プロフィール

本ブログ管理者のKenです。

現在、某ベンチャー企業でプログラマをしています。 IT業界において、短期間で様々な業種を経験してきましたので、その経験を発信しようと思い、このブログを開設しました。

主に未経験からIT業界に入りたい人やIT業界への転職を考えている人、文系からIT業界に進みたいと思っている大学生向けに役立つ情報を発信していきます。

私は、今までに、以下のような経歴を辿ってきました。

  • 文系学部
  • 大手SIer
  • ニート
  • ベンチャー
  • プログラミング講師
  • サイドプロジェクト

経歴の詳細です。

大学生時代

某大学の経済学部出身です。

大学3年生の時にMacBookを購入したのがきっかけで、iPhoneアプリのチュートリアルをやってみたのが、初めてのプログラミングでした。 とはいえ、トップページからHello Worldが表示されているページに行ったり戻ったりを繰り返すだけの初歩的なチュートリアルです。

それ以降はプログラミングをやることもなく、大学生活を終えました。

就活では、営業をやりたくなかったので、文系でも入れそうな大手のSIerを志望していました。

就活の面接では、 iPhoneアプリのチュートリアルの経験を話すことで食いつきが良くなり、結果はSIer2社からの内定をいただき、平均給与が高いほうを選びました。 この時は技術への関心もなく、営業をやらずに高い年収の会社に入ることだけに集中していました。

最近のプログラマ志望の大学生のようにインターンやボランティアもしなかったですし、ES添削や面接練習もしたことがありません。

典型的なクズ大学生でした。

大手SIer時代

内定後の半年間くらいで、「基本情報処理技術者試験」の勉強をさせられ、入社直後に試験を受けましたが見事に落ちました。

その後の秋の試験も受けられず、上司からはLinuxの試験であるLPIC1を受けろと言われていましたが、2年目に部署異動したこともあり、受けませんでした。 ほとんど勉強もしていなかったので、受けたとしても受からなかったと思います。そういうわけで、結局何の資格も取ることなく、大企業時代を終えました。

実は1、2年目はインフラエンジニアをやっていたので、プログラミングは一切やっていませんでした。 WEBサーバやLinux、ネットワークの知識は多少身につきましたが、クラウド時代にはあまり必要のない知識もあったと思います。

2年目の秋くらいからシリコンバレーへの憧れが強くなったのと、彼女が年内で仕事を辞めるということで、長期の旅行に行きたかったので、私も年内で仕事をやめました。

次はベンチャーに行くつもりでしたが、まだ転職先は決まっておらず、プログラミングも未経験の状態で辞めてしまいました。

ニート時代

2週間の旅行が終わってからは、約半年間のニート生活が始まりました。

50万円ほどの貯金と失業保険、低位株への投資などでなんとか生き延びていました。 毎日朝からスタバに行って勉強をする日々です。

この期間に勉強をしたことが、今の自分のスキルになっているし、プログラマになるための勉強法を確立することができました。 入門書を読んだり、起業をするために起業本を読んだり、ドラマ「シリコンバレー」を観たりしていました。

結局起業はせずにベンチャーへ転職することになります。

ベンチャー時代

現在、ベンチャー企業に入社してから約2年が経ちましたが、先輩に質問することも減ってきましたし、ミーティングで発言することもできるようになり、徐々に一人前のプログラマになってきていると感じています。

ニート時代はRuby on Railsを勉強していたのですが、今はLaravelというPHPのフレームワークを使って開発しています。 なぜRubyを使っている会社に入らなかったのか、Laravelはどうなのかなど、気になる点は後ほど記事にするつもりです。

プログラマとしての仕事も慣れてきた段階で、副業を探し始め、完全リモートワークでスタートアップに参加したり、プログラミング講師を始めました。(スタートアップは、わずか1ヶ月でクビになりました。。)

プログラミング講師

まだエンジニアとして半年しか経っていないときに、何か自分のできることをもっと増やしたいと思って、プログラミング講師に応募してみることにしました。

簡単なテストと面接をくぐり抜けて、あっさりとプログラミング講師になることができてしまいました。そこからは、平日の夜や休日を使って講師の副業をしていたのですが、自分のスキルが上がらないことと、時給が安いことが理由で辞めてしまいました。(正確にはシフトを出さなくなっただけでやめてはいません。)

副業をするなら、スタートアップでガンガン働いた方がいいなと思って、そこから数ヶ月は副業をせず、勉強の日々を過ごしました。

ベンチャーに入社してから1年後には、スタートアップ企業案件の契約を取り、副業ができるようになりました。 詳しくは次の「サイドプロジェクト」に書いていきます。

サイドプロジェクト

サイドプロジェクトは、同じくLaravelを使っているスタートアップ企業です。

基本リモートワークで、たまに聞きたいことがあるときにオフィスにお邪魔するといった感じです。本業が終わった後にやることもあるし、休日にやることもあります。

だいたい月に40時間ほど稼働していました。稼働時間については特に何も言われておらず、何かやってくれるなら10時間でも60時間でもいいよっていう感じでした。

ちゃんと時給で働いていましたし、契約もちゃんと交わしていたので。1ヶ月後にはお金をいただきました。

※こちらの副業は1ヶ月でクビになりました。。

今後の目標

まずはリモートワークができるくらいのスキルを身につけることが目標です。
(コロナの影響で、リモートワークができるようになりました。問題なく仕事ができているので、リモートできるだけのスキルは身についたはずです!)

サイドプロジェクトでもリモートワークをしていたので、これからはリモートワークがメインに働いていきたいと思ってます。もう出勤したくないです。。

その後は、フリーランスになって、今より単価が高い働き方をしたいです。今すぐフリーランスになるよりは、今の会社でもう少し学びたいことを学んでからでいいかなと思っています。

本業については、サラリーマンやって、スキル身につけて、フリーランスになるという感じですが、目標はそれだけではありません。

最終的には、アーリーリタイアを目指しています。アーリーリタイアの方法は、多額の資金を株式市場に投資して、配当金や資産の増加を生活費にするつもりです。

株式投資だけでなく、不動産投資をやったり、ブログで収入を得たりと、不労所得っぽい収入で生活していきます。

プログラマーも楽しいのですが、技術のキャッチアップが大変ですし、もっとのびのびとプログラミングがしたいと思っています。

プログラマーとして、自由な働き方を実現させつつ、資産も増やしていく。それから、セミリタイア→リタイアの順に経済的独立を達成していきたいと思っています。

このブログで収益が得られるのは嬉しいです。でもそれだけじゃなく、僕が便利だなと思ったことや、考えたことを発信しながら、プログラマになって楽しく生きたい人の助けになれればと思います。