ブログは1つに絞るべきか

Share on:

ほとんどの人は、自分のブログ、それも無料でできるアメブロとかライブドアブログなんかを1つ持っているだけだと思う。しかし、Twitterアカウントなんかは複数持っている人もいるし、ジャンルごと、フォロワーごとにアカウントを分けるというのは普通のことだ。

ブログもSNSと同様、複数分ける人がいる。僕も4つ、5つくらいのブログを同時に立ち上げたことがあるし、今までのべ20近くのブログを立ち上げてきた。ブログを立ち上げること自体は簡単で、5分もあればできる。問題は、何を書くかである。

ブログを複数に分ける場合、同じことを書いても意味がないから、基本的にはジャンルごとに分けることになる。旅ブログ、ゲームブログ、仕事ブログなど。しかし複数に分けていくと、それぞれのブログのコンテンツ量が少なくなるし、読者は分散されてします。それぞれのブログで100%の力を発揮するのは物理的に不可能であり、5つ運営するならバランス良く分散しても20%の力しか発揮できない。

それでも複数のブログを運営するには理由があるのだ。

ほとんどの人は、1つのブログだけに集中すべきだと思うが、唯一、複数のブログを立ち上げたほうがいい人もいる。それは、アフィリエイト目的でブログを立ち上げる人だ。

アフィリエイトブログは複数運営すべき

アフィリエイトとは、商品を紹介する代わりに、紹介料をもらうビジネスで、広告業なんかに近い。かつてアフィリエイトはグレーなビジネスとされていたため、アフィリエイター(アフィリエイトで生活する人)に「何の仕事をしているんですか?」と聞くと、「広告業です」なんて返ってくる。

Youtuberが「動画編集の仕事をしています」と答える感覚に似ているかもしれない。

アフィリエイトというのは、決まったジャンルの商品を紹介するのが一般的だ。例えば、ヨガに入会してもらうためのサイトを作ったとすれば、ヨガ関連の記事のみが書いてあるサイトを作る。

そして、グルメ系の紹介サイトを作ることになったら、また新しいサイトを作るのだ。「ヨガ」と「グルメ」を一緒にしてしまうと、読者は混乱するし、せっかくヨガの情報を求めに来てくれた人を逃してしまうことにもなる。

アフィリエイトは1ジャンル1サイトがベストだから、自ずと複数サイトを運営することになるのだ。

アフィリエイトは属人性がない

アフィリエイトの集客方法は、SEOが主流である。SEOとはGoogle検索からの流入であり、ニュースメディアに取り上げられるとか、SNSでバズる、なんてのはボーナスみたいなものである。いかにSEOの順位(Googleで検索したときの順位)を上げられるかが、アフィリエイトの収益に直結するのである。

このようなアフィリエイトサイトには、属人性がない。つまり、どんなバックグラウンドを持った人が書いているのかがわからないのである。たまに、記事の一番下に「この記事を書いた人」という欄があり、若い女性の写真と簡単なプロフィールなんかが記されているが、その人がヨガのプロフェッショナルなのかどうかまではわからない。

「そんな記事、信用できるのかよ」って思うかもしれないが、それを文章力で信用させて、ヨガに入会させるのがアフィリエイターのお仕事である。とはいえ、このような信用度の低い記事を量産することが、情弱をひっかけるグレーなビジネスと思われてしまったりもするし、最近のGoogleは信用のない記事はSEO順位を下げるように頑張っている。

属人性がないサイトであるため、いくら量産しても、「あいつのサイトあちこちにあるぞ」って思われることは少ないし、サイト売買もできるようになる。逆に属人性があるサイトは売却することができないため、アフィリエイトサイトとして運営するのは向かないのである。

アフィリエイターにならない全ての人は1つのブログで十分

ほとんどの人はアフィリエイトをしないだろうし、したとしても、アフィリエイトだけで生きていくと考えないだろう。だったら、ブログは1つで十分。

ブログを書く目的が、収益のみだったら複数サイトの運営もありだが、1つのサイト(個人サイトと呼ぶ)に集中することで、収益以外の恩恵も受けることができるからだ。

個人ブログのメリットは、個人を知ってもらえることだ。ブログを書いている人がどんな人なのかを知ってもらうことで、仕事をもらえたり、宣伝をしたり、読者とのつながりを持つことができるようになる。

Youtuberで例えると、顔を出している方が親近感が湧くし、イベントにも出演できるし、プライベートならモテるようになるといったところか。

本業がブログ以外にあって、趣味や複業でブログをやるという人は、間違いなく個人ブログにした方がいい。その発信内容が認められれば、書籍化するかもしれないぞ。

複数ブログの運営は疲れる

本業が他にあるのに、複数のブログを運営するというのは、時間が足りない。1日に4記事も5記事も書かないといけないのだから。僕が複数ブログを運営していたころは、仕事中に書いていた。もちろん仕事には集中できないし、結局、ブログではあまり稼げなかったから、おすすめはしない。

ブログを立ち上げることは簡単だが、ジャンルによってデザインを考えたり、メンテナンスを行ったりすることを考えると、割に合わない。また、ドメインをサイトごとに取得することになるから、費用もかさむ。よほどアフィリエイトで生きていく覚悟がないと、複数ブログの運営はただ疲れるだけなのだ。

個人ブログは流入源はさまざま

アフィリエイトサイトの流入源はSEOだという話をしたが、個人ブログは、SEOだけでなく、Twitter、口コミ、Youtubeなどさまざまである。個人にファンがつけば、タイトルが「今日の日記」とかでも読んでもらえる。アフィリエイトサイトならありえない。

多分、ほとんどの人はブログを本気で運営したことがないと思うから、いきなり複数ブログを運営して苦しむよりも、まずは個人ブログを立ち上げてみるべきだ。その方が読者との関わりがあって楽しいし、アクセスも伸びやすいはずだ。