7月からマイナポイントが開始します!

7月からマイナポイントが開始します!

2020年7月から、マイナポイントが開始されます。いくつかの決済会社(楽天やメルカリなど)を使っている人には、メールや通知が届いているかもしれません。

マイナポイントを全く知らない人や、聞いたことがあるけどよく知らないという人向けに、マイナポイントについて説明します。

結論からいうと、マイナポイントはお得でしかないので、早速登録することをおすすめします。

マイナポイントとは

マイナポイントは国から決済事業者を通じて付与されるポイントで、申請にはマイナンバーカードとマイキーIDが必要

PayPayの記事から引用しました。

マイナンバーカードを、PayPayなどの決済業者に紐付けることで、買い物をしたときに、国からポイントがもらえるシステムです。

ポイント上限は5000ポイント

マイナポイントがもらえる上限は5000ポイントです。

全事業者を調べたわけではないのですが、楽天とメルカリだと、25%のポイント還元率でした。

つまり、20000円分の買い物をすると、上限の5000ポイントがもらえます。僕は楽天でけっこう買い物をするので、マイナンバーカードを楽天に紐付けるつもりです。

期限は2021年3月まで

ポイント還元対象の期限は、2020年9月〜2021年3月です。

マイナンバーを決済事業者に登録できるのは、2020年7月からですが、ポイント還元対象期間は9月からなので、注意してください。

紐付けたらすぐにポイントがもらえるわけではありません。

なぜマイナポイントが始まるのか

マイナポイントはあまり話題になっていないようですが、なぜサービスが始まるのか調べてみました。

ホームページを見れば、簡単に予想できます。

マイナンバーカードの普及

マイナンバーカードが普及すれば、役所の仕事の管理が楽になったり、給付金の申請なども簡単になります。

今回、給付金を全国民に渡すのに苦労したはずなので、マイナンバーカードの普及を目指しているのだと思われます。

キャッシュレス決済の普及

2020年6月末でキャッシュレス還元キャンペーンが終わります。ある程度キャッシュレスは普及したのかもしれませんが、まだ足りないから、次のキャンペーンを打とう、という意図がありそうです。

マイナンバーとキャッシュレス決済を同時に普及させたいということでしょう。

やっておいて損はないです

マイナンバーカードを既に持っていて、何らかのキャッシュレスを使っている人なら、登録しておいて損はありません。

マイナンバーカードを持ちたくないなんらかの理由があるとか、申請が面倒くさい、現金しか使わないなどの理由がある場合は別ですが。。

サービス開始まであと2ヶ月あるので、マイナンバーカードを持っていない人は、役所に行って申請しておくことをおすすめします。