スマホ1つで生活する方法を考えてみた

キャッシュレス社会が到来していますが、僕の地元では時が止まっているようでした。

最近は都内のコンビニで現金を使う人は減ってきたように思えますが、東京から足を伸ばすとみんな現金です。

僕はキャッシュレス賛成派で、普段は現金を持ち歩いていません。
しかし、クレジットカードとSuicaは毎日持ち歩いています。

最近はこのカードを持ち歩くことすらも面倒になってきて、モバイルSuicaが使えるスマホを買いました。IDも使えます。
これでキャッシュレスどころか、カードレスも実現できるのではないかと思い、スマホ1つで生活する方法について考えてみました。

キャッシュレスを実現する方法

まずは現金を無くしていきましょう。
現金を使う場面に出くわさないことが必須です。

ギャンブルをしない

ギャンブルをカードで使ったら大変なことになるので、必ず現金を使います。
つまり、ギャンブルがやめられない限り、キャッシュレスは実現できないというわけです。

日本がカジノを建てる的なことを言っていましたが、そうなるとキャッシュレス社会は遠ざかることになるでしょう。

プリペイドカードくらいなら使えるかもしれませんが。。

周りの人と一緒に現金をやめる

周りの人が現金を使っていると、キャッシュレスにするのが難しくなります。

同調圧力が強いというだけでなく、割り勘が現金になるからです。

ほとんどの飲食店では、現金の割り勘はできるものの、カード決済の割り勘はできません。

できるとしてもそんなことをする人はいないので、嫌な顔をされます。

どちらかがカードで払っておいて、PayPayなどのアプリで割り勘するのがベストなのですが、周りに現金派の人がいると現金を使わない割り勘は不可能です。

カードが使えないお店にいかない

チェーン店や高級店ならカードが使えることが多いのですが、個人経営の古い店や病院などは未だにカードが使えないことがあります。

最近はPayPayやSuicaなら使えるお店が増えたものの、現金のみでやっているお店があったら事前に確認しておいて、行かないようにしましょう。

もしわからなかったら、入店時にカードが使えるかを聞いてみて、ダメなら店を出るくらいの心構えが必要です。
常識はずれと思われるかもしれませんが、店側の怠慢であると考え、歯を食いしばって退店しましょう。

カードレスを実現するためのスマホの使い方

キャッシュレスを実現するためには、とにかくカードが使えない場面に出くわさないことが重要なのでシンプルです。

しかし、カードをなくすためにはさらに一歩踏み込んだ戦略が必要です。
スマホのアプリを使いこなさないといけないからです。

QRコード決済アプリはすべて入れておく

有名どころのQRコードアプリはすべて入れましょう。

  • PayPay
  • LINEPay
  • 楽天Pay

の3つを入れておけば困らないです。

  • FamiPay
  • OrigamiPay
  • d 払い

なども必要に応じて使うと、ポイント還元の恩恵を受けることができます。

Felica搭載スマホを使う

カードレスを実現するにあたって、Felica搭載スマホは必須です。

Felica搭載スマホとはいわゆる「おサイフケータイ」です。

おサイフケータイが使えるようになると、Suicaカードが不要になり、IDが使えるようになります。

この2つが使えるようになると、電車に乗れるようになり、決済方法が1つ増え、一部の自動販売機でもスマホ決済が可能になります。

できるだけ通販を使う

コンビニや大手チェーン店ならスマホで決済できるのですが、カードは使えるけどSuicaやIDは使えない場面もあると思います。

なので、できるだけネット決済をしましょう。
特に高い買い物はSuicaで支払うことができないので、事前にネットでクレジット決済をしておきましょう。

カードレスの限界

現時点で、小銭レスはほぼできていて、キャッシュレスもおおよそできています。
できていないのは通っている病院くらいです。

しかし、カードレスはどうしても実現不可能な場面があります。

  • 高級レストランなどの高い買い物
  • 海外旅行や地方への旅行
  • 突発的な現金引き出し(LINEPayでできるらしいです)

これらの場面でスマホ決済が可能になるには、まだ時間がかかるでしょう。

カードレスを実現するには、キャッシュレスの条件を満たした上で、さらに高級レストランに行かず、旅行にも行かないという選択を取らないといけません。

日常ではほとんどQRコード、Suica、IDで足りるはずなので、通販と合わせればスマホだけで生活することもできるはずです。