楽天モバイル(UN-LIMIT)はどのくらいお得なのか調べてみた。

 2020年4月8日より、楽天の携帯キャリアサービス「楽天UN-LIMIT(旧:楽天モバイル)」が始まりました。
 楽天UN-LIMITに機種変更すると、どのくらいお得になるのか調べてみました。

 結論から言うと、楽天UN-LIMITは乗り換えるとお得になります。

楽天UN-LIMITの料金

 楽天UN-LIMITは、現在「1年間基本料金が無料になる」キャンペーンをしています。キャンペーンの詳細と、基本料金について解説します。

楽天UN-LIMITの基本料金

 楽天UN-LIMITの基本料金は、2980円です。プランは1つだけです。

 ギガは使い放題なので、ギガを使う人も使わない人も、同じプランを使うというのが分かりやすいですね。

 通話料金は、楽天Linkという電話アプリを使うことで無料です。アプリを使わない場合は、30秒20円で、かけ放題サービスはありません。
 楽天Linkを使うデメリットは特にないので、基本的に通話は無料でできるということですね。

 プランの詳細は以下の通りです。

  • 基本料金:月2980円
  • 通話・SMS料金は以下の表を参照

 

楽天UN-LIMITのキャンペーン詳細

 楽天UN-LIMIT最大の特徴は、キャンペーン内容です。

  • 1年間基本料金が無料
  • キャンペーンで、最大20800円分ポイントバック

 基本料金である、月2980円が1年間無料になります。通話料金も基本無料なので、ほとんどタダで使うことができるということですね。
 手数料はかかりますが、ポイント還元されるので、実質タダになります。ポイント還元の詳細は以下のとおりです。

  • オンライン契約:3000ポイント
  • 楽天Link利用開始:3300ポイント
  • 楽天対象端末購入:最大14500ポイント

 上の2つは、WEBで申し込み、使えるようにするだけでもらえます。申し込み手順は、楽天UN-LIMIT(アンリミット)の申し込みの流れを解説します。を参照してみてください。楽天Link利用方法も解説しています。

 楽天対象端末の購入は、既に対象端末を持っているなら不要ですが、もし持っていないなら購入すべきです。ポイント分安く買うことができます。

楽天UN-LIMITの特徴

 1年間無料で使えるのが最大の特徴ですが、その他にも特徴があるので説明します。

  • 海外から日本への通話が無料
  • データ使い放題(楽天エリア内)
  • 海外でも月2GBまで使える(66の対象国)
  • 楽天ポイント倍率が1倍アップ
  • 縛りなし。解約金なし

 日本国内での通話はもちろん、海外から日本への通話も無料になります。どちらも楽天Linkアプリ使用時です。

 楽天独自のエリア内での利用であれば、データ使い放題です。対象エリアを参考にしてください。今のところ「東京・大阪・名古屋」が対象になっています。

 海外でもSIMカードを入れ替えることなく、月2GBまで使うことができます。ちょっとした旅行くらいなら、2GBと公共Wi-Fiだけで過ごせそうですね。

 楽天でよくお買い物をする人は、ポイント倍率が1倍アップします。楽天カードでの支払い、楽天銀行での引き落としならさらにそれぞれ1倍アップするので、2年目の基本料金をポイントだけで支払うことも可能になるかもしれません。

 他のスマホによくある2年縛りが楽天にはありません。回線状況がよくないなと感じたらすぐに解約することができます。他社に乗り換える際はMNP手数料3000円がかかるので注意しましょう。

楽天UN-LIMITのデメリット

 ここまで良いところだけを取り上げていたので、デメリットもご紹介します。

  • 日本から海外への通話は料金がかかる
  • データ使い放題のエリアが少ない
  • 対象国がまだ66カ国
  • 楽天会員への登録が必須
  • 対応機種が少なめ

 海外から日本への通話は無料ですが、日本から海外へ電話をかけるときは料金がかかります。気をつけましょう。LINEやSkypeなどのオンライン電話を使えばいいので、電話番号しかわからない時くらいしか使わないと思いますが。

 データ使い放題の対象エリアがまだ東京、大阪、名古屋しかありません。このエリアから出てしまうと月5GBまでしか使えません。データを追加できるサービスはありますが、1GBあたり500円かかるので、都心に住んでいない人は節約して使わないといけません。

 いろんな国に行く人は注意しましょう。主要な国はカバーされていますが、66カ国の中に入っていない国に行くと、通話料金がかかったり、データ通信が使えません。
 現在の対象国は以下のとおりです。

