SNSをやめるためにやったこと

Share on:

プログラミング学習、英語学習、読書など、やりたいことがたくさんあるのだが、SNS という壁がいつも僕の前に現れます。この「SNS」を殺さない限り、「学習」にはたどり着けないと思っています。

家で、会社で、カフェで、SNS さえなければ僕は集中して学習することができるはずです。諸悪の根源は SNS だと思っています。いつも夜、勉強する時間がなくなって落胆するのですが、これは僕の勉強する意志が弱いのではなく、SNS があるからだと考えました。

まあ結局は SNS を見てしまう自分の意志が弱いからなんですが、意志を変えるよりも SNS を殺すほうが楽だなと思っていますし、勉強をする時間を増やそうとするより、SNS をする時間を減らす方が簡単です。

走るときは息を吸うことではなく、ひたすら吐くことを意識することで、勝手に空気が吸い込まれてくる

これは僕が高校生のときに、元マラソン選手だった父親に言われた言葉です。
息を吐くことを意識するようになってから、走るのが早くなりました。(実話)

時間を得ることではなく、無駄な時間を減らそうとすれば、勝手に空いた時間を埋めようとすると考え、SNS を殺すことにしました。

SNS を殺す方法は、以下。

  • 自宅では SIM が入っていないスマホを使う
  • SNS アプリをアンインストール
  • サイトをブロックする拡張機能を入れる
  • Social Dog を利用する
  • News picks を利用する

自宅では SIM が入っていないスマホを使う

LINE 対策です。

電話番号認証をしないと使えない LINE を使わないようにするには、SIM カードを抜いてしまいましょう。過去に使っていたスマホを wifi に繋げれば、LINE 以外のほとんどのアプリは使えます。

LINE がないと困るという人は、**まず数日間やめてみましょう。**全然困らないし、むしろ気持ちがスッキリするはずです。本当に緊急なら家に押しかけてくるとか、あらゆる手段を使って連絡を取ってくるはずなので大丈夫です。

SNS アプリをアンインストール

SNS アプリはすべてアンインストールしましょう。アカウントさえ残しておけばいつでも復活できますし、どうしても使いたいなら PC からアクセスできるので問題なしです。後述しますが、PC からのアクセスも防ぐつもりですが、それでもアクセスできてしまう方法はあるので、スマホのアプリは不要です。

ちなみに、あえてあまり使わない SNS は残しておいてもいいと思います。僕の場合 Facebook はほとんど使いませんが、残してあります。なぜなら、緊急時に Facebook 経由で連絡できるからです。普段は全く使いませんが、それなりに繋がりはあるので Facebook だけアプリを入れて、通知を ON にしておいてもいいかもです。

サイトをブロックする拡張機能を入れる

PC ブラウザからのアクセスも無効にするために、サイトをブロックする拡張機能を入れます。

僕が使ってるのは、SiteBlockという Chrome の拡張機能です。いろいろあるので、使いやすいものを選びましょう。

PC に SNS アプリを入れないでください。これはスマホを同じです。

もし PC で SNS にアクセスしたくなったら、別の Google アカウントを使うか、シークレットモードにする必要があります。シークレットモードでも拡張機能を有効にしてしまえば、もしかしたら完全にブロックできるかもしれませんが、違うブラウザを立ち上げればアクセスできてしまうので、PC からのアクセスを完全にブロックするのは難しいです。

Social Dog を利用する

Social Dog は Twitter を管理するサービスなのですが、タイムラインを見ることはできません。こちらから一方的にツイートするだけなので、フォロワーとの絡みはできませんが、定期的にツイートを続けることはできます。

情報収集が目的なら使いみちはないのですが、発信する立場にありたい人は使ってみるといいと思います。スマホアプリ版もあります。

News picks を利用する

アプリをアンインストールすると、ニュースを共有したりできなくなってしまうのですが、News picks なら共有可能です。現在は Twitter、LinkedIn、Facebook で共有できます。

ニュースにコメントをつけて、ツイートしたいという人は、News Picks を使いましょう。

最終的にはアカウント削除

完全に SNS をブロックするには、アカウント削除しかありません。ただ、フォロワー数が信用に影響したり、仕事の名刺代わりになることもあるので、削除はすべきではないです。

アカウントを残したまま、できるだけアクセスできないようにする。これは、プログラムのセキュリティの考え方と似ています。

誰でもアクセス可能だが、管理画面だけは特定の人物(端末)からしかアクセスできないようにする感じです。どうしても SNS がやめられない人は、普段使いまくっているツイッターをやめて、インスタにしてみるとか、いろんなやり方があると思うので、試してみてください。