skill-big-company

「文系だけどIT企業に入りたい。でもスキルがないから多分ムリだろう。」

と思ってIT企業を受けるのを諦めている就活生もいると思います。

諦めるのはまだ早いです。

文系でプログラミングのスキルがなくてもIT企業に入ることは可能です。

実際私は、経済学部でスキルは一切ありませんでしたが、大手のIT企業2社から内定をもらい、そのうちの1社に入社しています。

文系でIT企業に入りたい人のために、大手IT企業に入るにの必要なスキルをお教えします。

SIerならプログラミングのスキルは不要

大手のIT企業は大きくSIerとWEB系に分けることができるのですが、SIerであればプログラミング言語は不要です。

私も新卒で入社したのはSIerです。

SIerはプログラムを書くのが仕事ではなく、システムの設計から運用までのプロジェクト管理を行うのが仕事であるため、プログラミングが書ける必要はありません。

実際に書くのは派遣や契約社員の仕事になることが多いです。

とはいえ、IT全般の知識は必要であるため、最初の研修である程度は学ぶことになります。

必要なのは他の業界と同じく学生時代の経験など

SIerに入るために必要なスキルは、他の業界と同じく学生時代の経験などです。

なので、ITに入るための特別な勉強は必要ありません。

ボランティアとかアルバイトの経験を面接で話し、志望動機になりそうなきっかけエピソードを持っていれば面接を通ることは可能です。

SIerは大企業であることがほとんどなので、必要なのはITスキルよりも学歴です。

必ずしも上位校である必要はありませんが、有名校であれば受かりやすいのは他の大企業と同じです。

差別化できる経験がないなら、ITへの興味を示すのもあり

もし学生時代の経験だけでは他の学生と差別化できなかったり、学歴に不安があるという人は、ITへの興味を示すことで面接官の食いつきをあげることができるでしょう。

例えば、「文系だけど情報処理や統計学、簿記などの数字を扱うのが得意だった」とか、「ホームページを作ってブログを書いてみた」とかITに興味がありそうなことをアピールする材料を作るのは難しくありません。

時間があるならインターンをしておくのもあり

まだ大学1〜3年生なら、IT企業にインターンに行くというのもありです。

「学生 インターン」で調べればインターン応募サイトが出てくるはずなので、気になったIT企業に応募してみましょう。

インターンに行くと、その応募先の会社の1次面接を免除してもらえることもあるそうです。

時給が発生しないものもありますし、大変なアルバイトみたいなところもあるらしいですが、就活を有利に進められることは間違いないと思います。

WEB系の場合はスキルが必要なこともある

SIerではなくWEB系と呼ばれる会社に入るにはプログラミングスキルが必要になることもあります。

大手のWEB系だと「楽天」や「GREE」などが有名でしょうか。

大手のWEB系に入るには、さらに高い学歴やTOEICスコア、プログラミングスキル、特別な学生経験などが必要になるので、かなり狭き門だと思われます。

今、プログラミングスキルを持っていない人は、SIerに入ってから転職する方が現実的かと思います。

チャレンジしてみるのはありですが、客観的に自分を評価しつつ、入れる企業も受けておくことをおすすめします。