リバランスをすることがリターンの増加とリスクの低下に繋がるわけ

 今日は、リバランスという投資方法を学んだので、まとめたいと思います。

 リバランスとは、株と債権の割合が設定値からズレてしまった時に、元の設定値に戻すことです。
 例えば、株60%、債権40%のポートフォリオを組んでいたとします。株価が増加し、株50%、債権50%になってしまいました。そしたら、債権を売り、株を買うことで元の60%:40%に戻すのです。

 リバランスを行うことで、リターンが大きくなり、リスクを下げることができるのです。その理屈は簡単です。

なぜリバランスでリターンが増え、リスクが減るのか

 投資というのは、「安い時にたくさん買い、高い時に売る」ことで利益を得ることができます。リバランスというのは、この投資の原理に従っているだけなのです。

株価が上がった時

 株価が上がり、株80%、債権20%になってしまったとします。この時、株を売り、債権を買って60%:40%に戻します。これを投資の原理に当てはめてみます。

 株が80%になったということは、株価が高くなっていますから、株を売るという行動は理にかなっています。そして債権は安くなっているから、債権を買うという行動もまた、正しいのです。

株価が下がった時

 逆に、株価が下がった時はどうなるでしょうか。株が40%、債権が60%になったら、株を買い、債権を売ります。

 株価が下がった時に株を売り、債権価格が上がった時に債権を買っているので、こちらも理にかなっています。

投資の原理に従っているだけ

 リバランスは必ず行うべきというわけではありませんが、リスクを下げ、リターンを減らすのに効果的である可能性が高くなります。

 株や債権の価値を市場全体で考えると、素人にはまずわかりません。けれども、自分の株と債権の割合にだけ目を向けていれば誰でもわかります。
 市場の動向に左右されることなく、システム化して株と債権の売買を行うことができるので、市場を見る目がない。勝てる自信がないという人におすすめです。

リバランスの注意点

 リバランスにも注意点があります。目的を履き違えてリバランスを行うと、利益は減少してしまいます。

リバランスのしすぎに注意

 リバランスをするということは、株や債券を売買することになります。投資の基本戦略は、インデックスファンドの長期保有ですので、できれば売買はしたくありません。
 あまり頻繁に売買をすると、売却益に対する税金や売買手数料がかかることになります。リバランスは、年1回くらいにとどめておきましょう。

 明らかにバランスがおかしくなっているなら、リバランスを行ってもいいですが、たった数%のズレを修正するためにリバランスをするのは割に合いません。

 手数料や税金を計算してみて、それでもリバランスをする価値があるかを検討しましょう。

株も債権も同じ動きをしている可能性がある

 株の割合が高まっている場合、株を売って債権を買うことになります。しかし、株も債権も下がっていて、株の方が若干下落幅が大きい場合はリバランスをするべきではないかもしれません。

 どちらも下がっているということは、どちらも上がる可能性があるし、債権が今後もっと下がる可能性があるかもしれないからです。

 あまり株価を予想して動くのは、長期投資には向かない方法ですが、市場全体が下がっているのか、それとも株だけが下がっていて、債権は上がっているかなどの判断は必要です。

 投資を始める時に、両方が下がっている場合が割合が変わってしまってもリバランスをしない、などの計画を立てておくと良いでしょう。何%のズレが生じていたらリバランスをするのかも決めておきましょう。

つみたてNISAではリバランスはしない

 つみたてNISAを利用している人は、リバランスをしないほうがいいでしょう。

 つみたてNISAは、買うことができる金額が決まっています。上限40万円なのですが、20万円を買って、売って、また20万円で買い戻したらもう20万円を使ったことになります。

 リバランスをするということは、売買をするということなので、つみたてNISAの上限に引っかかることになります。つみたてNISAなら売却益に対する税金がかからないので、リバランスしやすいのですが、上限金額に注意しましょう。

まとめ

 リバランスは、リスクとリターンを修正するのに非常に重要な投資方法です。しかし、使いすぎには注意しましょう。

 基本的には、売買を行わず、長期投資をするのが最善の方法です。資産を積み上げる段階では、ある程度のリスクは負うと思うので、リバランスは不要かもしれません。

 資産を維持する段階では、リスクを抑えるためにリバランスを考慮するべきでしょう。

 僕は現在、株100%のポートフォリオなので、リバランスは行いません。ただ、リバランスという投資方法があるということは知識として知っておくと、今後、債権をポートフォリオに組み込む際に役立つを思っています。