投資の黄金率とは

Share on:

Overview

投資の黄金率を知っていますか?

先日読んだ本に、投資の黄金率という言葉があり、これから投資を始める際の指標としてとても参考になったのでご紹介します。

投資の黄金率とは、投資をする順番のことです。

以下の順番で投資をしていくのが王道の投資パターンです。

  • 仕事・ビジネス
  • 不動産
  • 実体資産

1つずつ説明していきます。

仕事に投資をする

仕事に関する投資で思いつくのが、自己投資ですね。仕事に関する勉強をして、スキルを身につける。
何も資産を持っていない人は、仕事の給料を上げることが最優先です。これは僕もその通りだと思っています。

ただ、給料には上限があるし、ある程度まで給料を上げると、ハードワークになったり年功序列で昇進を待たないといけないです。

給料だけで月100万円とかは目指さずに、普通に生活をしてもお金が余るくらいの給料がもらえる程度が良いのではないでしょうか。

さらに、いつ仕事をやめても転職先が見つかるスキルを持っておくと、精神的に楽に働くことができそうです。

ビジネスに投資をする

生活に余裕が出てきて、貯金ができるようになったら、自分のビジネスに投資をします。

例えば、

  • ブログを始めるために教材を買ったり、サーバーを借りる
  • 音楽を始めるために、ギターを買う
  • Youtubeを始めるために、マイクとカメラを買う
  • コワーキングスペースを契約する

大きなビジネスを考えると、オフィスを契約したり、社員を雇ったりと際限なく投資できます。 ここでは、副業としてのビジネスを考えているので、教材や機材を買うための投資がメインになるでしょう。

まだ数十万円しか貯金がない状態で投資をしても大きな利益は得られないので、ビジネスに投資をすべきです。

ブログなら、高くても10万円くらいで始められますし、稼げるようになれば月10万円も夢ではありません。不動産投資で月10万円稼ぐには、最低でも500万円は必要ですからね。

投資信託を始める

黄金率からは外れますが、個人的には、ビジネスに投資をしつつ、投資信託を始めることをおすすめします。

ブログやYoutubeを始めるとしても、大きな投資は必要ありません。 なので、まだいくらかのお金が銀行に眠っていることになります。

そのお金を投資信託に回すことで、少しばかりの利回りを得ることができます。

下落するリスクはありますが、おおよそ上がっていくことが予想できるので、2〜3年くらい投資をしておけば、5%くらいは増えているのではないでしょうか。

リスク許容度にもよりますが、多少のリスクを負っても、はやく資産を増やしたいなら、投資信託をここでやっておくと良いと思います。

つみたてNISAは毎月約3万円ほど投資できます。利益が非課税になるので、おすすめです。

不動産投資をする

日々の貯金、ブログなどの副業、つみたてNISAからの利益などが積み上がり、数百万円の資金が用意できたら、不動作投資へと進みます。

信用のある会社に勤めている人であれば、1件目から銀行融資を引いて物件を買うことも可能かもしれません。

ただ、いきなり融資が引けるような人は一握りですから、ここでは、現金で戸建てを買うことから始めましょう。

300万円〜500万円くらいで戸建てを買います。僕は、法人を作って、法人で物件を買う方が良いと思っています。

理由は、法人に信用と担保が貯まるからです。

戸建てを複数件買うと、実績が残るため、法人として融資を引くことができるようになります。銀行にも本気度が伝わりますし、他の事業からの補填もしなければ、実績がわかりやすくなります。

不動産投資はローカルな情報が多く、インターネットだけで知識を得るのは難しいので、本やセミナーなどで自分が狙っている地域の情報を集めましょう

ここまでで、

  • 本業
  • ブログやYoutube
  • 不動産

の2つの収益源ができました。

株に投資をする

次は株ですが、債権やETFなどのペーパーアセット全般を株と表現します。

株は、トレード目的ではなく、配当目的で購入します。そうすることで、値動きに一喜一憂することなく、定期的にキャッシュフローを得ることができるようになります。

株に費やす資金源は、本業と副業からの資金が良いでしょう。不動産から得る家賃はまた不動産に再投資するべきです。 法人として始めている場合は、個人にお金を移すのは手間がかかりますし。

株は不動産に比べると利回りが低いので多額の資金を投入しなければなりません。かなり地道な作業になりますが、手間はかかりません。

僕のおすすめは、米国の高配当ETFに積み立て投資をすることです。積み立てなので、一度設定してしまえば、後はほったらかしです。
副業と不動産に集中しましょう。

リタイアが見えてくる

副業と不動産、株の配当金が本業の給料を超えてくると、リタイアが見えてきます。

本業をしていたほうが資産の貯まりは早くなりますが、資産を増やすか、時間の自由を得るか、どちらを取るかはあなた次第です。

本業も個人事業にして、週3日で働くとか、副業を拡大するなど働き方を変えることだってできます。ぱったりと辞めてしまう必要もありません。

FIREというと、株の配当だけで暮らすことがメインですが、不動産や副業を行うと、FIREまでの道のりが早くなります。

実体資産

実体資産とは、美術品やアンティークコインなどです。美術品はほとんどが評価されないようですが、まれに価値がつく物もあるらしく、一攫千金のチャンスになります。

とはいえ、これらはほぼ趣味の世界なので、わざわざやる必要もなると思います。

僕なら、仮想通貨に投資をしますかね。リスクは高いですが一攫千金が狙えるという意味では実体資産を同じです。

まとめ

投資の黄金率のポイントは、株よりも不動産を先に行うことです。
一般に、不動産投資は資金が必要だから、手軽に始められる株からやろうと思われます。しかし、不動産のレバレッジを使うことで資産の増加スピードを高められるので、資産が少ない人ほど不動産投資なのです。

融資を引くのが難しいかもしれませんが、株よりもリターンが大きいわけですから、リスクも伴います。

資産を早く増やして5年位でリタイアしたいと思うなら、株よりも不動産が先だと意識しておきましょう。