今からブログで稼ぐための技術選定

Share on:

Overview

ブログを副業で始めて、稼ぎたいという人は多いと思います。

僕も、Webエンジニアという結構恵まれた職業をしていますが、**ブログで稼ぎたい!**と思っています。

ブログといえば、「Wordpress」を使うのが鉄板で、各レンタルサーバでもWordpressを自動でインストールできるようになっています。

  • エックスサーバー
  • Cocoha Wing

あたりが有名でしょうか。

しかし、エンジニア界隈では、Wordpressは時代遅れですし、レンタルサーバーなんて使わないのが当たり前です。

では、今からブログを始めるなら、何を使えば良いのでしょうか。

結論。

  • 最初はWordpressで始めて、アクセスが増えてきたらAPIとして利用する
  • インフラに関しては、**まずはレンタルサーバから始めて、アクセスが増えてきたらAWSを利用する

上記の方法がベストです。その理由についてもお伝えします。

始めやすいのはレンサバ+Wordpress

レンタルサーバ+Wordpressの組み合わせは、とにかく簡単に立ち上げることができます。

たぶん小学生でもできます。プログラミングの知識もなしに、SNSのアカウントを作る程度の感覚で立ち上げることができるので、まずは、レンサバ+Wordpressがおすすめです。

おすすめのレンタルサーバーは、Wordpress自動立ち上げ機能があるところなら、どこでも良いと思います。

  • エックスサーバー
  • Cocoha Wing

あたりは、安くて実績もあり、Wordpressを自動で立ち上げてくれます。

Webエンジニア的に、レンサバとWordpressは悪手ですが、ブログで稼ぐために大事なことは、簡単に始められて、継続できることです。

まずはアクセスを集めること

ブログを立ち上げたら、アクセスを集めます。

アクセスが集まらないと、いくら良い技術を使っていても意味がないので、集客が最優先、技術は後からです。

集客は簡単ではありません。

  • SEO
  • キーワード選定
  • SNS運用
  • デザイン
  • ライティング

など様々ですから、おそらく1つめのブログではほとんどアクセスが集まらないでしょう。

僕は3年くらい細々とやって、ようやく1日100アクセスでした。。

**集客が最優先なので、Wordpressじゃなくて、アメブロやライブドアブログ、はてなブログなんかを使っても良いですが、独自ドメインを取得しておいたほうが、後々楽です。

ブロガーのイケハヤさんはライブドアブログでしたっけ?人気になればどのブログでも関係ないですね。

独自ドメインを取得する理由

ドメインとは、ページを特定するためのURLです。このブログだと、「engineer-village.com」がドメインです。

サイトにアクセスが集まってくると、Googleはドメイン単位で、ブログの評価をします。

「engineer-village.com」というドメインに対して評価がされるので、このドメインを変えてしまうと、せっかく積み上げた評価が水の泡になってしまうのです。

なので、ブログサービスではなく、レンタルサーバ+Wordpressで独自ドメインを設定することをおすすめしています。

最近は、ブログサービスにも独自ドメインを設定できることが多いので、ブログサービスでも大丈夫だったりします。

ブログサービスを使う場合は注意が必要

ブログサービス(アメブロ、ライブドアブログ、はてなブログ、noteなど)を使う場合は注意が必要です。

ブログサービスは、バックアップが取れない場合があるので、データが壊れてしまうと一巻の終わりです。もし、ブログサービスにバックアップ機能があるなら、必ず行っておきましょう。