 楽天UN-LIMITに申し込むためには、楽天会員になることが必須です。中には楽天からのメールがうるさいとか、あまり使わないという理由で会員になりたくない人もいるかもしれません。楽天UN-LIMITを使うだけならメールはそんなに来ないので、登録しましょう。

 楽天UN-LIMITを使うには、基本的には対応機種を使わないといけません。僕が持っているHuawei P10 liteやGoogle pixel 3a(SIMフリー)などは対応していませんでした。事前に、動作対応端末を確認しておきましょう。

他社との比較

 楽天UN-LIMITが本当にお得なのか、他社のプランと比較してみました。

3大キャリアと比較

 他の3つのキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と、2年間のプラン料金の比較をしてみます。
 初期費用や解約金は考慮していません。初期費用は各社ほとんど差がないですし、2年間使えば解約金はなくなるからです。

 通話料金もゼロにしました。多くの人はLINE電話で済ませているでしょうし、たくさん電話する人は会社のスマホを使っていると想定されるからです。もしかけ放題サービスを追加する場合、楽天は通話料金が無料なので、3大キャリアに不利な結果が出るでしょう。

 毎月の通信量は5GBを使う場合と、全く使わない場合を計算しました。

2年間合計(月5GB) 2年間合計(月0GB)

楽天

35760円 35760円
ドコモ 119520円 71520円
au 107520円 47520円
ソフトバンク 100520円 64520円

 何GBを使っても楽天が圧倒的でしたね。強いて言うなら、楽天は対象エリアが少なく、5Gにも対応していないので、使うギガが少ないならauを選ぶ人もいるかもしれません。

 家族割や光セット割などの各種割引は考慮していないので、もしかしたらもう少し差は縮まるかもしれません。とはいえ、0GBで過ごすことは不可能だと思うので、データ使い放題の楽天が一番お得なのは間違いないです。

MVNOとの比較

 以前はBIGLOBE SIMを使っていたので、BIGLOBEと比較します。

 BIGLOBEの2020年3月の料金は2377円でした。

 6GBプランだと月2150円なので、プラン料金しかかかっていません。一番安い3GBプランだと月1600円なので、こちらも比較してみたいと思います。

2年間合計(月5GB) 2年間合計(月0GB)
楽天 35760円 35760円
BIGLOBE 57048円 38400円

 月に5GB利用だと楽天が安いですが、月0GB(3GB以下)だと差はほとんどなくなりますね。BIGLOBE以外のMVNOならもっとプラン料金が安いものがあるので、楽天の方が高くなってしまうかもしれません。

 MVNOのデメリットは、かけ放題サービスがないことなので、電話をたくさんする人は楽天のほうがお得になります。電話もネットもほとんどしない人は、別のMVNOの方がお得になるかもしれません。

まとめ

 どのような人が楽天UN-LIMITを使うべきなのでしょうか。楽天UN-LIMITに乗り換えるべき人、乗り換えないほうがいい人をまとめました。

楽天UN-LIMITに乗り換えるべき人

 以下の項目のいずれかに当てはまる人は、楽天UN-LIMITに乗り換えるべきです。

  • 都心(東京、大阪、名古屋)に住んでいる人
  • 海外に行くことが少ない人(海外旅行くらいならOK)
  • ギガをたくさん使う人
  • 電話をたくさんする人
  • 楽天ポイントを集めたい人

 僕は東京に住んでいて、海外に行くことが少なく、楽天ポイントを集めているため、乗り換えました。

楽天UN-LIMITに乗り換えないほうがいい人

 以下の項目のいずれかに当てはまる人は、楽天UN-LIMITに乗り換えないほうがいいでしょう。

  • 都心以外に住んでいる人
  • ギガも電話もほとんど使わない人
  • 楽天会員になりたくない人

 田舎に住んでいる高齢者は当てはまりそうですね。当てはまる人は、楽天UN-LIMITやではなく、格安SIMにした方がいいと思います。

 例えば、LINEモバイルの月500MBプランなら、月額1100円で済みます。これは楽天UN-LIMITを2年間使うより安くなります。

1年だけ使うのもあり

 楽天UN-LIMITは縛りなしの契約なので、1年間基本プラン無料を使ったあとに、解約するという手もあります。

 おそらく多くの人がこの方法を考えているはずなので、1年後に新たなキャンペーンがあるとは思うのですが、これから1年間は楽天UN-LIMITを使うのが一番お得になるかなと思っています。