PHPが難しいと感じる人に言いたいこと【勉強方法を伝授します】

今回は、PHPが難しいと感じる人向けに、勉強方法やPHPの代わりになる言語などを紹介していきます。

結論を言うと、PHPが難しいと感じてしまうと、エンジニア(サーバサイドエンジニア)になるのは厳しいです。

PHPはプログラミング言語の中でも簡単な部類になるので、勉強方法を変えれば簡単に感じるはずです。

PHPが難しいと感じる人に言いたいこと

PHPが難しいと感じる人に言いたいことがあります。

PHPはかなり簡単な言語である

PHPは簡単な言語として、初心者に使われてきました。

ベテランエンジニアでもPHPを使う人はいますが、簡単な言語ゆえ弱点もあり、「まだPHPなんか使ってるの?」みたいな意見もあります。

それだけPHPは簡単なので、プログラミング初心者はなんとかPHPを習得して、エンジニアとしての一歩を踏み出してもらいたいと思います。

プログラミングの基礎ができていないのかも

PHPが難しいと感じる人はおそらく、プログラミングの基礎がおろそかになっている可能性があります。

PHPではなく、プログラミングがどうやって動き、Webサービスでどのように動作しているのかを理解しましょう。

IT系の資格である、「基本情報処理」や「ITパスポート」のテキストをちょっと読めば、コンピュータサイエンスの基礎を学べます。

その後にPHPを学び直すと、引っかかっていたもやもやがすっきりするかもしれません。

インフラ構築に躓いている可能性が高い

初心者が勉強をするときに100%躓くのがインフラ構築です。

インフラエンジニアでなくても、自分のPCにプログラミングをする環境を作る必要があります。

ここで躓くと、そもそもプログラムを書くまでに至らず、書けたとしてもちゃんと動かないことがあります。

実はPHPのせいで動かないのではなく、インフラ環境が原因で動かない可能性は十分にあります。

PHPが難しい人向けの勉強方法

PHPが難しいを感じる人は、今の勉強方法が間違っているかもしれません。

以下の順番で勉強してみることをおすすめします。

文法の勉強は後回しにする

文法の勉強から始める人がいますが、これは後回しで良いです。

「PHP入門」みたいな本を買うと文法が細かく載っていますが、これらを全部覚えるのは難しいですし、覚えても使えるようにはなりません。

まずは手を動かして、プログラムを動作させてみることで上達が早くなりますし、なにより楽しく習得できます。

チュートリアルを進める

手を動かすのにおすすめの方法が、チュートリアルをやることです。

Googleで「PHP チュートリアル」と検索すれば、ブログ記事やQiitaのチュートリアル記事が出てくるはずです。

もっと公式にやりたいなら、UdemyでPHPのチュートリアルができそうな講座を探してみましょう。

Udemyは講師に質問ができるので、チュートリアルを進めるのにおすすめの環境が整っています。

DockerとかSPAみたいな難しいことはやらない

イマドキの技術であるDockerやSPAみたいなことにも手を出したくなるものですが、初心者のうちはやらなくても良いです。

PHPの基礎ができていないのにこれらの技術に手を出してしまうと、躓いたときに立ち直れなくなります。

ただ、ポートフォリオ作成時には使ったほうが良いですし、転職後はおそらく使うことになるので、勉強の2周目からこれらも取り入れてみましょう。

それでもPHPが難しいなら

ここまでの勉強方法を実践してみたけど、挫折しかけているという人は以下の方法も試してみてください。

プログラミングスクールに通ってみる

ほとんどのプログラミングスクールには、PHP講座があるので、講師に教わりながら最適な教材を使って学ぶことができます。

独学で挫折するくらいまでやってからスクールに通うのは勇気がいるかもしれませんが、全くの無知で通うよりは、独学で学んだ状態から通うことをおすすめしています。

PHPを学ぶのに最適なスクールは以下の記事を参考にしてみてください!

代わりにRubyに挑戦してみる

簡単な言語としてPHPと並ぶのがRubyです。

どちらも簡単とはいえ、書き方には違いがあります。

PHPの方が若干自由度が高い分、考えることが多いのかなあと思いますので、もしかしたらRubyの方が学びやすいのかもしれません。

Rubyには決まった形があるので、その通りに書いていくことができるからです。

プログラミングスクールでもRuby講座はあるので、スクールの検討もしてみてください。

Javascriptなどのフロントエンドに挑戦してみる

一度サーバサイドエンジニアを諦めて、フロントエンドに転向してみるのも良いかもしれません。

Javascriptは簡単ではありませんが、インフラ構築がほとんど必要ないですし、データベースも使わないので、とっかかりやすい言語かなと思います。

Javascriptはサーバサイドエンジニアでも必須の言語なので、先にJavascriptを学んで、フロントエンドエンジニアになってから、PHPやRubyなどのサーバサイド言語を学んでいくのもありです。

まとめ: プログラミングには向き不向きあるからね

サーバサイドエンジニアになるためには、数学的素養が必要になります。

また、単純にプログラミングを楽しいと思えるかどうかも成長にはかかせません。

向き不向きがあるので、PHPだけにこだわらず、フロントエンドやインフラ、デザインなど色んな道を検討してみましょう。

一度IT企業に転職してしまえば、後からPHPを学んでサーバサイドエンジニアになることだってできますからね。

それでは!

おすすめの記事