他人に投資をしよう

今日は、「他人に投資をしましょう!」というお話です。

先日、「一番リターンが高い自己投資は健康」という記事を書きました。 健康に投資すべきなのは間違いありません。しかし、健康というのは維持するものであって、伸ばしていくものではないんですね。(筋トレを除く) ということは、いつまでも健康で若々しい身体を保つことはできるけど、それ以上良くなっていくことはないんです。 なので、収入を上げるための投資もしないと、豊かにはなれないです。

じゃあプログラミングや英語をやろうと思う人もいるかもしれませんが、僕は、「他人に投資をすること」をおすすめします。 他人への投資って一体どういうこと?という人のために以下、詳しく説明していきます。

他人への投資とは

投資とは、自分のリソースをかけたものが、将来的に返ってくることが期待されるものです。 ということは他人への投資というのは、他人に対して使ったお金や時間が、将来的に返ってくることです。

こうした他人に投資するための具体的な方法について考えてみました。

教育をする

例えばあなたがプログラマーだったとして、毎日プログラミングを勉強してきました。しかし、なかなか伸びません。 これ以上難しいことを習得するのは無理かもしれない、と思ったら、周囲にいる優秀な人にプログラミングを教えてみましょう。

セミナー形式にして講師になってもいいですし、親戚にボランティアで教えてもいいかもしれません。 将来彼らが優秀なプログラマーになれば、あなたにもリターンが返ってくるかもしれません。 リターンの方法は様々ですが、あなたが立ち上げた会社のCTOになってもらうとか、さらに優秀な人を紹介してもらうとかですかね。

一番投資対効果が高いのは、自分の子供に投資することです。 ほとんどの人は自分の子供に対して投資をしていると思いますが、将来子供が稼いでくれることで、老後を安心して過ごすことができるようになるわけです。

ご飯を奢ってあげる

後輩や友人、恋人にご飯をおごってあげることも投資の1つです。 あからさまに見返りを求めてはいけませんが、ご飯をおごってあげることで、新しい情報を手に入れることができたり、何十年も良い関係を続けていくことができたり、単純に幸せだったりします。

必ずしも金銭的なリターンではないかもしれませんが、関係が壊れにくくなるということは、人間関係のストレスが減ります。 ストレスを溜め込んでいる状態では仕事もプライベートもうまくいかないので、大きな時間の損失になるわけです。 ですから、人間関係を良好に保つためにもご飯をおごってあげるという投資は大きなリターンをもたらすはずです。

他人のビジネスに投資をする

他人のビジネスへの投資というと、株式投資を思い浮かべるかもしれませんが、もっと小さなものでいいです。 例えば、クラウドファウンディング。新しいことを始めたいから支援してくれ、というやつです。 クラウドファウンディングには予めリターンが設定されているので、投資効果を測りやすいんですが、あんまりリターンは気にしなくてもいいです。 そのプロジェクトを応援したいかどうかを考えて、支援しましょう。

他にも、わざわざクラウドファウンディングを使わなくても、子供が留学に行きたいとか、友人が会社を作りたいと言っているときに支援してあげるのも立派な投資です。

お金を貸してくれと言われて貸すのは考えなければいけませんが、支援したいという気持ちがあるなら、お金を出すべきです。 リターンはお金ではないかもしれませんが、あなたの幸福度は上がるはずです。

誰にでもお金をあげればいいわけではない

他人への投資をしようと思うと、ついついいろんな人におごってしまうかもしれません。 そんなことをしていたら家計を圧迫するだけなので注意しましょう。

ご飯目的のパパ活女子やお金を巻き上げようとする詐欺師など悪い人も世の中にはたくさんいます。

そもそも関係が薄い人に投資をしても、返ってくるころには、あなたとの関係は切れているかもしれません。 親しい人や信頼できる人、心から支援したいなと思った人に対して投資をするべきです。 それがもし詐欺師だったとしても、投資に失敗したというだけですから、また次の投資をするだけです。

絶対に成功させると思わずに、他人を助けるくらいの気持ちでやりましょう。

他人への投資をすべき理由

なぜ自己投資ではなく、他人への投資なのかについても解説しますね。

結論から言うと、「自分の成長には限界があるから」です。

頑張らないといけない

プログラミングに投資したら数ヶ月は頭を悩ませながらプログラミングに打ち込まないといけません。 語学留学に行くとしたら、異国の地で生活のストレスを抱えながら、コミュニケーションをとらないといけません。

自己投資をして教材を買ったりすればいくらか楽に学ぶことはできますが、それでもある程度の時間とコミットする体力、気力は必要になります。 そんなキツイことを続けたいですか?ということなんです。 もちろん自分の成長を実感することは楽しいですし、自分で稼げるようになることは素晴らしいことです。 ただ、他人への投資なら自分がすることはほとんどありませんし、知識もスキルも不要です。ただ信頼するだけですから、自分より他人に投資する方が楽なんです。

資産投資よりリターンが大きい

高齢になってくると、自分への投資対効果が下がってきます。 そうなると、不動産や株といったいわゆる資産と呼ばれるものに投資をするわけです。 ただ、若い人は自己投資や他人投資のリターンが資産投資のリターンより高いので、資産投資を始める必要はありません。

他人への投資は、自己投資ほどきつくないけど、資産投資より、リターンが高い投資なのです。

結果的に自己投資になる

他人に投資をしていると、人間関係が良くなり、新しい体験をさせてくれます。

例えば、新しい人との出会いとか、海外に一緒に行くことになるとかです。 海外に行くような生活になれば、留学資金を使わなくても語学を習得することができますし、優秀なプログラマーとの出会いがあれば、自分でプログラミングを勉強する必要はなくなります。

他人に投資をしたリターンが結果的に自己成長させてくれることになるのです。

まとめ

新しい知識を知りたい、スキルを身につけたいという気持ちがあるなら、どんどん自己投資をしましょう。 ただ、お金持ちの経営者は、必ずしもプログラミングやマーケティングのプロではなかったりします。 プロを雇って、代わりに働いてもらうから経営者なのです。

自分のスキルを磨くということは、優秀な働き手になろうとしているわけで、短期的にある程度稼ぎたいならそれでもいいですが、将来的に大きく稼ぎたいと思うなら、他人への投資はかかせません。 社員を雇うという行為自体が他人への投資になるからです。 他にもアルバイトや税理士などを雇うことも他人への投資ですし、あらゆることを他人への投資にしていけば、自分は楽をすることができるようになるんです。

自己投資をすることが良いとされている風潮がありますが、一歩先を見据えて他人への投資を考えてみましょう。

フリーランスになるためのおすすめエージェントサイト3選