いずれにしても、ブログサービスを使うのはおすすめしません。最低でも、レンタルサーバ+Wordpressでブログを作りましょう。

アクセスが集まってきたら

アクセスが集まってきたら、いよいよ、新しい技術に乗り換えましょう。

まずやるべきは、レンタルサーバをAWSに変更します。

AWSを使うのは、Webの知識がある人でも結構難しいですが、メリットはあります。

  • 自分だけのサーバを持てる
  • アクセスに応じて、サーバの大きさを変えることができる
  • セキュリティを強固にすることができる

1つずつ詳しく説明していきます。

自分だけのサーバを持てる

レンタルサーバというのは、1つのサーバを複数人で共有している状態です。

サーバ内の設定をいじったりすることはできず、もしかすると、共有している人の利用状況によってはサーバが落ちたり、速度が遅くなる可能性もあります。

AWSは自分だけのサーバを持てるので、設定をいじり、速度を早めたり、好きな技術を取り入れたりすることができます。

厳密には、AWSもサーバを共有しているのですが、レンタルサーバに比べると、自由度が広がると覚えておきましょう。

アクセスに応じて、サーバの大きさを変えることができる

自分のブログがバズって、アクセスが集中すると、サーバが耐えきれずに落ちることがあります。

嬉しい悲鳴ですが、レンタルサーバの場合、どうすることもできません。

AWSなら、サーバのアップグレードをすることで、アクセスを取り戻すことができます。

先述の通り、レンタルサーバに比べると、自由度が広がるので、サーバの性能を組み替えることができるのです。

セキュリティを強固にすることができる

レンタルサーバのセキュリティがどのくらい強固なのかは、僕らにはわかりません。

たまに、Twitterアカウントが流出したニュースが流れてきますが、Twitterですら、セキュリティに穴があるものです。

AWSなら、自分好みのセキュリティを設定することができます。

具体的には、以下のようなことができます。

  • データベースとサーバを分ける
  • サーバを複数台に分ける
  • ファイアウォールで悪そうなやつを弾く
  • ロードバランサーでアクセスを分散させる

これらは、一般的なセキュリティです。やろうと思えばきりがないです。(笑)

AWSの知識を身につけて、セキュリティを強固にすることで、自分のブログを守りましょう。

WordpressをAPI化する

Wordpressというのは、古い技術です。

ITの進歩は凄まじい速さで進んでいるので、Wordpressでは追いつかないのです。それでも、Wordpressが一般的になりすぎてしまったので、未だに多くの人が使っています。

Wordpressから新しい技術に乗り換える時に使われるのが、APIです。

APIとは、簡単に言うと、データのみを受け渡しする形式です。

試しに、以下のサイトにアクセスしてみてください。

https://jsonplaceholder.typicode.com/posts

文字ばっかり出てきて不安になりましたか?(笑)

Wordpressも、上記サイトのような形式に変換して出力することができます。

API化すると様々なメリットがあります。

  • 別の技術で表示することができる
  • サーバを別々にすることができる
  • 速度が早くなる
  • 動きを付けたり、操作性が上がる

1つずつ説明していきます。

別の技術で表示することができる

WordpressをAPI化したら、そのデータを別の技術で表示することができます。

Wordpressは古い技術と言いましたが、API化してしまって、新しい技術で表示させれば、サイトは新しく生まれ変わります。

今までのWordpressサイトをまるっきり潰して、新たに1から作るのは、データの移行などが大変ですが、表示の部分だけを変えるのは比較的簡単です。

表示するために技術には、Javascriptが良く使われます。

さらに、APIを使えば、アプリを作ることもできますから、自分のブログをアプリにしてみたい人は挑戦してみてください。

サーバを別々にすることができる

表示部分は別の技術を使うので、Wordpressのサーバを分けることができます。

上手いことやれば、Wordpressサーバが壊れても、表示だけは生き残りますし、逆に、表示するシステムが壊れても、Wordpressサーバが動いていれば、作り直せます。

システムの分散はセキュリティを強くすることができるのです。

速度が早くなる

Wordpressは速度が遅いと言われています。

Googleのページ速度を測定するサイトがあるので、サイトを持っている人は調べてみると良いでしょう。

PageSpeed Insights

ちなみに、このブログはPCサイトで98点でした。(ドヤ) Wordpressを使っていた頃は60点台でした。。

速度が早くなると、Googleからの評価も良くなるらしいですし、何より、読者のストレスが溜まりにくいでしょう。

読みやすいサイトを突き詰めると、ページ速度はとても大事です。

動きを付けたり、操作性が上がる

Webサイトに動きを付けることができます。

よくあるのが、画像が一定時間経つと横に流れていくやつですね。何もしなくても勝手に流れてくれるので、多くの情報を得ることができます。

戻りたいのに流れてしまっていらつくこともあります。(笑)

動きを付けるためには、Javascriptという技術を使っているのですが、WordpressのAPIを表示するために技術もJavascriptです。

表示のほぼ全てをJavascriptに任せることで、動きを付けたり、速度を早くしたり、ユーザの使い勝手を向上させることができます。

Webページの表示部分をJavascriptで作るのは常識になっています。これからプログラミングを学びたい人は、Javascript必須ですよ。

まとめ

以上、長くなりましたのでこの記事をまとめます。

  • まずはレンサバ+Wordpressでブログを立ち上げる
  • ひたすらアクセスアップを目指す
  • レンサバをAWSに切り替える
  • WordpressをAPI化してJavascriptサイトにする

ブログの始め方という記事には「レンサバ+Wordpress」でブログを立ち上げることしか書いてありません。

もちろん、それは正しいのですが、それでは技術の進歩に取り残されてしまいます。プログラミングの知識が絶対に必要というわけではありませんが、いずれ、Wordpressに変わる便利が技術が出てきたときに、対応できるようにしておく方が良いと思います。

とはいえ、まずはブログでアクセスを集めるところからです。みなさん、頑張りましょう!