テレビを見ない生活が1年続きました

ほとんどの家にはテレビがあり、テレビ線がつながっていると思いますが、僕の家のテレビにはテレビ線がつながっていません。

テレビ自体はあるんですが、1年ほど前からテレビを見るのをやめました。テレビにはFire Tv stickがつながっていて、毎日アニメや映画、ドラマなんかを自分で選んで見ています。

テレビを見ないことで、時間に余裕が出たという感覚すらもうなくなってしまいましたが、おそらくテレビを見ている人よりは時間に余裕があるはずです。

空き時間にやるのは読書かPC

「何もやることがないなー」と思ったとき、テレビをつけてダラダラと過ごすことがなくなりました。代わりに、読書をしたり、PCを立ち上げています。まあ、PCでTwitterやらYoutubeを見たりしちゃっているので、テレビを変わらない側面はあるのですが。。

テレビの情報はあまり信用できないなーと思っているので、ネットニュースとか、Youtubeで実体験を流しているYoutuberの方が信用できるし、面白い。

話題になっているテレビドラマ(それすら耳に入ってこないですが)は、パラビとかTVerなんかで後から一気に見れるはずです。社会人にもなると、リアルタイムで見ないと友達の話についていけない、なんてこともないので、好きなときに好きなものを見るようにしています。

広告がないのがいい!

テレビを見たくない理由は、広告が嫌いだからです。広告を見ていると無意識に洗脳されてしまって、消費欲が増していくので、広告は好きではありません。

Twitterやブログでも広告は見えてしまうのですが、adblockを使ってなるべく見ないようにしています。特にスマホを使うと、広告ブロックができないばかりか、広告バナーが大きく表示されたりもするので、できるだけPCを使っています。

情報収集源として一番優秀なのが、書籍です。まず広告がない。これが一番いいところ。海外の書籍だと、ブログのURLとか、メルマガ登録のURLが貼ってあったりしますが、そういう本は、だいたい薄っぺらい自己啓発本なので、歴史的名著を選んでおけば、無意味な宣伝は含まれていません。

最近はリモートワークで街にも出ないし、電車にも乗らないので、街中の広告を目にする機会も減りました。特に新宿や渋谷は広告がすごいので、地元に引きこもっていたいですね。

大事な情報はどこから知るのか

緊急事態宣言とか、都知事選など、テレビでリアルタイムに放送される情報にはどのようにアクセスすればいいのかという問題ですが、これも解決しています。

基本的にはネットニュースのトップ、もしくはYoutubeのトップに重要なニュースは書かれているので、それを見れば大丈夫です。

あとは、ジムに行ったときと、実家に帰ったときはテレビを見る(目に入る)ので、そのときに、「今は王様のブランチに渡部出ていないんだな〜」とか、「みんなリモートで収録してるね」とか、「志村動物園は志村園長のネタを使ってるわ」という世間の話題を入手しています。

本当に大事な情報はネットニュースやTwitterで著名な人をフォローしておけば流れてくるので、テレビで悪いニュースを聞きながら、重要なニュースを探すよりもよっぽど効率的でしょう。

自分で選ぶことで考える習慣がつく

Netflixやアマゾンプライムで動画を探すとなると、常に何を見るか自分で考える必要があります。ネットのレビューで面白いアニメを探したり、話題を拾ってきたりします。

テレビだと、とりあえず流しておくことができるので、考える必要がなくなってしまいます。そして間に流れるCMを見て、物が欲しくなってしまうんですね。

テレビは無料で見られると思っていますが、実は多くのお金と時間を吸い取られています。だったら、付き1000円を払って、Netflixを見たほうがマシです。

どのように時間を過ごすかを、常に自分で考えることができるという点は、テレビをやめるメリットの1つです。若い人たちは、自分で考えて行動する必要があるし、テレビを見なくても、スマホやPCを使いこなすこともできます。テレビが当たり前にあると思っている人は、テレビ線を抜いてしまいましょう。