楽天ポイントビットコインを早速使ってみた

Share on:
楽天ポイントビットコインを早速使ってみた

Overview

2021年3月18日により、楽天ポイントでビットコイン取引体験ができる「ポイントビットコインby楽天PointClub」が開始された。

「取引体験」ではあるが、ビットコインの価格変動に合わせて、預けた楽天ポイントも変動するので、楽天ポイントを使ったビットコイン投資と同じことである。

ビットコイン投資と違う点は、ビットコイン決済ができない点であるが、ビットコイン決済はほとんど普及していないので、投資目的であればほぼ同じと考えて良いだろう。

早速使ってみた

手数料は安め

5000ポイントを預けると、手数料が216ポイント取られた。

一般的なビットコイン投資だと手数料を取られないことが多いが、スプレッドが発生するため、ほぼ変わらない。

楽天ポイントビットコインでは、スプレッドが考慮されていないようであり、ビットコイン価格に連動してポイントが増減するだけなので、ビットコイン投資よりお得かもしれない。

※一般的な仮想通貨は購入時にスプレッドが発生する。購入時は割高で売却時は割安になってしまう。つまり、購入後すぐに売却したり横ばいのままだと損をしてしまう仕組みになっている。

100ポイント単位で追加、1ポイント単位で引き出し

ポイントを預けるためには最低100ポイント必要だが、引き出しは1ポイントから可能だ。

仮想通貨投資だと、1円単位で売却することはできないため、無駄なく投資を行うことができる。

楽天ウォレットへの導線として有効

実は、楽天ウォレットという仮想通貨を取引できるサービスがあるのだが、こちらでも楽天ポイントを利用することができる。

おそらく、楽天ポイントビットコインでビットコイン投資への恐怖を払拭して、楽天ウォレットに移行させるのが目的だろう。

また、楽天ウォレットで購入したビットコイン(イーサリアム、ビットコインキャッシュ)は、楽天キャッシュにチャージすることができる。

楽天キャッシュは楽天ポイントに比べると不便だが、お店での買い物に使えるから、ビットコイン決済が普及するまでは、楽天キャッシュにチャージすると便利だろう。

注意点

楽天ポイントビットコインは上限が30000ポイントのため、人によってはすぐにオーバーしてしまう。

そしたら、楽天ウォレットやbitflyerなどの仮想通貨取引所に口座を開いてそっちで取引を始めることになる。

仮想通貨取引所は突然閉鎖する可能性もあるため、楽天ウォレットも含め、いくつかの口座を持っておくことをおすすめする。

  • 楽天ポイントは楽天ウォレットで運用し、現金は他の取引所で運用する
  • ビットコインを楽天ウォレットで運用し、イーサリアムは他の取引所で運用する

など、シンプルに分散しておくと良いだろう。

まとめ

楽天ポイントビットコインは手数料が安めであり、仮想通貨投資初心者にとって使いやすいサービスになっている。

ただ、上限が30000ポイントであるため、いずれは正式な仮想通貨取引所を使う必要がある。

楽天ウォレットへ移行させることが目的だと思われるが、どの取引所を使うかは慎重に判断していただきたい。