エンジニアの副業に向いているプログラミング言語を紹介します

副業の案件がたくさんありそうなプログラミング言語は何でしょうか?

結論から言うと、副業しやすいのはRubyです。

なぜなら、スタートアップ企業でよく使われていて、リモートワークの人にも任せやすい簡単なサービスを作っていることが多いからです。

Rubyが副業に向いている理由について、もう少し具体的に解説していきます。

Rubyが副業に向いている理由

スタートアップ・ベンチャーで多く使われる言語

スタートアップ・ベンチャー企業ではRubyがよく使われています。

最近はRubyの人気も落ちてきていると言われますが、その簡単さゆえにまずはRubyで作るという人は多いです。

日本発の言語ということもあり、プログラミングスクールでメイン言語として使われていたり、技術情報が多く出回っているため、Ruby開発者の母数が多いというのも、スタートアップ・ベンチャー企業で採用される理由の1つです。

比較的簡単なサービスに使われるため、リモートで任せやすい

Rubyは簡単な言語なので、簡易的なサービスに使われることが多いです。

例えばメディアとかSNS系のWEBサービスとかですね。

簡単なサービスだとリモートワークの人とのやりとりも簡単ですので、副業を採用しやすい会社が多いです。

エンジニアが副業をリモートでする方法【おすすめサイトも紹介】

Pythonなんかは高度な機械学習サービスに使われることがあるため、リモートで任せるのは難しい

今人気のプログラミング言語にPythonがありますが、Pythonが使われる開発現場は高度な機械学習サービスなどであることが多いため、リモートに任せられるような業務内容ではありません。

今後の伸びを考えてPythonを勉強しても良いですが、副業しやすいという条件で選ぶならRubyがおすすめです。

Ruby以外だとPHPがおすすめ

Rubyだけだと不安という人は、PHPがおすすめです。

WEBマーケティングもできるようになる

リモートワークがしやすいのはプログラマーよりWEBマーケティングよりの職種です。

PHPはWordpressに使われているため、WEBマーケティングとの相性が良いです。

なので、PHPとWEBマーケもできるようになっておくと、副業案件数は大きく広がります。

Ruby同様、簡単な言語

PHPは初心者におすすめの言語ということもあり、Rubyと同様に簡易的なサービスに使われる傾向があります。

スタートアップ・ベンチャーでもPHPを採用しているところはあるので、副業の案件も存在します。

RubyとPHPはどちらかでいい

じゃあRubyとPHPのどちらも勉強すればいいのかというと、そうではありません。

どちらも求められるレベルや求人内容が似ているので、キャリアアップに繋がりにくいです。

RubyかPHPのどちらかを学んだら、次はワンランク上のレベルを目指せる言語を学習すべきです。

プログラミング初心者が学ぶべき言語はPHPです

プログラマーならRuby、WEBマーケならPHP

結局RubyがいいのかPHPがいいのか迷ってしまうと言う人は、

「プログラマーならRuby、WEBマーケならPHP」という判断基準で決めましょう。

将来的にWEBマーケティングへの道も考えているのであれば、PHPを選びましょう。

プログラマーとしてやっていくのであればRubyがベストです。

副業はあくまで副次的な業務になるので、RubyかPHPを学んだら、副業をしつつ、次のキャリアへと進んでいきましょう。

エンジニア向け副業案件の探し方【おすすめサイト紹介】