楽天VTIより米国ETFのVTIを選んだ理由

楽天VTIは、米国ETFに投資している日本の投資信託です。

元祖VTIが米国ETFのVTIで、楽天VTIは、日本で投資しやすくするための投資信託ということです。

日本で暮らしている人は日本円を多く持っているので、楽天VTIの方が簡単に投資をすることができます。しかし、僕は、米国VTIを選ぶことにしました。その理由について解説します。

米国VTIのメリット

それでは、米国VTIのメリットを解説します。

経費が安い

米国VTIは、オリジナルなので経費が安いです。仲介に入っている人がおらず、バンガード社に払う経費しかかからないからです。

VTIの経費は0.03%で、米国ETFの中で最も安い水準です。

もしアメリカに住んでいたら迷わず米国VTIに投資していたと思います。

売買手数料がタダになった

2020年から、米国VTIの売買手数料がタダになりました

本来米国株を買う際は、0.495%の売買手数料がかかるのですが、無料です!

0.495%というと、VTIの経費よりも高いですから、かなりお得になりました。

配当金がもらえる

米国VTIに投資をすれば、配当金をもらうことができます。VTIに関しては約2%ほど配当金が出るようです。

ETFを売却しなくても現金がもらえるので、投資をしていて楽しくなります。

為替を分散させることができる

円貨決済をすることもできるのですが、基本的には外貨決済のほうがお得です。

配当金も米ドルで配当されます。そうなると、資産の中でドルの比率が高くなります。

円だけしか持っていないと、インフレが起きたときに日本円の価値が下がってしまうというリスクがあります。

もちろん米ドルの価値が下がるリスクもありますが、両通貨を持つことで、リスク分散をすることができます。

米国ETFのデメリット

米国VTIのデメリットを解説します。

為替手数料がかかる

円をドルに変えるときに為替手数料がかかります。

SBIネット銀行の積立預金だと、100円あたり、2銭の為替手数料がかかります。

税金が高い

米国ETFの配当金には税金がかかります。米国分の10%がかかった後、日本の約20%がかかるのです。

一般NISA口座で買えば税金はかかりませんが、期間は5年しかないので効果は薄いです。

つみたてNISAが使えない

米国ETFはつみたてNISAの対象になっていません。節税ができないので、配当金や売却益に対して税金がかかります

流動性が低くなる

米国ETFを現金化しようとすると、米国ETFを売却し、ドルを円に替えないといけません

数営業日の差ですが、若干流動性が低くなってしまいます。

楽天VTIのメリット

楽天VTIのメリットを解説します。

売買手数料がかからない

楽天VTIはノーロードといって、売買手数料がかかりません。インデックス投資信託はノーロードが基本になってきています。

米国VTIの売買手数料が無料になっているので、そこまでお得感はないですね。

日本円で買うことができる

日本円で買うことができます。投資先は米国のVTIなので、日本円で米国ETFを買うことができるというメリットがあります。

為替を気にしたくない人にはおすすめです。

つみたてNISAの対象になっている

つみたてNISAの対象商品になっているので、年間40万円まで、20年間で投資した分は税金がかかりません

米国VTIが10%+20%かかるので、かなりお得に感じます。

配当金を無税で再投資できる

楽天VTIは配当金を出さずに、再投資をすることができます。現金として配当されないので、税金がかかりません。

配当金より複利の効果を使いたい人は、再投資がある楽天VTIがおすすめです。

楽天VTIのデメリット

楽天VTIのデメリットを解説します。

円だけに依存してしまう

円で買えるのはメリットかもしれませんが、ドルを持たないのはデメリットにもなります

円の価値がどれだけ信頼できるかによって、円への依存度を検討する必要があるでしょう。

信託報酬が米国VTIより高め

楽天VTIの信託報酬は、0.1%を超えてきます。米国VTIの経費が0.03%なので、0.07%以上も高くなります

為替手数料がないとしても、米国VTIの方が安いでしょう。

隠れコストがかかる

投資信託には、隠れコストが存在します。信託報酬の他にかかった経費のことです。楽天VTIの場合、初年度の隠れコストが0.3%ほどあったらしく、信託報酬と合わせて約0.5%ほど経費がかかったようです

隠れコストは毎年一定ではないのですが、不明瞭なコストなので、不安もあります。

配当金がもらえない

楽天VTIでは、配当金がありません。代わりに分配金があります。

分配金は配当金と違って投資信託側で決めているので、投資先企業が出している配当とはずれる場合があるようです

分配金は、実際の市場動向を反映していないので、投資信託に任せるしかありません。

なぜ米国VTIにしたのか

上記のメリット・デメリットを検討した上で、米国VTIに投資をすることにしました。その理由は以下の通りです。

  • 為替分散するため
  • 隠れコストがよくわからないから
  • つみたてNISA枠上限以上を投資するから

為替分散するため

米国ETFのメリットにも書きましたが、ドルもある程度保有することで、為替リスクを抑えることができます

また、流動性が低ければすぐには使えないので、長期投資をするようになるとも思いました。

すぐに引き出せてしまうと、市場の下落や給料の状況によってすぐ売却してしまいそうなので。。

隠れコストがよくわからないから

隠れコストは、人気の楽天VTIの場合は年々下がる傾向にあるらしいのですが、不明瞭だし、確実に下がるとも限らないところが不安です。

市場の下落で資産価値が下がるならまだしも、手数料で資産が減るのはもったいないと思ってしまうので、経費の安い米国VTIを選びます。

つみたてNISA枠上限以上を投資するから

実は、既につみたてNISAでは、SBIバンガードS&Pに上限投資をしています。なので、楽天VTIもつみたてNISAは使えません。

ということは、楽天VTIの売却益にも税金がかかります。どちらも税金がかかるなら、経費の安い米国VTIを選ぼうというわけです。

米国ETFの運用は難しそう

僕はまだ投資を始めたばかりですが、株のことを何も知らない人が最初に始めるなら楽天VTIをおすすめします。

いろいろと調べて、米国VTIを積み立てることにしましたが、その方法は複雑です。

  • SBIネットバンクへの積立預金
  • 円からドルへ外貨積立
  • 米国VTIを積立投資

この3つの過程を経て、積立投資を実現しています。

積立方法については1つずつ別記事で解説しようと思いますが、為替によっては積立額の修正が必要になりますし、ETFの管理も日本口座と外国口座では異なります。

気楽に始めた方がいいと思うので、まずはつみたてNISAに楽天VTIを投資するところから始めることをおすすめします。