iphoneではなく、Androidを選んだ理由

Share on:

スマホを初めて持った時は、Android を使っていました。SONY のエクスペリアシリーズです。

それから、しばらく iPhone を使うようになり、数年前から Android ユーザに戻ったわけですが、なぜ Android を選んだのか、その理由についてお話します。

結論を言ってしまうと、

  • 安くて
  • クラウド環境が充実してきて
  • ストリーミングサービスが普及してきた

からです。

かつては iPhone に憧れた {#かつては iphone に憧れた}

当時、ドコモユーザは Android しか使えなかったので、ソフトバンクの人が iPhone にしていて羨ましく思っていました。

僕がiPhone いいなあと思った理由は以下の通り。

  • iPhone の物理ボタンがほしい
  • 音楽が聞ける
  • Macbook と共有できる

iPhone の物理ボタンがほしい {#iphone の物理ボタンがほしい}

エクスペリアは、ホームボタンが存在しませんでした。当時のスマホはスペックが低く、すぐ固まるのですが、ボタンが存在しないので何もできません。

iPhone は物理ボタンがあるから、画面が動かなくなっても、ボタンを押せば何とかなりそう、と思っていました。(実際そんなことはないと思いますが)

iPhone は戻るボタンが無いのが残念という意見もありますが、ホームボタンがあるだけで羨ましかったんです。

音楽が聞ける

iPhone なら、iTunes を使うことができます。当時は、iPod touch と Android スマホを併用していたのですが、1 台にまとめることができる iPhone に憧れました。

SONY はウォークマンがあったのですが、iPod 派だったので、Android スマホで音楽を聞こうとは思っていませんでした。

Macbook と共有できる {#macbook と共有できる}

Android スマホにしてからすぐに、Macbook を購入したのですが、iCloud で共有するためには、iPhone にしなければなりません。

当時は、Macbook に Google Drive や Google photo を入れるなんてことは思いつきもしませんでしたから、Apple 製品を共有するなら、Apple 製品同士じゃないとだめじゃないかと思っていたんですね。

Android へ乗り換え {#android へ乗り換え}

ドコモが iPhone を発売し始め、念願の iPhone を手にしたわけですが、数年後には、Android へ乗り換えました。その理由について説明します。

格安 SiM に対応している機種が多い {#格安 sim に対応している機種が多い}

ドコモのスマホだと、海外の SIM カードが使えず、Uber などの SMS 認証が必要なアプリが使えなくてとても苦労しました。

海外 SIM はポケット Wifi よりも安いですから、SIM フリーの端末が欲しくなったわけです。

それで、格安 SIM に乗り換えたのですが、型落ちの iPhone しか対応していなかったので、最新の Android にしました。購入したのは、Huawei P 10 Lite です。

それ以来、海外旅行に行くときは、海外 SIM を購入しているので、現地のアプリをインストールしても問題なく使えるようになっています。

とにかく安い

Android は端末代がとにかく安いです。iPhone の最新機種が 10 万円だとすると、Android は 3 万円〜5 万円くらいです。

最近のスマホは、使い勝手がほとんど変わらなくなってきているので、正直どのスマホでも問題なく使えます。

iPhone じゃないとできないことが格段に減ったので、3 万円の Android スマホで十分になってしまいました。

モバイル Suica が使える {#モバイル suica が使える}

iTunes を iPhone1 台にまとめることができるのは、とても魅力的だったのと同じように、Suica を 1 つにまとめたくなりました。

Android スマホにはおサイフケータイが付いているので、Suica カードを持ち歩く必要がなくなりました。iD や Edy、クイックペイなどの電子マネーも使えますよね。

iPhone も Apple pay が使えますが、最近の機種は高いので、手が出せません。

iPhone である理由がなくなった {#iphone である理由がなくなった}

かつて、iPhone には、Android にはない魅力があったわけですが、技術の進歩で、OS による差はなくなってきました。

共有はクラウドサービスでできる

iCloud で Macbook と iPhone を共有できるのが、魅力の 1 つでしたが、今はクラウドサービスが充実してきたので、OS が違っていても共有は可能です。

Google Drive や Dropbox あたりを使えば、データのシェアに困ることはないですし、メモアプリやメッセンジャーアプリに何か書いておいたり、写真をアップしておけば、どの端末からでもアクセスできます。

ローカルストレージにデータを保管する時代は終わったんです。

音楽は Spotify を使うようになった {#音楽は spotify を使うようになった}

すでに、iTunes は使わなくなってしまいました。使っているのは Spotifyです。Spotify なら、iPhone でも Android でも同じように音楽が聴けます。

Apple pay や Google play music などの音楽サービスを使ってしまうと、iPhone や Android に依存してしまうので、他サービスへの依存がない、Spotify を使っています。

容量を気にせず使えるので、安いスマホで済ませるようになりました。

スペックに差がなくなった

最初に買った Android スマホはよく固まっていたので、iPhone に憧れていたのですが、最近の Android スマホはほとんど固まりません。

技術が進歩して、スペックに差がなくなったので、3 万円以上のスマホなら、どれを買っても変わらないと思います。

もし iPhone にするならこんな理由 {#もし iphone にするならこんな理由}

今は Android 派になってしまったのですが、もし今後 iPhone に戻すとしたら、どんな理由があるか考えてみました。

Apple watch との連携ができる {#apple-watch との連携ができる}

Apple watch はかなり使いやすいと聞きます。電子マネーも使えるし、音楽も聞けるので、連携が充実してくれば、iPhone にするかもです。

ただ、Android もスマートウォッチを出しているので、技術に差が出る可能性は少ないと思います。

端末が安くなる

iPhone が 5 万円くらいで買えるなら、iPhone にしてもいいかもしれません。

今は iPhone と Android の価格が倍くらい違うので、iPhone に手を出していないところがあります。

Apple 製品は、値段を下げるような売り方はしないと思いますが。。

iOS でしか使えないアプリが充実する {#ios でしか使えないアプリが充実する}

iPhone 特有のアプリが充実すれば、iPhone に変えるかもしれません。

例えば、Apple music が使いやすくなれば、Spotify から切り替えるかもしれません。

世界的には、Android ユーザの方が多いので、iOS アプリだけが充実していくというのは考えにくいですが、期待はしています。

この記事のまとめ

  • iPhone にこだわる時代は終わった
  • Android も多機能
  • これからの Apple 製品には期待している