仮想通貨に突っ込むべきではない理由

Share on:

インドで仮想通貨を禁止するニュースがありました。

インド、仮想通貨を禁止する法律提案へ=政府関係者

中国も仮想通貨の取引を禁止しています。仮想通貨が大きくなると、各国の金融機関が危うくなるため、規制をしていると思われますが、イノベーションを阻害してしまうのは、大変もったいないことだと思っています。

さて、昨今は仮想通貨が爆上がりしているので、私も仮想通貨について学び直していますが、結論から言うと、仮想通貨をメインの投資先にするべきではないと思っています。

仮想通貨に突っ込むべきではない理由

仮想通貨に突っ込むべきではない理由を以下のように考えています。

  1. 中国、インドという大きな国が禁止している

  2. 日本だと税率が高い

  3. 上がる根拠を調べるのが非常に難しい

中国、インドという大きな国が禁止している

中国とインドは人口が非常に多い国ですから、そこに住む20億人以上が仮想通貨取引に参加できないというのは、ネックになります。

例えば、ビットコインは、発行上限が決まっていて、それを多くの人が欲しがるから価値が上がります。既に20億人が仮想通貨市場から退場してしまっていることを考えると、ビットコインが大幅な値上がりをするためには、インドと中国の規制が解除されなければならないでしょう。

また、これらの大きな国が仮想通貨を規制したとなると、他の国も同じように規制をかける可能性だって十分にあります。

各国が規制する前に、仮想通貨は安全かつ有効利用できることを示さなければなりませんが、規制をかけるスピードの方が早いと思います。

日本だと税率が高い

日本で仮想通貨を買ったり売ったりして利益を得ると、雑所得として計上されます。これは、給与所得と合わせて課税されるため、給与が500万で仮想通貨利益が500万だとすると、所得は1000万円だとみなされます。

累進課税によって、課税率は大きくなっていくのです。

一方、株式やFXなどは、給与所得とは別で計上されます。一律約20%で、どれだけ稼いでも税率は変わりません。

仮に5000万円の利益を出したとすると、仮想通貨は50%以上の税金がかかり、株式なら20%です。大きく稼ぐ目的であればあるほど、仮想通貨は不利になります。

節税方法として、法人化するという方法がありますが、仮想通貨はいつ値下がりするかもわからないため、仮想通貨の利益だけを目的とした法人を作るのも、よほどの資産を持っている人でない限り得策ではありません。

上がる根拠を調べるのが非常に難しい

仮想通貨が値上がりする根拠は、需要と供給です。供給量は、ビットコインであれば、上限2100万BTCとわかるのですが、需要については全く予想がつきません。

ビットコインはまだ決済にもほとんど使われていませんし、投機的商品でしかありません。

いつ売られてもおかしくない状況なのに、多くの人が買うから値上がりし続けるのです。

これが、決済として利用され始め、売るよりも使う方が便利な通貨になれば、ある程度は予測できるのかもしれませんね。

仮想通貨を買うなら?

もし、仮想通貨を買うなら、損をしないくらいだけ買っておきます。イーサリアムならプラットフォームの手数料として必要になりますし、ビットコインを持っていれば、送金やまれに決済にも使えるから便利です。

あくまで、投機商品ではなく、何かに使うために、使う分だけ購入するのがベストだと思います。

仮想通貨を買うタイミングについても考えてみました。

  1. インドや中国が規制を解除したタイミング

  2. 日本の税率が変わったタイミング

  3. 決済などで使われ始めたタイミング

インドや中国が規制を解除したタイミング

インドや中国が規制を解除することが分かれば、20億人以上が仮想通貨市場になだれ込むことになり、少なくともビットコインなどの主要な仮想通貨は値上がりするでしょう。

できれば、規制解除前に仕込みたいところですね。

日本の税率が変わったタイミング

仮想通貨の利益に対する税率が、株式などと同じく、20%になれば、購入すべきでしょう。

おそらく日本の税率が変われば、多くの日本人が仮想通貨を買うことになりますが、日本のマーケットだけならそこまで大きな値上がりはしないでしょうから、気長に待って、税法が改定されたら購入すれば良いと思います。

決済などで使われ始めたタイミング

ビットコインなどが決済用途として使われ始めると、ビットコインが無くてはならない存在になってきます。円よりもビットコインで決済や送金をしたほうが便利だし、どこでも使えるようになれば、自国の通貨をビットコインに替える人がたくさん現れるでしょう。

そうなると、値上がりするのは間違いないので、今、どれくらい仮想通貨が決済として利用できるかを調べておくと良いでしょう。

イーサリアムなら、プラットフォームを作ることができるので、どれくらいDappsが作られているかを調べるのも良いですね。

全ツッパは危険だけど、ちょっとは買っておくべき

結論は変わらず、仮想通貨をメインの投資先にするべきではないのですが、多少の仮想通貨は買っておくと良いと思います。

Web3.0と呼ばれる新しいテクノロジーですし、これから伸びる可能性もあります。仮想通貨は終わるという極論を持たずに、ある程度は可能性に賭けておくべきです。

証券口座と同じように無料で口座を作れますし、1000円くらいあれば買えるので、お試ししてみてもいいと思います。