macbook

エンジニアになりたい人がプログラミングを勉強するためには、パソコンを買わないといけません

エンジニア初心者におすすめのPCは、間違いなくMacbook Proです。

では、まずはWindowsよりMacをおすすめする理由について説明します。

Macをおすすめする理由

ベンチャー企業ではMacがスタンダードだから

将来的にベンチャーに入ってプログラマになりたいと思っているのであれば、特にMacを買うべきです。

ベンチャーの開発現場ではほぼ100%Macが使われています。

なぜMacがスタンダードになったのかはわかりませんが、多くの技術情報もMacでの開発を前提に書かれています。

大企業の場合はWindowsであることも多いのですが、モダンな技術を習得したいのであれば、Macを買い、使えるようになっておくべきです。

WindowsだとイPhoneアプリが作れない

WindowsPCのなにがいけないかというと、iPhoneのアプリを作ることができないという点です。

現場によってはアプリを作らないところもあると思いますが、もしiPhoneのアプリもやることになったら全WindowsPCをMacに入れ替えないといけませんし、Macの操作に慣れないといけません。

であれば、最初からMacを買っておくべきというわけです。

ちなみにAndroidはMac、Windowsどちらでも開発することができます。

持ち運びしやすい

副業を始めて、リモートワークをすることになると、PCをカフェに持ち込む機会もあります。

基本的にMacの方が軽いので持ち運びに向いています。

将来PCを持ち運んで仕事をすることを考えると、Macを選んでおいた方がいいと思います。

(最近はSurfaceなど、薄くて軽いWindowsPCも出ているようです。)

MacBook Proをおすすめする理由

WindowsよりMacをおすすめしましたが、Macの中でもMacbook Proをおすすめする理由についても説明します。

Airだとスペックが足りない

MacのノートPCには、Macbook ProとMacbook Airがあります。

AirはProに比べるとスペックが弱い、つまりCPUやメモリの容量が小さいので、プログラミングでソフトを動かすには向いていません。

Airはブログを書いたり、事務作業をする人向けのスペックになっています。

Proであれば、プログラミングをするにはスペックが最適なので、エンジニアにはProをおすすめしています。

デスクトップPCは持ち運びができない

iMacなどのデスクトップPCはスペックは高いのですが、持ち運びができないのが難点です。

先ほども書いたように、リモートワークをすることを想定すると、持ち運びができるノートPCの方が使い勝手が良いです。

自宅作業用はデスクトップで、外出時にはノートPCという人もいるようですが、初心者はそこまでする必要はありませんし、コードの共有をしなければいけないので、ある程度の知識も必要になってきます。

最低でもメモリ16GB、SSD256GB以上は欲しい

Macbook Proを購入する時、スペックを拡張させることができます。

私が使ってきた経験だと、メモリ16GB、SSD256GB以上はあった方がいいと思っています。

かつてメモリ8GB、SSD128GBのPCを使って開発をしていたのですが、すぐに重くなり、ファンが頑張って回っていました。

128GBも基本的にはオーバーはしないのですが、プライベートで音楽データやアプリを入れていたので、オーバーしてしまいました。

今はメモリ16GB、SSD256GBのMacbook Proを使っていますが、問題なく使うことができています。

なので、スペックはメモリ16GB、SSD256GB以上を目安にしましょう。

CPUは時代によってどんどん新しくなるので、よほど古い中古PCでなければ気にする必要はないです。

動画編集や音楽制作をするならさらにハイスペックに

もしプログラミングだけでなく、Youtubeの動画編集や音楽を作りたいというのであれば、さらに高いスペックが必要かもしれません。

ここまで来るとスペックが高ければ高いほど良いというレベルになってくるので、詳しくは書きませんが、プログラミングは動画や音楽といった大容量のデータを扱うことはほとんどないので、そこまで高いスペックでなくても使うことができます。

Macのデメリットはゲームができないことくらい

Macのデメリットをあげるとすれば、ゲームができないことくらいです。

PCゲームが好きな方はWindowsも購入しなければなりませんし、そのゲームを作りたいのであれば、WindowsPCが必要になります。

iPhoneアプリを取るか、PCゲームを取るかですが、iPhoneアプリの方が求人も消費者も需要が高いので、やはりMacかなと思います。

ただ、結構高い買い物になるので、最初は家にあるPCで始めてみて、本格的にやる段階で買えばいいかと思います。