やりたいことリストを書いてみたらすごかった

Share on:

たまーに自己啓発本とか有名な人の間で流行るのが「やりたいことリスト」を書くことですよね?
その流行りに乗って作ってみました。
後ほど別の固定ページにアップするつもりです。
私は結構好奇心旺盛で、趣味も多いのでやりたいことリストを100個埋めるなんて簡単だろと思っていました。
いざやってみると、、30個。
あと70個もやりたいことがあるのだろうか不安になってきました。
ここからは自分の本心を明らかにすべくネットでやりたいことの見つけ方とか、他の人のやりたいことリストを参考に(パクってないですよ)書いていきました。
1時間以上かけてようやく100個完成しました!
ここでやりたいことに気づいたというより、どうやってやりたいことを見つければよいのかに気づくことができました。
まず、何が言いたいかというと、「やりたいことはみんな漠然とあるけど、それを具体的なイメージにしていない」ということです。
よくブログに似たようなことが書いてありますけど、まさにその通りだなと思いました。
例えば、海の近くで暮らしたいと思っているとします。
それは湘南の海なのか沖縄の海なのか、海外リゾート地の海なのか、どこでもいいのかをはっきりとさせます。
湘南の海が良い!と思ったら、どうすれば湘南に行けるかを考えるんです。
東京で働いていても住めるけど、満員電車には乗りたくないな〜と思うかもしれません。
そしたら、満員電車に乗らずに湘南に住むことができるだけの給料がもらえる仕事に就きたいと思うようになります。
これが、海外の海だったら、場所を選ばずにできる仕事がしたい!に変わるかもしれません。
そこから、奥さんは外国で見つけるのか。子供はリゾート地で育てるのか、という具体的な計画がいろいろと出てきます。
そうすると、1つのやりたいことが2つ、3つと増えていくんです。
それらを100個終えると、自分がどんな生き方をしたいのか、明日から何を目標に生きていけばいいのかが明確になってきます。
こういう記事って確かにうさんくさかったりしますし、私もそう思いますけど、お金がかかることでもないのでとりあえずやってみることをおすすめします。
余裕が出てきたら、人生でやりたいことリストと10年でやりたいことリストも作ってみるといいかもしれません。
やっぱり、70歳までに1億円手に入れる!とか言っても現実味ないですし、やる気もおきないですから。
10年で年収1000万円!とかならなんとなく現実味を帯びてきますよね。
やりたいことリストを書いたら、それを忘れないようにして、すぐに行動すると良いですね。