プログラミング初心者が在宅でアルバイトをする方法【未経験者】

この記事では、プログラミング経験が浅い人が、プログラマーのアルバイトを在宅で行う方法をご紹介しています。

まだエンジニアになれるレベルじゃないから、アルバイトがしたいです。

在宅でできるプログラミングのアルバイトってありませんか?

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、未経験プログラマーのアルバイト自体はあるが、在宅はほほとんどないです。

在宅アルバイトを紹介すると言っておきながらないのかよ!と思うかもしれませんが、すみません、これが事実です。

実際にタウンワークで検索をしてみましたが、在宅がないどころか、平日フルタイムのところばかりでした。。

タウンワーク【東京・プログラマー】の検索結果

やはり、在宅で任せるにはある程度の経験が必要になってきます。 リモートワークについては、リモートワークをするメリットとデメリットについて解説します。を読んで見てください。

未経験で在宅でできるアルバイトはないのですが、代替案を用意したので、ぜひ検討してみてください。

未経験プログラマーが在宅で働く手段

アルバイトという形態ではなく、フリーランスに近い形になりますが、以下の2つです。

  • クラウドソーシングで案件受注

  • プログラミング講師になる

2つの働き方について解説します。

クラウドソーシングで案件受注

クラウドソーシングという外注を受けるサイトで、プログラミング案件を受注すれば在宅でも働くことができます。

メリットは、契約が短期かつ、案件を受けるほど実績が積み上がっていくことです。

クラウドソーシングで実績を作って、転職活動のアピールに使うこともできます。

デメリットは、仕事を取るためのアピールが必要。契約を自分でやらないといけないことです。

転職よりは簡単ではあるものの、ある程度はどんなことができるかをアピールしなければなりません。

アルバイトの面接よりは経歴の作り込みが必要でしょう。

また、契約書を自分で作ることになるため、ちゃんとした契約をかわしておかないとトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

クラウドソーシングでどんな案件を受注することができるかについては、クラウドソーシングサイトを有効活用する方法にまとめています。

プログラミング講師になる

2つ目の方法はプログラミング講師になることです。

プログラミング講師になるまでの流れは、

  • サイトから申し込む

  • 簡単なWEBテストをする

  • WEB面接をする

これだけです。

テストが不安かもしれませんが、WEBテストなのでぐぐりながら回答すれば余裕です。

さすがにIT用語の意味がわかるレベルでないとぐぐることもできないので、入門書レベルの知識は必要ですが、転職を決めるよりは圧倒的に簡単です。

プログラミング講師は、在宅でできますし、シフト制なのでどのくらい働くかも自由に決めることができます。(事前調整は必要)

自宅にPCが必要になるので、もしPCを持っていない人は、エンジニア初心者が買うべきおすすめのPCなどを参考に用意しておきましょう。

お金がないなら稼ぐのが優先

僕は、仕事中に転職をするべきか【辞めてから転職しましょう】にもあるように、仕事を辞めてから転職をすることをおすすめしているのですが、もし転職先が見つからなかったら生活費を稼がないといけなくなります。

そうなったとしたら、勉強よりも先に生活費を稼ぐのが優先です。 プログラミング系のアルバイトがなかったら、スーパーのレジ打ちでもいいのでとにかく生活費を稼ぎましょう。

アルバイトで収入を得ながら転職活動や勉強をすることになりますが、会社で働くよりは時間に自由があるはずなので動けると思います。

このブログでは、失業保険の受給が終わるのが仕事をやめてから半年後なので、半年で転職先を見つけるための勉強方法やおすすめの転職サイトを紹介しています。

転職に失敗して生活費を稼ぐために働くことにならないためにも、正しい努力をしましょう。

おすすめの記事 【初心者向け】プログラミングを独学するためのおすすめサイト5選

おすすめの記事 ベンチャー転職に使うべきおすすめの転職サイト