タスクではなく、スケジュールを決める

Share on:

毎日何を学ぶかをタスクリストにしていたわけですが、実行してみると、すべてのタスクが終わる日がほとんどありません。例えば、英語のリスニング、リーディング、単語、プログラミング、仕事などをタスクリストに書いておいたとして、それを 1 日で 1 つずつやっていくわけです。しかし、最後の方のタスクが終わることはほとんどありません。

Trello や todoist などのツールを使って、PC でもスマホでも確認できるようにしていたのですが、どうしてもさぼってしまうというか、後回しにしてしまうのです。結局勉強はその日にやらなくてもいいことなので、先延ばしにしてしまうんですね。これを解消するために、タスクではなくスケジュールで決めることにしました。

スケジュールなら何時に何をするかが明確になっているので、サボることが許されません。時間制限があるので闇雲にタスクを積み上げることもしませんし、1 つずつのタスクの時間さえ守ることができれば、1 日の全タスクをこなすことができるはずです。

スケジュールに使うツールは、Google カレンダーがいいと思っています。スマホアプリは若干使いづらいものの、同期できたり、使いたい機能は全部あるのでそこまで困らないはずです。

Google カレンダーの使い方は、至って簡単です。前日に明日やることを 30 分単位で決めるだけ。そして当日はそれをやるだけです。何をするか、どのくらいの時間でできるのかはやってみないとわからないので、いきなり完璧にスケジュールを組むことはできないと思いますが、1 週間もやっていればだいたいの所要時間がわかるようになるので、完璧なスケジュールになることでしょう。

タスクを作っているけど、全然機能していない、という人は、時間を決めるスケジュールに変えてみてはいかがでしょうか。