分でWEBサービスを作る時間にあてたほうが、転職時のアピール材料を作るためには効率的です。

スキル=資格ではないということは理解しておきましょう。

資格の内容が明確ではないから

例えば数%しか受からないすごい資格を持っていたとしましょう。

しかしその資格を面接でアピールしても、その凄さを面接担当者が知っているとは限りません。

また、もしかしたらその資格が昔はとても簡単なものだったかもしれません。

IT技術は進化のスピードが速いので、その資格がどの程度のレベルで、その資格を持っているとどんな知識があるのかがわかりにくいのです。

そのため、資格を取ったことにより効果は薄いと考えられます。

知識を学んだらすぐに実務経験に移る

これからエンジニアになろうとしている人は、知識を身につけたらすぐに実務経験を積むことを意識しましょう。

知識の身につけ方は、【初心者向け】プログラミングを独学するためのおすすめサイト5選が役に立つかと思います。

資格を取得するほど知識を深める必要はなく、実務経験を積むうちに必要なスキルを付け足していけば、無駄を省いた知識を身につけることができます。

実務経験をアピールするためにポートフォリオを作る

すでに何度か書いていますが、未経験エンジニアが実務経験を積むためにはポートフォリオを作ることが必須です。

ポートフォリオは、「わたしが仕事をしたらこんなものを作ることができます」とアピールするものです。

自分でWEBサービスを作っていくうちに足りない知識が出てきて、学びながら作ることになるでしょう。

そうすると、資格の勉強とは違った実践的な知識が身につくのです。

実績のないエンジニアは、ポートフォリオを充実させることを第一優先にしましょう。

人気記事 【元講師が推薦】プログラミングスクールのおすすめ3選