ウイスキーは太らないのか。ウイスキーのカロリーについて

Share on:
            ダイエットやトレーニングをしている人にとって、一番の強敵は<strong>お酒</strong>だと思います。

仕事の関係でどうしてもお酒を飲まなければいけない時ってあると思います。
食事なら脂っこいものを注文せずに野菜とかだけ食べてればいいけど、お酒だけはなぜか飲まないといけないものになっています。
じゃあ最後のあがきとして、一番太らないお酒を飲もうということを考えた時に、一番太らないお酒はウイスキーだという話を聞いたことがあります。
果たしてウイスキーは他のお酒に比べて太りにくいのか、カロリーを元にしながら調べてみました。
※私的な意見も含んでいるので、参考程度にお読みください。

ウイスキーのカロリー

ウイスキーのカロリーは 100g あたり 237 キロカロリーです。
どうでしょう、多いと感じるでしょうか。
ちなみに日本酒だと 107 キロカロリー、ビールだと 40 キロカロリーです。
「ウイスキー痩せる説は嘘だった!」と思うのはまだ早いです。
ウイスキーは基本的に何かで割って飲むので、100g あたりで計算するのは現実的ではないからです。
それでは 1 杯あたりのカロリーを計算してみましょう。

ウイスキー 1 杯あたりのカロリー

ウイスキー 1 杯(30ml)あたりのカロリーは 70 キロカロリーです。
100g が 237 キロカロリーなので、その 3 分の 1 よりちょっと少ないくらいという単純なけいさんです。
日本酒だと 112 キロカロリー、ビールだと 140 キロカロリーです。
ビールは 1 缶 350ml なので、一気に逆転しましたね。
ウイスキーはカロリーの割合は高いけど、1 杯あたりの量が少ないから、結果的にカロリーが控えめになるということですね。

ダブルやロックは要注意

ウイスキーは太らないからといって飲みすぎるのは危険です。
お酒が強い人はウイスキーをダブルやロックで飲んだりすると思いますが、そうするとビールと変わらないカロリーになってしまいます。
ロックで飲む時はビールと違って炭酸がないからたくさん飲めてしまう人もいると思います。
そういう人は安心してはいけないということです。

ウイスキーは糖質が少ない

カロリーの話をしてきましたが、実はウイスキーが太らないと言われている理由はもう一つあります。
それは糖質が少ないということです。
なぜ少ないかというと、蒸留酒だからです。
お酒には大きく分けて 2 種類の作り方があり、一つが醸造酒、もう一つが蒸留酒です。
醸造酒というのは、原料である米や麦芽を発酵させて作ったものです。
蒸留酒というのは、発酵させたものを蒸留させたものです。
蒸留というのは液体を気化(沸騰のように水蒸気にすること)させ、それを液体に戻すことを言います。
醸造酒はビールや日本酒、蒸留酒はウイスキーや焼酎が入ります。
なので、ウイスキーや焼酎は太りにくいと言われるのです。

ウイスキーは焼酎よりも太りにくいのか

となると疑問なのが、蒸留酒である焼酎はどうなのか。という問題ですね。
確かに糖質はお互い少ないので、どちらも太りにくいと言えます。
カロリーについては、アルコールの量を比例すると考えられているので、一般的にはウイスキーの方がカロリーの割合は高いです。
焼酎の乙類のカロリーが 100g あたり 146 キロカロリーなので、アルコール量を 25%とすると、1%あたりのカロリーは 5.84 キロカロリーです。
対してウイスキーは 40%で 237 キロカロリーなので、5.925 キロカロリーです。
1 杯あたりの計算でもウイスキーの方が若干カロリーが高い計算になりました。
ということは焼酎こそが一番太りにくいお酒なのでしょうか。

ウイスキーはポリフェノールを含む

ウイスキーにはポリフェノールを含むため、尿酸値を下げたり、血糖値を上げにくくする効果があります。
カロリー、糖質の面でみると焼酎と変わらないですが、それ以外の成分まで含めて考えてみるとウイスキーの方が太りにくいだけでなく、健康にも良さそうです。

一番の大敵はお酒よりおつまみ

お酒の話をしてきましたが、お酒を飲む時に切り離すことができないのが、おつまみです。
おつまみを食べる場面で考えてみると、焼酎は居酒屋で飲むことが多く、おつまみも脂質を多く含むものを選びがちです。
枝豆やキャベツのようなお通しであれば良いのですがついつい食べてしまうからあげは太る原因です。
一方、ウイスキーを飲む場面はバーが多いです。もちろんウイスキーを居酒屋で飲むことも多いですが、焼酎をバーで飲むことが少ないことから、相対的に多いです。
バーで出てくる食事はミックスナッツくらいなもので、ミックスナッツが健康に良いし、他にほとんど食べないから健康的なお酒の飲み方ができます。
じゃあ居酒屋じゃなくてバーで飲もうって話になるんだけど、まあそういうことでもあります。

まとめ

健康に気を使うならお酒はできるだけ飲まない方が良いのですが、飲むんであればウイスキーを選びましょう。
そしておつまみの選び方にも気をつけましょう。
そうすれば月に 1 回とか飲み会に誘われても健康には問題ない飲み方、食べ方ができるでしょう。