新しくなったKyashカードはどのくらいお得なのか

2020年4月から、Kyashカードが新しくなりました。Kyashカードは、複数のクレジットカードをまとめて管理したり、送金をすることができる便利なカードです。

Kyashは元々、発行手数料無料で2%還元だったのですが、それが1%に変わり、2020年4月からは「Kyash Card Lite」という種類になり、0.5%還元になってしまいました。発行手数料も300円かかります。

さらに新しくICチップが搭載されたKyashカードが登場しました。こちらは、還元率1%、発行手数料900円です。「Kyash Card Lite」よりは還元率が高いですが、当初の発行手数料無料で2%還元に比べると見劣りしますね。。

発行手数料を取り戻せるだけの還元を獲得すれば、Kyashはお得になります。どのくらい使えばお得になるのでしょうか。

Kyash Card Liteは還元率0.5%で発行手数料300円

Kyash Card LiteはICチップが搭載されていないタイプのカードで、還元率0.5%、発行手数料300円です。発行手数料は、カードが更新される5年に一回かかります。

Kyash Card Liteがお得になるポイントは、5年以内に60000円分を使うことです。Kyash Card Liteは複数のクレジットカードを登録して、好きな時に切り替えて使うことができるので、普段使っているクレジットカードを登録しておけば60000円は簡単に達成できると思います。

ただ、5年もすればサービスの内容が変わっていると思うので、5年後に60000円使えば元が取れるのかどうかはわかりません。(最初は2%還元でしたからね。)

新Kyashは還元率1%で発行手数料900円

新Kyashは、還元率1%で発行手数料900円です。発行手数料はKyash Card Liteと同様に、カードが更新される5年に一回かかります。

新Kyashがお得になるポイントは、5年以内に90000円分を使うことです。「Kyash Card Liteより損益分岐点が高くなっているじゃあないか」と思うかもしれません。今の検証は、Kyashを使わなかった場合と比較してお得になるポイントを調べました。

それでは、Kyash Card Liteに比べて、新Kyashがお得になるポイントを調べてみましょう。

Kyash Card Liteに比べて、新Kyashがお得になるポイント

  • Kyash Card Lite: 還元率0.5%、発行手数料300円
  • 新Kyash: 還元率1%、発行手数料900円

それぞれの差は、還元率0.5%、発行手数料600円です。Kyash Card Liteに比べて、新Kyashがお得になるポイントは、120000円です。

まとめると、5年間でのクレジットカード利用額が

  • 0円〜60000円ならKyashを使わない。
  • 60001円〜180000円ならKyash Card Lite
  • 180001円以上なら新Kyash

となります。

既にKyash Card Liteを持っている人は、新Kyashにするべきか

既にKyash Card Liteを持っている人は、発行手数料がかかりません。仮に、Kyash Card Liteを保有して2年が経過したとしましょう。3年後の更新時に発行手数料を払う必要があります。

この場合、Kyash Card Liteと新Kyashの差は、還元率0.5%、発行手数料900円です。Kyash Card Liteに比べて、新Kyashがお得になるポイントは、180000円です。

まとめると、3年間でのクレジットカード利用額が

  • 0円〜60000円ならKyashを使わない。
  • 60001円〜240000円ならKyash Card Lite
  • 240001円以上なら新Kyash

となります。

既にKyash Card Liteを持っていても、3年間で24万円をクレジット払いするなら、変えた方がお得になります。ほとんどの人が24万円を1年間で使うと思うので、基本的には新Kyashにした方がお得ですね。

Kyashを使う時の注意点

使えないことがある

Kyashはあくまで擬似的なクレジットカードなので、通販サイトやお店によっては使えない場合があります。使えない場合に備えて1つクレジットカードを呼びで持っておかないといけないので、カード枚数を完全に1つにまとめることはできません。

クレジットカード特有のポイントがつかない

Kyashを使うと、クレジットカードのポイントが少なくなる可能性があります。例えば、楽天カードを楽天市場で使えば、2倍以上のポイントが付くとしても、楽天カードを登録したKyashを使った場合、1倍のみです。楽天市場を使う時は楽天カード、Amazonを使う時はAmazonカードを使わないと、クレジットカード特有のポイント還元を受けることができません。

楽天ペイなどのQRコード決済時はポイントがつかない

新Kyashから、楽天ペイで支払いをしたときにポイントがつかなくなりました。

「楽天ペイ→Kyash→クレジットカード」のポイント3重取りができなくなっています。

※クイックペイなら、ポイント還元されます。

ポイント還元に上限がある

月あたり100万円以上Kyashを使うと、再度発行手数料を払わないといけなくなりました。月100万円を使う人は少ないと思いますが、複数のクレジットカードを使っていると、急な出費などで100万円以上使ってしまうこともあるかもしれません。その場合、300円、または900円の発行手数料を支払う必要があります。

改悪されたけど、まだまだお得感はある

初期Kyashの2%還元に比べるとかなり改悪されてしまいましたが、それでも使わないよりはお得です。

送金やクレジットの管理用としても有効ですね。

Kyashの申し込み