自由業とはどんな職業なのか【自営業との違いも解説!】

今回は、自由業とはどんな職業なのかについて解説します。

自由業と自営業は同じ意味だと思われがちですが、ちょっと違います。

フリーランスや副業で行うようなビジネスは、だいたい自由業に分類されることが多いです。

自由業とはどんな職業なのか

自由業は、名前の通り自由に働くことのできる職業のことです。

専門的なスキルを持って働く

医者や弁護士、プログラマーなど、専門的なスキルを持って働く人は、自由業になる場合があります。

専門的なスキルを持っていれば自由業というわけではありませんが、「自由業の人は専門的なスキルを持っている」は成り立ちます。

自由業として働きたいなら、専門的なスキルは必須です。

時間や場所に縛られていない

時間や場所からも解き放たれているのは、自由業の最も大きな特徴です。

会社員でもリモートワークをしている人はいますが、時間まで自由という人は少ないはずです。

****成果さえ出せば、いつ、どこで仕事をしても良い****とされている職業なので、専門的なスキルが必須になります。

自由業は会社員ではない

ここまででお分かりかもしれませんが、自由業は会社員ではなることはできません。

会社員でも副業でなら自由業に就くことはできるかもしれませんが、自由業として会社員をやっていくことは不可能です。

会社という組織に所属している時点で、自由ではないからです。

自由業に就いている人は、独立して個人事業主になっていたり、自分の法人を持っています。

自営業と自由業の違い

自由業と似たような言葉に自営業があります。

2つの言葉の意味は、実は同じ側面もあります。

自営業の方が大きな意味になっているので、自由業の人はみんな自営業です。

ただ、自営業でも自由業ではない人もいます。

ちょっとややこしいですね(笑)

自営業は時間や場所に縛られている人も含む

例えば、自営業で八百屋を営んでいる人は、自営業とは言えません。

時間や場所に縛られているからです。

自営業は、会社員ではなく、独立しているという側面が自由業と同じですが、自営業者の中には自由業ではない人もいます。

自営業かつ自由業の場合もある

自由業の定義の1つに、「会社員ではないこと」があるので、自由業の人はみんな自営業になります。

つまり、自由業者になりたい人は、おのずと自営業者にもなるということです。

自由業のメリット

自由業のメリットをご紹介します。

時間と場所に縛られずに働くことができる

なんと言っても、時間と場所に縛られずに働くことができるのが、自由業最大のメリットです。

山奥に住んでいる芸術家とか、海沿いに住んでいる作家などは、自由業を全うしている良い例です。

医者や弁護士の場合は、1つの場所に縛られているようですが、どこに事務所を開くかは自由に決めることができるという点で、自由業になります。

手前味噌ですが、何もスキルがない人が自由業者になる最も簡単な方法は、エンジニアになることです。

エンジニアはリモートワークがしやすいので、場所の自由を得ることができます。

時間の自由は簡単ではありませんが、可能です。

スキル次第で収入が青天井

会社員だと、給料が決められているので、どれだけ成果を出しても、基本的には天井が見えています。

自由業者は、自分で稼ぐので、収入が青天井になっていきます。

時給労働の場合は上限がありますが、商品を売ったり、人を雇ったりすることで、収入の上限が無くなります。

このような時給労働からの開放は、会社員でも副業をすれば可能です。

仕事内容は自分で決められる

嫌な仕事は断ることができるのも自由業のメリットの1つです。

例えば、Web制作をする人は、怪しいホームページを作って欲しいと言われたら、断ることができます。

それがたとえ高単価であっても、自分で契約を交わす以上、Noという権利があります。

会社員の場合、自分が好きではない商品でも仕入れないといけない、売らないといけない場合がありますよね。

もちろん、収入を確保するために、時には嫌な仕事もやらないと行けない場面は自由業者にもありますが、収入さえ確保できれば、仕事を選ぶことができるようになります。

自由業のデメリット

自由業にもデメリットはあります。

会社員の方が良かったなあと思わないように、デメリットも理解しておきましょう。

収入が不安定になりがち

仕事を自由に選べる、スキル次第で収入アップを目指せるということは、収入が減る可能性もあるということです。

簡単な仕事ばかりを選んでいれば、収入は低くなりますし、時代の変化によって仕事内容が変われば収入は不安定になったりします。

会社員で、特に大企業勤めの人は収入が安定しているので、安定を求めるのであれば、自由業者になるのはおすすめしません。

常にスキルアップをし続ける必要がある

時代の変化に取り残されてしまえば収入が減ってしまうので、常に新しいスキルを習得する必要があります。

ITの世界ならプログラミング、医者なら医療の知識、税理士なら税金の知識など、専門的なスキルは目まぐるしく変化していきます。

逆に言えば、早めに次の時代のスキルを身につけておけば、先行者利益を得ることもできます。

社会的信用が低い

会社員に比べると、社会的信用が低いのもデメリットの1つです。

クレジットカードの審査が通らないとか、住宅ローンが通らないなど、生活に関わる部分でも社会的信用はデメリットになってきます。

おすすめなのは、自分の法人を作って、何年間か黒字経営をすることです。

個人事業主よりも、実績を残した法人は社会的信用を得ることができます。また、節税対策にもなります。

まとめ: 自由業になってみよう!

フリーランスや副業が流行っているのは、日本だけではないし、IT業界だけでもないようです。

世界的に誰もがフリーランスになれる時代ですから、一度は自由業を目指してみても良いのではないでしょうか。

自由業者になるには、インターネット事業を始めるのが一番手っ取り早いです。

プログラマーが単価が高く、需要もあるのでおすすめですが、YoutuberとかTiktoker、ブロガーなども良いと思います。

会社員を辞めるリスクに不安を感じるなら、まずは副業から始めてみてはいかがでしょうか。

それでは!

おすすめの記事